K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

NHK プレミアムシアター - 最高の音響を求めて 

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月02日

先にハンブルグのエルプフィルハーモニーホールの音響についての記事を書いたときにパグ太郎さんからテレビ番組の紹介をいただきました。

7月1日(6月30日深夜)のNHKBS1のプレミアムシアター。
これを録画して昨日見ることができました。
この日は3部構成で2番目が最高の音響を求めてというドイツで制作されたドキュメンタリー。「シューボックスかワインヤードか」という副題がついています。
このドキュメンタリーを挟む形で最初のプログラムがシューボックス型のコンセルトヘボウのコンサート。
そして3番目が新しくモスクワにオープンしたワインヤード型のザリャジエ・コンサートホールのこけら落としコンサートという興味深い構成。

このドキュメンタリーの内容は非常に興味深いもので、豊田泰久氏を初めとする音響設計者やパーヴォ・ヤルヴィ等の指揮者や演奏者のコメントなど多彩。

下の写真は建設中のザリャジエ・コンサートホールでのゲルギエフと豊田氏。


面白かったのはバッハの無伴奏チェロをベルリンの3つの会場、ワインヤード型のフィルハーモニ―、シューボックス型のコンツェルト・ホール、カラヤンの録音で有名なイエス・キリスト教会で演奏した録音の比較。
短い時間でしたが、音響の違いが感じられました。
ミラノのスカラ座の音響の改善も興味深いものでスカラ座は戦争の爆撃で半分破壊されたものを戦後修復しているのですが、その修復時の方法の影響で特に桟敷席(ボックス席)では音響に問題があったとのこと。
ここは出張の際の空き時間に時にホール内のツアーを経験しているので(残念ながらオペラを見る時間はなかったのですが…)絢爛たるホールの意匠は懐かしさを覚えました。

3番目のプログラムのザリャジエ・コンサートホールのこけら落としコンサートは超豪華ソリスト出演の何とも贅沢なコンサート。



私にとってはラフマニノフのパガニーニの主題による狂詩曲と最後の展覧会の絵からのキエフの大門が印象的でした。
ゲルギエフの手の指をヒラヒラさせる独特の指揮を久しぶりに見ました。
ビデオだとよく見えるあのヒラヒラはずっと見てると体がゾワゾワしてあまり居心地がよくないのですが…(笑)

興味がありましたらNHKのオンデマンドのサイトでご覧いただけると思います。

私にとっては非常に面白い内容でしたので紹介いただいたパグ太郎さんには大変感謝しております。
ありがとうございました。




次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. お早うございます。
    お知らせしておきながら、録画しただけで満足してまだ見ていません。前後のプログラムとも連携のある充実に内容だったようですね。拙宅の貧弱なテレビ視聴環境で録音会場の音響の違いが分かるのかという懸念はありますが、週末の楽しみにしたいと思います。

    byパグ太郎 at2019-07-03 08:57

  2. K&K さんこんにちは。

    ~プレミアムシアター最高の音響を求めて~
    放送知りませんでした題名に魅かれ今朝早速見ました。

    ホールの違いと響き、面白いですね、シューボックスとワインヤード
    パソコンでの音の差は判りませんでしたが、番組後半スカラ座のボックス席は古さが感じられましたね。

    最後のパーヴォ・ヤルヴィさんの ”ホールは楽器なのです”の言葉が印象的でした、ホールの響きに合わせての演奏方法とか興味深い内容が盛沢山でした。
    Myルームの参考にもなりそう。

    byいなかのクラング at2019-07-03 12:31

  3. パグ太郎さん、

    この件、ご紹介ありがとうございました。

    このドキュメンタリーは面白かったです。
    無伴奏チェロの各会場での音響比較はもう少しゆっくり聴いていたかったのですが…

    RCOやザリャジエでのコンサートは5.1chですし、映像もきれいで拙宅向きのプログラムだと感じました。(笑)
    純粋に音だけで判断するとAACだし、コンプレッサーの影響も感じられるのでそんなによくはないのですが、雰囲気感が素晴らしかったです。

    特にザリャジエは超贅沢なソリスト陣でしたので…
    ただ、ラフマニノフの狂詩曲の途中で拍手が起きたのにはビックリしました。こけら落としで招待客が多くあまりなじみがなかったのかどうか…有名な曲だと思うのですが。

    byK&K at2019-07-03 12:36

  4. いなかのクラングさん、

    レスありがとうございます。
    NHKのオンデマンドはPCをターゲットにしたストリーミングなんでしょうか?
    クオリティはあまり良くありませんか?
    HDMIでAV機器に送り出したらいいのかもしれませんが。

    >Myルームの参考にもなりそう。

    そうですね。スカラ座のボックス席の例からすると石膏ボードは良くなさそう…(笑)

    byK&K at2019-07-03 13:03

  5. K&Kさん こんにちは

    約半年間、改修で休館していたミューザ川崎が一昨日リオープン。改修は、舞台装置や音響設備のリニューアルが中心で音響面での改修ではなかったのですが、最終的にPAでの単音再生の測定やフルオーケストラ演奏での音響確認など音が変わってないかの確認もされたそうです。

    実は、設備改修期間中にパイプオルガンの整音作業もされたとのことで、今日はその整音後のオルガンのお披露目コンサートでした。整音の作業やそのねらいなどのお話がプレトークで紹介されてとても興味深かったです。

    このミューザ川崎の音響に触発されたヤンソンスが自分の任期をかけて挑むバイエルン放送響の新たな根拠地の建設が進んでいるようです。次の注目は、ミュンヘンのその新ホールですね。

    byベルウッド at2019-07-03 13:39

  6. ベルウッドさん、

    こんにちは。

    ミューザ川崎の改修が終わったんですね。
    パイプオルガンはいかがでした?

    ミューザ川崎は一番好きなホールなのですが、実はパイプオルガンだけはちょっと不満があるのです。
    なんか迫力不足。
    低音の押し出し感がいまいち。
    私が聴いたときの曲のせいかもしれませんが…

    パイプオルガンはやはり石造りでシューボックス型の教会がいいのではないかと思ったりします。

    byK&K at2019-07-03 16:19

  7. K&Kさん

    ミューザ川崎のオルガンにはご不満でしたか。
    低音については聴く席によってちょっと違いがあるのだと思います。

    それはともかく、聴いてきました。結果だけ申し上げると整音改修は大成功だと思います。

    >なんか迫力不足
    >押し出し感がいまいち
    >教会がいい

    この辺りにも関連しますが、詳しくは後日レポートいたします。

    byベルウッド at2019-07-03 16:29

  8. K&Kさん、こんにちは。

    うーん、最近4Kばかりチェックしていて見逃しました(涙)
    4Kでほうそうしてくれないかなぁ(泣)


    使う側(演奏者)が慣れているかどうかも結構大事なのではないかと思います。
    まあ、年中演奏旅行に出ている一流処なら大きな影響はないのかもしれませんが。

    byfuku at2019-07-04 10:47

  9. ご紹介ありがとうございました。
    録画してあったのですが 前半のコンセルトヘボウしか見てませんでした。
    ホールの音響は色々工夫されているのがよくわかりました。

    しかし 聴き手の立場では 音の上から 全てS席 というわけには行っていないのが現実で どこの席を取るか悩むところですね。この辺りは 図面で判断するのは難しく場数を踏むしか無いと思います。
    個人的には 楽友協会大ホールは やはり素晴らしいと思います。関西では シンフォニーホール いずみホール 芸文などが好みですが 席によって当たり外れがあります。

    byKE2 at2019-07-05 07:54

  10. fukuさん、

    レスありがとうございました。

    しばらくネットにアクセスするのが難しい環境にいたのでこんな遅い反応になってしまいました。
    申し訳ありません。どうかお許しください。

    >使う側(演奏者)が慣れているかどうかも結構大事なのではないかと思います。

    ゲルギエフもそう言っているようですね。
    音響を考慮した演奏が一流奏者の腕の見せ所というのは確かにあると思います。
    そのホールの持つ音響の実力が発揮されるのにはちょっと時間がかかるかもしれませんね。

    byK&K at2019-07-19 16:53

  11. KE2さん、

    レスありがとうございます。

    fukuさんへのレスに書いた事情で遅くなってしまったこと、お詫びいたします。

    >しかし 聴き手の立場では 音の上から 全てS席 というわけには行っていないのが現実で どこの席を取るか悩むところですね。

    はい、全くその通りだと思います。
    好きなホールでも一部のS席では今一つと感じることもありますし、C席でも素晴らしいと感じる場所があります。
    自分好みの場所を見つけることが楽しみのひとつかもしれません。

    byK&K at2019-07-19 17:05

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする