K&K
K&K
古いマイナーなお気に入りの機器を中心に身のタケにあった(?)オーディオ・ライフを楽しんでいます。 唯一の贅沢は石井式の音楽室でしょうか? ピアノと同居しているので(同居させてもらっているので?)リ…

マイルーム

May the vintage equipment last forever ! 
May the vintage equipment last forever ! 
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン~100型 / ~4ch
石井式リスニングルームというか音楽室ですが、リフォームなので天井高はごく普通の家と同じです。 使用機器や写真はこちらをご覧ください。 http://www7b.biglobe.ne.jp/~h…
所有製品
  • カートリッジ
    DENON DL-103
  • スピーカーシステム
    BOSE 101MM
  • プリアンプ
    YAMAHA CX-A5200
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BRZ1000
  • D-ILAプロジェクター

レビュー/コメント

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

女性ヴォーカルの聖地 - CENYA邸訪問記

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月28日

お誘いいただいてCENYA邸を訪問する機会を得ました。

COVID-19問題でオフ会からはしばらく遠ざかっていましたが、やっと…
この自粛期間中もCENYAさんの活動は活発でアンプの更なる有効利用化やMOSFETスイッチの使用に関してメッセージを交換してはいたのですが、実際にお会いすることができないもどかしさを感じていました。

CENYAさんのところに最後にうかがったのは2年ちょっと前。
あれからすごく変わってます。
ウーファの”DODAI”の制作、導入、スピーカーの位置は部屋の長手方向へ移動、DACの自作、サブ・ウーファは専用のDACを使った急峻なデジタル・フィルターを使用。
Diretta導入やアンプの有効活用化による片側4組のBTL駆動は最近のCENYA日記を参照いただくのがいいと思います。
まだあると思いますが多すぎて書けません。(笑)

最初の方で女性ヴォーカルをいくつか聴かせていただきましたが…
確か、サラ・オレインの君の名はからの曲とダイアナ・クラールの No moon at all と手嶌葵のテルーの唄など…

以前にうかがった時にも女性ヴォーカルの音場感や解像度が強く印象に残っているのですが、今回は音像の小ささとくっきり感にビックリ。

最後の方で聴いたエヴァ・キャシディのライブではそれらとは違うフワッとした雰囲気感のある音像だったように思いますが、あとから考えるとこれは録音方法の違いなのではないかという気がします。
最初のヴォーカルでは録音時ヴォーカルを1本のマイクで録っているのに対し、エヴァ・キャシディはライブなので、ヴォーカルマイクの音とアンビエントのステレオ・マイクのミックスで音を作ったのではないかと想像します。

この録音の差をここまではっきりと表現するシステムは今まで聴いたことがありません。
ウチもヴォーカルの音像は小さい方だと思ってましたが、ここまで録音の差をはっきりと表現することができるとは…

いろいろ考えると、ここまでの表現ができる要因は…

1. 基本的に2Wayがベースになっていること
2. タイムアライメントがきっちりなされていること
3. ニア・フィールド・リスニングであること
4. チャンネル・ディバイダが6db/octでウーファとトゥイータが理想的な位相のつなぎ方になっていること
5. DACからスピーカ出力まで完全にバランス接続でアースラインによるLR干渉がないこと
6. アンプが左右完全独立で電源などによるLR干渉がないこと
7. CENYA(上部スピーカーキャビネット)のワイヤー吊り
8. 部屋の音響対策

まだ、あると思います。(笑)
CENYAさんによれば、スピーカケーブルに使っているオーグラインの単線も効いているとのこと。

システムの全容はこのシステム構成図をご参照ください。
(CENYAさんのプロフィールに貼ってある図のリンクです。)

このシステム構成図は特にマルチアンプシステムを構築されている方が見るとそのすごさがお分かりになるのではないかと思います。
チャンデバの後にヴォリュームコントロール付きのアンプがあるのです。
普通はヴォリュームコントロールの後にチャンデバを置いてチャンデバとパワーアンプを直結にすることが多いのですが、その場合、アクティブ型だと特にS/Nがやや悪化するデメリットがあります。
でも、私も含めて普通の人は多連のアッテネーターが使えないので上記のような構成になってしまうのです。
CENYAシステムではAVアンプの多ch用ヴォリュームコントロールが使えるメリットが十分生かされているのです。
BTLであることから片側8連ヴォリューム。LR合わせて16連。リモコンで2台のアンプを同時コントロールできるので、16個のヴォリュームを同時に動かして音量調整。笑っちゃうくらいすごい構成。

システム正面


左側スピーカーとサブ・ウーファ


右側スピーカーとサブ・ウーファ


真ん中にデータ収納とLAN経由での送り出し用PC、上段左に自作DAC、上段右にDiretta Target PC。下段の左右にモノラル使用しているSONY TA-DA5800ES(改)
DAC、Direttaには吊り構造台座使用


Direttaとその電源など


上部スピーカーCENYAは下の"DODAI"の上に吊り構造機構を介して乗っている。


サブ・ウーファ用DAC、miniDSP。これも吊り機構あり。



高域は相変わらずあのリングトゥイータが効いているようでヴォーカルですごく耳あたりがいいのにピアノの高音のちょっと冷たい響き(いい意味でのです)まで気持ちよく聴くことができました。
Stefania Tallini カルテットの冒頭のピアノの音が印象に残っています。



明らかにスタインウェイの音。
JAZZの録音でこんなにピアノの響きを大切に録っているのは少ないように思うのですけれど…CENYAシステムもそれを見事に再現しています。

私にはCENYA邸は女性ヴォーカルの聖地のように感じられました。
(男性ヴォーカルもよかったんですけど…笑)、
女性ヴォーカル好きの方にはぜひこの聖地に巡礼されることをお勧めします。

今回は懇親会付き。最後まで楽しい時間を持つことができました。

CENYAさん、ありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. K&Kさん、こんばんは!

    先日はありがとうございました。
    よくよく考えたら半年以上も我が家ではオフ会をしていなかったのですよ。
    昨年の11月頃からオーディオ熱が急速に冷めてしまったのが原因です。
    春前ににゃんすさんのオフ会に参加した辺りから少しずつ熱が上昇してきたタイミングでの自粛期間到来で爆発!
    改変と改造のラッシュ。笑
    今回はその成果を初めて自分以外の方に聴いて頂きました。

    なのでなんだか緊張しました。汗
    しかもK&Kさんたらはじめの数曲はすんごい渋い顔で無口なんですもん。
    「あれ?どっか音が悪いのかな?期待外れの音を提供しちゃってる?」
    などと動揺してしまいました。笑

    うちのニアフィールドに耳が慣れるのには時間が必要なんですよね。
    分かってます。。。
    分かってはいましたが緊張しました。

    音像の小ささとボーカルの質感、音源に収録されている範囲での3Dの立体表現には特にこだわってチューンしているので、それらを評価して頂いてほっとしました。

    MOSFETリレー改造をやり遂げた2人で、成功を祝してワインで乾杯が出来て幸せでした。
    ありがとうございました。

    byCENYA at2020-06-28 19:24

  2. CENYAさん、

    こちらこそありがとうございました。

    え~、ボクはそんなに渋い顔してましたか~??
    最初に聴かせていただいた打ち込み系は前後左右に不思議な音響空間を作る曲でこういうの全く聴いたことがなかったので、おお~っていう感じだったと思います。
    2曲目が確かサラ・オレインだったと思いますが、これウチにもある音源のはずなのに全く聴いたことがないみたい、このピンポイントの音像はナニっていう感じでビックリしたからかも…

    最初から悪い印象は全くなくて驚いていただけのような気がします。

    ヴォーカルの声のバランスは自然で耳あたりもいい、子音の抜けも気持ちいい。でも、空間的な表現はソフトではなくかっちりして解像度が高い。
    ヤバいものを聴いたと思いました。


    ≻MOSFETリレー改造をやり遂げた2人で、成功を祝してワインで乾杯が出来て幸せでした。

    やっと乾杯できてホントによかったです。
    改めましておめでとうございます !!

    byK&K at2020-06-28 20:19

  3. K&Kさん、CENYAさん
    ご無沙汰しています。


    MOSFETリレー改造のご成功 おめでとうございます!
    女性ボーカルやその他もかなり良くなっているようですね。
    ピアノの高音のちょっと冷たい響き
    という表現をされていたのが
    とても興味深かったです。

    様々な工夫と努力が
    益々 音に反映されて良い結果へ至っていることが
    日記から伝わってきました。


    私の方は あと一か所どうしても変えたいところがあるのですが
    しばらく自粛しているところです。

    コロナが終息した際には
    また是非 オフ会をさせて頂きたいです。
    よろしくお願いいたします。

    byケニティー at2020-07-07 13:42

  4. ケニティーさん、

    レスありがとうございます。

    CENYAさんのところは久しぶりにうかがったのですが、すごく変わっていてビックリでした。

    コロナが落ち着かないのでまた移動が難しくなっていますが、機会がありましたら是非お聴きになることをお勧めします。

    ≻私の方は あと一か所どうしても変えたいところがあるのですが
    しばらく自粛しているところです。

    これは何でしょうか?
    すごく気になります。

    早くこの騒ぎが収束して欲しいですね。

    byK&K at2020-07-07 17:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする