genmi
genmi
家を新築したのを機に念願のリスニングルームを持ちました(狭いですが…)。浅く広くどんな音楽にも興味がありますが、オーディオにハマりだしてからは女性ボーカルやアコースティック系のものをよく聴くようになり…

マイルーム

性格的にそこそこで行きます (^_^;)
性格的にそこそこで行きます (^_^;)
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
自宅を新築時、狭くても自分の部屋、しかも防音室が持てるだけで十分と天井高と床・壁の素材だけ指定してあとは設計士に任せました。 この時にもともと好きだったB&Wをベースにオーディオ一式を新調して、…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

805SDのバスレフポートを塞いでみる

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年02月13日

先日サブウーファーを導入したことを日記にしましたところ、たくさんのレスを頂きました。ありがとうございました。

昨日テナガザルさんからとっても興味深い内容のメッセージが届きましたので、コミュの皆様と情報を共有できればと思い日記にさせて頂きます。

---------------------------------
テナガザルさんからのメッセージ
---------------------------------
日記は凄い人気ですね!
これ以上コメントを付けるのもどうか?と思ったのでメッセージを送らせていただきます。

現在805をお使いかと思いますが、もし可能であればバスレフポートをタオルやスポンジなどで塞いでメインの低音を絞り、その分サブウーファーのカットオフを少し上げて聴いてみて頂けないでしょうか?

ポートを介さずユニット同士で音を繋ぐ方が自分としては好みなのですが、genmiさんがどう思われるか気になります。お金もかからないしすぐに元に戻せるので余裕がありましたらご確認いただければと思います。

---------------------------------
テナガザルさんへの返信(抜粋)
---------------------------------
早速ご提案頂いたことを試してみました。

先ずパスレフポートには805SDに付属のスポンジを使いました。

次にカットオフを60Hzにしてみました。
(現在はB&Wが用意しているプリセットで805SDを選択して使っています。プリセットではカットオフ等の設定値は表示されないので不明です。ちなみに805SDのスペック上の再生周波数帯域は42Hz~33kHz(-6dB)となっています)

結果ですが、805SDプリセットと比べていい意味でサッパリしました。バスレフのボワンといった膨らみが取れて低域の音階が明瞭になり、それに伴って中高音域もクリアになったように感じます。

非常に面白いですね。まだ様々なジャンルの曲で聴き込んでいないので結論を出せるところまでは行っていませんが、私もこちらの方が好みかもしれません。

テナガザルさんのおっしゃる通り、変にパスレフの低音を足さない方がDB1がその役割を担ってくれているのでバランスがよく自然な感じがしますね。納得です。

いい情報をありがとうございます。もう少し聴き込んでみます。
---------------------------------

テナガザルさんから頂いた助言は確かにそうだなと思いました。

結論を出すまでにはまだ至ってないのでもう少し時間をかけていろんなジャンルの音楽を聴いてみるつもりです。テナガザルさんありがとうございました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. genmiさん、はじめまして。

    先日のサブウーファー導入の記事、少し前から、私もサブウーファーを導入しようかと考えていたんで、興味深く読ませて頂きました。

    市販SPはまだ2台目で経験が浅く、市販のサブウーファーとメインSPとの音量やクロスのつながり具合が難しいんだろうなぁと感じていましたので、この記事にも感心いたしました。
    この後の経過、楽しみにしています。

    byTON2 at2018-02-13 18:48

  2. genmiさんこんばんは

    早速お試しいただきありがとうございます。
    自分はバスレフ嫌いなだけですので話半分にお願いします(笑)

    (サブ)ウーファーが足りない低音域を伸ばしてくれる前提で、バスレフポートを塞ぐのはありかと思います。
    ただし805のポートを埋めるとカットオフは70〜100くらいではと想像しますので、設定があまり高くなるようであればサブウーファーから出る音の場所が分かるようになってしまうかもしれません。
    また805自身の音も変わりますので、慎重に比較頂きたいと思います。

    このトライは追加費用も無くすぐ元に戻せる上に音の変化が大きいのでご確認頂ければと思った次第です。

    byテナガザル at2018-02-13 20:18

  3. genmiさん,

    こんばんは。

    一般的な話ですが、バスレフで設計されたスピーカーのダクトを塞ぐと70Hz~100Hzくらいより下の帯域がだらだらと下がっていくことになります。
    でも、例えばバスレフの時に40Hz以下でスパッと切れていたとするとダクトを塞ぐことによりスパッと切れずに上からの続きでだらだらと下がっていくので40Hz以下はむしろバスレフの時よりもレベルが高くなることもあります。

    私の印象ではgenmiさんのところは50~100Hzの領域が豊かでしたので、ダクトを塞ぐことでその領域がすっきりしたのかもしれません。
    ただSWのカットオフが60Hzだとするとそれ以下の帯域で805のウーファとSWがかぶる可能性があります。
    SWのカットオフはいろいろ試されることをお勧めします。
    SWの調整用アプリはカットオフ周波数の適正値も選んでくれるというわけではないようですね。

    805の低域がスパッと切れていた方がSWと繋ぎやすいような気もするのですが、こればかりは試してみないと判断が難しいのでしょうね。

    byK&K at2018-02-13 22:01

  4. genmiさんこんばんは。
    新しい物を入れると調整に時間がかかりますよね。

    私なんぞピュア用にサブウーハーをどのように使っているんだろうと気になっております。

    そのうち怖い監査人交えての相互オフ会をお願いしたいです。

    byニッキー at2018-02-13 22:22

  5. genmiさん、こんばんは。

    周波数測定による見える化をお勧めします。
    どこを弄ればどこの音域が変化するのかという関係性が分かった方が追い込みやすいと思います。

    最近勉強したCENYAでした。

    byCENYA at2018-02-13 22:48

  6. TON2さん、はじめまして。レスありがとうございます。

    私もメインSPとのつながり具合の調整が難しいだろうなと思っていたのですが、そこはあっけなくクリアできたように思います。

    同じメーカーの製品で、なおかつ800 Diamondシリーズとのマッチングも考慮してDB1が開発されたようですので、私のような初心者でも安心して導入することができました。他メーカーとの組み合わせだったりするとこう簡単にはいかないかもしれませんね。

    SWについてあまり語れませんが、今後ともよろしくお願い致します。

    bygenmi at2018-02-14 12:40

  7. テナガザルさん、こんにちは。レスありがとうございます。

    いえいえ、今回助言頂いて大変勉強になりました。感謝しております。

    低周波スイープ音を用いて色々と検証してみた結果、以下のことがわかりました。

    ・SWオフでバスレフを塞いだ場合、K&Kさんが仰るように50~100Hzの帯域が全体的にすっきりした。

    ・SWオンでカットオフを120Hzから10Hz間隔で下げていったところ、80Hz辺りでSWの存在が少し分かるようになった。

    バスレフを塞ぐことを前提で、スイープ音がなめらかでSWが存在を消す一番高いカットオフ値を探ってみた結果、「バスレフ解放/805SDプリセット」vs「パスレフ閉塞/カットオフ70Hz」で聴き比べしてみました。

    やはりすっきりしているのは「パスレフ閉塞/カットオフ70Hz」なのですが、空間表現や音の色彩、自然さでは「バスレフ解放/805SDプリセット」に軍配が上がるように思いました。DB1のプリセットは805SDがバスレフであることも考慮に入れて条件が設定されているのかもしれません。

    音楽を聴いていてよりリラックスできる元々の「バスレフ解放/805SDプリセット」に結局落ち着きましたが、テナガザルさんが仰る通りこのトライアルは無料ですぐに元に戻せるので、また気になったら遊んでみようと思っています。

    ここら辺にピュアオーディオでSWを使用する難しさがあるのかなと今回勉強できました。改めてテナガザルさんありがとうございました。

    bygenmi at2018-02-14 13:20

  8. K&Kさん、こんにちは。レスありがとうございます。

    色々検証した結果はテナガザルさんへのレスの通りなんですが、NORDSTシステムセットアップ&チューニングディスクのTr.25 低周波スイープ音で確認したところ、拙宅の環境は55~60Hz辺りに山があることが確認できました。新たな発見で面白いです。

    今回の実験で805SDプリセットが無難だということがわかりました(笑)

    SWの調整用アプリは室内の音響補正は行ってくれますが、カットオフ周波数の適正値は選んでくれません。あくまでもプリセットとして805SDが選択できるだけです。プリセットの条件・設定値は表示されないので内容が気になるところです (^_^;)

    bygenmi at2018-02-14 13:32

  9. ニッキーさん、こんにちは。レスありがとうございます。

    B&Wが推奨する805SDプリセットが無難だということに落ち着きました ^^;

    怖い監査ですか? 怖くはないですが監査は明日行われます(笑)

    bygenmi at2018-02-14 13:36

  10. CENYA先輩、こんにちは。レスありがとうございます。

    周波数測定の見える化ではないですが、低周波スイープ音で確認してみました。確かに新たな発見があり興味深かったです。

    でも知れば知るほど奥が深そうなので、本件は「805SDプリセットで一件落着!」ということにしておきます ^^;

    bygenmi at2018-02-14 13:40

  11. テナガザルさん、すみません。訂正です。

    >・SWオンでカットオフを120Hzから10Hz間隔で下げていったところ、80Hz辺りでSWの存在が少し分かるようになった。

    正しくは、、、

    ・SWオンでカットオフを120Hzから10Hz間隔で下げていったところ、80Hz辺りでSWの存在が分からないようになった。

    です。

    ちょっと手の込んだことをやろうとすると、あちらを立てればこちらが立たず状態に陥ってしまって全体のバランスを取るのがなかなか至難の業ですね。DIYでスピーカー製作を行ってしまうテナガザルさんをホント尊敬しちゃいます。

    bygenmi at2018-02-14 16:43

  12. genmiさんこんばんは

    色々と試していただきありがとうございます。
    SWがあっても805のポートを塞がない方が良い結果とのこと、流石はB&Wですね。
    SWが凄いのかもしれませんが、きっちり詰めて作られているんでしょうね。
    今後もたまに聴き比べたりして楽しまれて下さい。

    byテナガザル at2018-02-14 22:00

  13. テナガザルさん、こんにちは。再レスありがとうございます。

    B&Wは素晴らしいメーカーだと思いますが、今回の件はもしかしたら私の耳が鈍感なだけかもしれません (^_^;)

    ノーリスクでできることなのでまた遊んでみたいと思っています。

    bygenmi at2018-02-15 10:29

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする