へっぽこハム太郎
へっぽこハム太郎
日記みたいに自己満足の行為を覚書してます。 あまり参考にはならないかもしれませんが、ご賞味?下さいませ。

マイルーム

へっぽこオーディオたち
へっぽこオーディオたち
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~8畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~5ch
バロック世代のクラシックを主に聞いてますが、良いと思ったらジャンルは何でもありです。 主な使用機器 SACD-P:ESOTERIC X-01D2(Ver'VUK2)    :SONY S…
所有製品
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ESOTERIC P-03
  • Blu-ray Discレコーダー
    PANASONIC DMR-BRZ2000
  • ネットオーディオプレーヤー
    PIONEER N-70A
  • DAコンバーター
    ESOTERIC D-03
  • オーディオボード
    fo.Q AB-4045

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

自作?コンセントBOX 自分仕様に変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年08月18日

以前作成し、ショップにレンタルしていた電源BOXが返却されたので、自分用に変更を行う。

現在、200V→100Vダウントランスから、ゼロクロススイッチを通って、塩ビボックスに収めた壁コンセントに直結しているが、その壁コンセントを今回のBOXに入れ直し。

例によって、JODELICAとドライカーボン・プレート。


コンセント取り付けはリン青銅ネジを使いたいところではあるが、アホみたに高いので真鍮ネジを使用し、リン青銅製歯付き座金で銅板に導通状態にしておく。




まずは、ゼロクロス回路の解体。
入力電圧が倍になるとインラッシュも倍になるので、200V仕様では付けておきたい部品(回路)の一つ。

ちなみに、アキュフェーズ社の機材は、トランス直後、ブロック・コンデンサー前にこの回路が入っている(SSRではないが)

コンセントを入れ直すに当たって、ゼロクロス回路に入る電源ケーブルもPC-Triple-Cに変更するが、最低限の音質劣化に留めておきたいので、1mのケーブルの途中を皮剥きし、Live側を切断してリレーに接続。Neutral側は切断せずLive側だけリレーに入れる事に変更。




この製品は、IECインレットで入力され、IECプラグで出力される。つまり、IECの延長と考えれば良いか?

これを、入力、出力ともIECを撤去して直結。

そのままBOXに収めるものの、片側がIECの穴が開いているので、ケーブル直出し御用達の、防水ケーブルクランプ(RPG16-14B)を使用。

ただ、Live側だけリレーに入れても、Neutralを繋がないとゼロクロス回路が起動しないので、ゼロクロス出力後の100V分岐回路に接続して電源を確保。

これを、自作BOX側も取り付けてケーブル直出し。



残念ながらゼロクロス回路が一つしかないので、出力後に2分岐。

とはいえ、市販の分岐端子台は導通プレートが1mm程度のヘボな物がほとんどなので、無酸素銅4mm厚で設計し直し。

これを金メッキしようかと思ったが、試しに使ってみたら手元から離せなくなったので、今後どうするか思案中。

今回の電源変更で、

配電盤ブレーカー → 200V/100Vダウントランス → ゼロクロス回路 → 100V分岐回路 → 壁コンセント2個の並列(計8口)

となる。


今後はダウントランス2基になるが、その場合は100Vの分岐は不要にはなるものの、今度は200V回路の分岐が必要なので、結局要らなくなる事はない(家を新築すれば話は別)。


ゼロクロス回路は今後自作する事になると思われるが、CSEで使われているSSR(ソリッドステートリレー)が、ジュエルシステム社の定格24V品。

ジュエルシステム社は、小ロットで代理店を通さずに卸してくれる(直販)が、小ロットが100個ならば、そんなに在庫はいらないw

これを他社製SSRで置き換えるとなると、結構大きいゼロクロス回路になる。

当然、基盤も作り変えないといけないのであるが・・・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 案外早く帰ってきましたね。
    凝りに凝ったパワータップ、手放せなくなるほど音が良いなら大成功ですね! ところで、技術的知識がないのですが、ゼロクロススイッチなるものは何のために必要なのですか?

    普通に考えると、単純なパワータップには付いてなくて、音質の阻害要因にはならないのかなーという素朴な疑問があります。すみませんが、ゼロクロススイッチとはどういう物かと、鮮度が低下するなどの害はないのかを教えてください。

    bykitatanuki at2015-08-19 16:04

  2. kitatanukiさん、こんばんは。


    >普通に考えると、単純なパワータップには付いてなくて、音質の阻害要因にはならないのかなーという素朴な疑問があります。
    >ゼロクロススイッチとはどういう物かと、鮮度が低下するなどの害はないのかを教えてください

    交流電源というのは、0Vを基点に正負が周期的に変化する正弦波ですが、0V以外のところでスイッチが入りますと、コンデンサー等を充電するために、瞬間的に定格の5~20倍程度の大きいインラッシュ電流が流れますし、同時にトランス2次側の電圧も上がります。

    これが、コンデンサーインプット型電源の機材(市販の大半)の場合は、これが原因で寿命が短くなり、音質劣化の原因になります。

    確かにゼロクロスを使わない方が余計な回路を使いませんので、音質的には有利でしょうが、長期的に見ると、上記の問題が起こってしまいます。

    100Vでしたら問題ないと言いたいところですが、機材をバラしてみると、耐圧設計がギリギリの機材が結構あるので、機器を保護するという点では、ないよりはあった方が良いと思っています。

    ただ、ブレーカーからの電源が100Vでしたら、音質的には使わない方が良いと思います。

    ちなみにゼロクロスは、kitatanukiさんがちょっと前に購入されたCSEの電源にも入っています。

    ただ、あれを100Vで使用すると、「何だこれ?」というくらいに音質が劣化する傾向にありますが・・・・・

    byへっぽこハム太郎 at2015-08-19 20:21

  3. ハム太郎さん

    基礎的な知識を教えて頂き有難うございます。

    くだんのCSEのIP-3000ですが、おおせのとおり100V使用では「何だこれ?」でした。たしか、ゼロクロススイッチは入れなかったように記憶していますが、鮮度が落ちただけでなくトランスの唸りがけっこう気になるレベルで驚きました。

    唸りがあっては狭い書斎で使用するのは無理で、ものすごく巨大でもあり、アキュフェーズのPS-1200と2台並べるのは無理で、置き場所にも困って200Vのテストにも進まずに諦めました。

    >ちなみに、アキュフェーズ社の機材は、トランス直後、ブロック・コンデンサー前にこの回路が入っている(SSRではないが)
    →アキュフェーズのアンプ類には、ゼロクロススイッチが入っているのですか?それだと、クリーン電源のPS-1200にもゼロクロススイッチが入っている訳ですよね?

    もっとも、ゼロクロススイッチがじっさいに鮮度に関係あるかどうかは、実験したことがないので知識がありません。

    bykitatanuki at2015-08-22 09:44

  4. kitatanukiさん、こんにちは。

    >ゼロクロススイッチは入れなかったように記憶していますが、鮮度が落ちただけでなくトランスの唸りがけっこう気になるレベルで驚きました。

    いえ、IP-3000は、電源を入れると必ずゼロクロススイッチ回路を通る事になります。

    切り替えられるのは、ウェーブ・リストレーション回路(波形矯正)と、トランスの唸りを低減させる回路だけですね。


    >>ちなみに、アキュフェーズ社の機材は、トランス直後、ブロック・コンデンサー前にこの回路が入っている(SSRではないが)
    >→アキュフェーズのアンプ類には、ゼロクロススイッチが入っているのですか?それだと、クリーン電源のPS-1200にもゼロクロススイッチが入っている訳ですよね?

    いえ、ちょっと書き方が悪かったですが、インラッシュ防止回路はいくつもあり、そのうちの一つがSSRを使ったゼロクロス回路です。

    アキュフェーズの機材はゼロクロス回路ではなく、コンデンサを並列に繋げて低減させる方式ですね。

    ゼロクロス回路は理論上からもスイッチングノイズ(インラッシュ電流)は発生しませんが、アキュフェーズの方式では低減させるだけです。


    >ゼロクロススイッチがじっさいに鮮度に関係あるかどうかは、実験したことがないので知識がありません

    私が経験した上での話ですが、間に中継として入れるのでなければ、目(耳?)に見えて判る物でもないと感じています。

    やはり、kitatanukiさんが仰るように、接点が増えると鮮度が下がる感じは否定できませんね。

    byへっぽこハム太郎 at2015-08-22 14:46

  5. へっぽこハム太郎さん

    アキュフェーズの高級機材には、大型コンデンサーがずらりと並んでいますが、あれがそうなのですね。

    高音の硬さを何とかしようと導入したクリーン電源でしたが、PS-1200のような大型でも馬力の低下が認められるので外してしまいました。

    電源ケーブルの改善やツイーターレベルの調整で、高温の硬さは改善されまして、高級電源タップも有害無益なので外し、最近はすっかり元の単純なAC電源に戻っています。

    単純といっても、電源タップをACラインに直付けしてコンセントすら排除するという、常識的でない単純さ?ですけどね(汗)

    bykitatanuki at2015-08-23 06:30

  6. kitatanukiさん、こんにちは。

    >アキュフェーズの高級機材には、大型コンデンサーがずらりと並んでいますが、あれがそうなのですね

    大型のコンデンサーは交流波形(AC)のリップルノイズを除去する、ブロックコンデンサーです。

    インラッシュ防止回路は、トランスの2次側のブリッジとブロックコンデンサーの間に入ってます。

    本文にPS-1200Vの画像を入れてみました。うっかりコンデンサーと言いましたが、多分、セラミック抵抗の直列回路でしょう。

    インラッシュ防止回路としては一番単純な方法ですね。


    今回の自作?コンセントですが、解像度が上がっているにもかかわらず、刺々しさがない不思議な音質でした。

    byへっぽこハム太郎 at2015-08-23 14:37

  7. へっぽこハム太郎さん

    ゼロクロス回路は、アキュフェーズの製品でも小さな部品でできている訳ですね。プリをバラした事がありますが、存在さえ気が付きませんでした。

    見栄えも音も良いパワータップが出来上がったようですが、売値を付けるとものすごく高いものになりそうですね )^o^(

    bykitatanuki at2015-08-24 05:04

  8. kitatanukiさん、こんばんは。

    >ゼロクロス回路は、アキュフェーズの製品でも小さな部品でできている訳ですね。プリをバラした事がありますが、存在さえ気が付きませんでした。

    インラッシュ低減回路は、ひょっとしたら日本仕様のプリには付いていないかもしれません。

    インラッシュが問題になるのは、大きい容量のコンデンサーで作られた電源インプット回路での話です。

    まあ、最近のハイエンド?の機材は巨大なコンデンサーが付いてたりしますから何とも言えませんが・・・・


    >見栄えも音も良いパワータップが出来上がったようですが、売値を付けるとものすごく高いものになりそうですね )^o^(

    コンセントのグレードを上げてしまうと、二桁は行ってしまいます。

    それでも、アコ○バの4口コンセントBOXよりは安いですが。

    byへっぽこハム太郎 at2015-08-25 00:10

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする