yiida19501122
yiida19501122
十代からオーディオにはまり、ほぼ50年。 最初はビクターのコンソール型から今はPC主体のソースとリファレンスとしてハイエンドDAC、自作アンプとリファレンスにメーカー製、自作スピーカーで再生。 …

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

日記

また別のスピーカー(Dayton Reference Series 2way)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年02月14日

何年もスピーカーを作っているがまだ判らないことも多い。
このシステムはその例の一つだ。


DaytonのReferenceシリーズは価格も安く特性も悪くない。Parts-Expressなどでも推奨のキットがあったりする。
ウーファ: http://www.daytonaudio.com/media/resources/295-372-dayton-audio-rs150-4-spec-sheet-revised.pdf
トゥイータ: http://www.daytonaudio.com/media/resources/275-140-dayton-audio-rs28f-4-spec-sheet.pdf

価格はウーファが国内でもそれぞれ8000円くらいで手に入るユニットだ。
安いから仕方がないとも言えるが何しろ音楽のうまみがマスクされることがある。どうも好きな音が出ないのだ。

最初はParts-Expressの推奨の組み合わせで試してみた。アルミドームのRS-28AとRS-150の組み合わせだ。ただこの組み合わせと言うかTWが私には付帯音の塊でどうにも気に入らなかったのでTWはソフトドームタイプのRS-28Fに変更した。
で測定してみると…
周波数特性も

歪率特性も

特性は低域を足せば何も問題がないように見え、かなり優秀といえるレベルだ。それなのにどうもそれらしい音ではない??!!
低域が足りなめなので写真の一つ下のAudio Technologyの6B77を7mHと165uFの即席サブウーファネットワークで足してみる。

するとさらに特性は優秀になる。


小編成とかでは価格としては素晴らしいシステムだ。
ただ大編成になると馬脚が出る。これだと一つ前にテストしたMorel MW114SとAirborne RT-4001のほうが好みだ。

価格の違いと片付けるのはEasyすぎるが、どうもユニットそのものの動的な特性の違いが出ている気がする。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. coiさん、
    コメントありがとうございます。

    スピーカーはダイレクト・ラジエータータイプ(ドーム、コーン、リボンなど)は市販のもののほとんどの高級ユニットは試しました。

    Daytonではこの他に28mmのソフトドーム低価格(音は出るが音楽用には全く使う気にならない)、Titanic 12インチサブウーファ(低域以外が聞こえてしまう価格はUS$190)は確かにダメでした。

    例外はAMT1-4のエアーモーションで価格もそこそこ高いですが(実は振動系はMundorf設計なのか)マシでした。
    Daytonの安いものは確かに私の好みではないようです。

    byyiida19501122 at2015-02-15 07:04

  2. coiさんはじめ、
    ここを見ている方々でスピーカーを作ってみたい方は一度ご連絡ください。中高域のユニットだけの貸し出しはしません。

    最低限のネットワークを付け、さらに場合によっては箱にも入れて貸し出しします。

    一部保証金(壊したとき、戻ってこないときを考え原価の一部をカバーする金額)をいただきますが、購入しなくても送料だけご負担いただけば試していただけます。もちろん異常なく返却されれば送料と銀行手数料を差引いて返金します。

    貸し出して気に入ったものだけ買えば買って失敗したということがありません。お互いにメリットがあるためこのようにしています。

    たとえばここ
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/3974/20150213/46234/
    に書いたものはそのようにして貸し出したものです。

    byyiida19501122 at2015-02-15 07:18

  3. 実はこのスピーカーはAudio Technology 15H52とMorel ET338の2wayのテスト用のバッフルと箱です。

    同じくらいのもので安くて試せるものがないかとテストしようとしたのがこのDaytonでした。

    byyiida19501122 at2015-02-15 08:39

  4. FacebookでB&W Nautilusオリジナルのネットワーク設計の一部を実施したKarl=heinz FINKさんからコメントを貰いました。
    ALR Jordanの社長でもある彼は私が会社員の時代から知り合いです。
    彼はこのスピーカーがデータは良いのに気に入らないというと「絶対 箱の鳴りを調べるべきだ。それとポートからの漏れがあると中域のスムースさをスポイルしているのでは」とのコメントがありました。詳しくはこちら。
    https://www.facebook.com/media/set/?set=a.818352244898532.1073741864.100001712922438&type=1&l=e0d32078d6

    byyiida19501122 at2015-02-17 08:50

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする