hanaguro77
hanaguro77
 2014年1月よりスタートしましたビギナーです。 8畳間オーディオを自分なりに謳歌し始めました。 いつか、自室が教会に、ホールにスタジオにと、変幻自在に操れるようニアフィールドリスニングを突き詰…

マイルーム

オーディオの中庭
オーディオの中庭
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
Accordoが謳ってくれています。Devialet とAccuphase、Macintoshが背中を押してくれています。  Accuphase、Macintoshは昔からの憧れでした。Devial…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

今年、どれだけ成長出来たか・・・。

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年12月30日

 いよいよ今年も押し迫ってきましたね。個人的には、色々聴いて、それなりに耳を鍛えてきたつもりですが、軽々豊富な方々の様々な取り組みを知って、まだまだ可愛いもんだなあと、身に沁みています。

 とりあえず、来年は何とかアナログ導入を目指して、準備を進めたいと想いを巡らしているところです。やはり、オーディファイルとしてはアナログを経験しないことには一皮剥けないなあと。
 あとは対極にあるハイレゾの充実も考え、USBDAC付ヘッドフォンアンプも入れたいです。
 年末年始は、電源周りの制振対策、K03の電源供給強化およびドライブモータ音対策とあとはひたすら鳴らし込みです。

 最後に今年の5枚をご紹介しまして締めたいと思います。
  皆様良いお年を。

 





 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. hanaguroさん

    オスカー・ピーターソンと松田聖子はアナログで持っています。

    アナログ、CD、ネットワークと音源を3つ持って、各々レベルを上げていくことはなかなか大変ですね。

    私はCD中心に構築してきて、アナログは40年前に買ったプレーヤーで聴いていましたが、先日買い替えました。
    やはり最新のものはレコード盤に詰まっている音をよりリアルに掻き出してくれます。

    アナログはプレーヤー本体は勿論、カートリッジ、ヘッドシェル、リード線、アームに至るまで全て音が変わりますから弄り甲斐はありますが、本格的に始めるとディープな世界ですね。

    来年の展開を楽しみにしています。

    良い年をお迎えください。

    bymerry at2015-12-30 20:14

  2. アレっ??  hanaguroさんって  レコード知らない世代なの?  (>_<)   若いんだね・・

    自分はアナログレコードしかない時代からですから(笑)今の様になるのは想像が出来ませんでしたね。 ソース媒体は様々に変化してきていますが、CDが生まれた30年前の時点でも、100年を越えていたアナログ盤は絶える事無く、オーディオファイルのハートをガッツリ掴んでいる事実は流石ですね。

     チャレンジする事・・否定は致しませんが(笑) あまり、のめり込まない様にご注意を!  100年を越える歴史、目の前で音を拾ってる様子がダイレクトに見える再生術。 見ているだけでもワクワクします。  超微弱な信号を何百倍とし再生する訳ですから、その繊細さは計り知れません。 じっくりと、取り組んで下さい (^^♪ (^^♪ (^^♪

     アコス・・。

    byアコスの住人 at2015-12-30 21:33

  3.  merryさん

     プレーヤー買い換えられた日記拝見しました。
    現代の技術で、古き良き再生方法を蘇らせるみたいなところが魅力なんでしょうね。
     なかなか使いこなしは鍛錬がいるみたいですが、じっくり取り組むにはいい趣味ですよね。
     いつかアナログの松田聖子を聴ける日を夢見て精進します。

     では来年もよろしくお願いいたします。 良いお年を。

    byhanaguro77 at2015-12-31 13:07

  4.  アコスの住人さん

     そうなんです、いままでレコードというものにほとんど接することなく過ぎて、CDで音楽に興味を持ち、いまに至ってから、アナログに弾かれまくっているって有様です。
     CDなんてアナログに比べたら、ひよっこなんですね。でもデジタルの威力も計り知れないですから、比べようがない両者に惹かれるんですね。
     じっくり、じっくり行きたいと思います。
     
     今年も色々アドバイスいただきありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。では、良いお年を。

    byhanaguro77 at2015-12-31 13:12

  5. hanaguro77さん
    明けましておめでとうございます。
    もしかして、はじめましてでしょうか?

    私は2年前からレコード再生を本格化しました。
    今のシステムの前は、TechnicsのSL-1200LTDを所有していてお遊び程度でした。

    ネットワークやPCオーディオが出始めた頃に何を思ったか、専用ルームを作った数年後に導入したLuxmanのフォノイコの銘機E-06を持っていることだし真面目にレコードをやってみようと思い、Luxmanの1つ前のモデルPD-171を入れてみようかなと考えていたら、アームレスモデルが出ることを知りました。
    Luxmanの営業の方などと話して、SMEのアームを付けると面白いですよと言われて興味を持ち、今の環境になりました。

    アームレスのプレーヤーを入れたことで、レコード再生環境をいろいろ知ることができました。
    SMEのアームはヴィンテージものですが、調整する部分が多く調整によってシビアに音が変わることが分かり、アームのことを良く知ることができました。
    そして、アームの種類、プレーヤの種類などなど、レコード再生に必要な環境がいろいろあることを知りました。
    組み合わせでいろいろなパターンができ、自分の好みの音のシステムが出来ること、これがアナログの深い所であると思います。
    ただ、追い求めるとお金がかかるのも確かです。

    やはり、今のデジタルはハイレゾまで出てきており、特にデジタルの音はマスタリングとかで調整されていたり、どのDACを使っているかで解像度など音質が異なり、本当の音というのが掴みづらいと思います。
    なので、アナログをやるということは大切だと思っています。

    是非、アナログに取り組んでみましょう。
    アナログをやっている人は必ず経験する定番という組み合わせがありますので、まず定番でやってみることをオススメします。

    私も同時にPCオーディオを構築することを予定しています。
    アナログの経験で、ハイレゾの能力を引き出したいと思っています。

    それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

    byきみぞう at2016-01-02 00:27

  6.  きみぞうさん

     明けましておめでとうございます。
    2台目のプレーヤー導入の日記も拝見しました。やっぱりアナログは弄るところが多くて、ほんとお話聞くだけで楽しそうなのが伝わってきます。まことに羨ましい限りです。
     アナログ復権で、色々はソフトも増えてきていることもそそられますよね。
     SMEやオルトフォン等昔から憧れて、いつの日かと夢見てきて今に至っております。
     確かに、アナログを経験することで、ハイレゾも理解できるようになるんでしょうね。
     なんとか今年は、現実のものしたいと思っております。
     また、そそられる、ワクワクするようなアナログのお話聞かせてください。
     今年もよろしくお願いいたします。

    byhanaguro77 at2016-01-02 11:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする