hanaguro77
hanaguro77
 2014年1月よりスタートしましたビギナーです。 8畳間オーディオを自分なりに謳歌し始めました。 いつか、自室が教会に、ホールにスタジオにと、変幻自在に操れるようニアフィールドリスニングを突き詰…

マイルーム

オーディオの中庭
オーディオの中庭
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~8畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
Accordoが謳ってくれています。Devialet とAccuphase、Macintoshが背中を押してくれています。  Accuphase、Macintoshは昔からの憧れでした。Devial…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

趣味に傾倒出来ると言うこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月17日

  想い返せば、本コミュニティーに初投稿して約5年が過ぎていました。
あの頃、子供の頃から夢見ていた本格オーディオを、グレードはともかく自分なりに精一杯のシステムで飲める混んでいこうと意気込んでおりました。
 まだまだ成長途上だと、あれこれ考え、いろいろ聴き続けておりました。

 しかし、趣味は人生の一部分、なかなか思うようにはさせて貰えません。特にここ二年ほどは大きな試練が続き、心身も疲弊し、オーディオの火を一度も入れる事が出来ませんでした。自室でシステムを一瞥し、今度火が入るのはいつだろうかと呆然とする日々でした。
 私は、将来、悔しさや悲しみを癒すために音楽を聴こうととは思わない考えです。
特に趣味としてのオーディオであるなら、聴くべくして聴く、その結果として気持ちが豊かになれば良い、それでなければ趣味として成り立たないと思っています。

 それがこの年の瀬が近づいた時期に、気持ちも少し落ち着き出したため、趣味としてのオーディオを取り組む意欲が湧いて来ました。
 人生の中に組み込んだ、趣味『オーディオ」として、音楽を聴きたいと思えるようになって来たようです。
 趣味に傾倒すると言うことは、能動的な活動であり、活力のバロメーターであると今までの激動の二年間ほどを振り返って身に滲みて感じられます。

  取り敢えず、スタート時によく聴いていたディスクをかけてみました。
     
 不思議に懐かしさと言うより、初めて聴いてるかのような感じでした。
自分も変わったんだなあと実感しました。

  これからは特にアナログにのめり込みたい気分です。
カートリッジと、フォノイコを物色しようかと思います。
 その前に、ターンテーブルはまともに回転してくれるのだろうか、少し心配です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. けいとう
    【傾倒】
    《名・ス自他》全心を傾けて、また、持っているもののすべてを出しきって、その仕事に当たること。

    Google辞書より (笑)


    そんなに難しく考えなくたって・・・


    趣味(しゅみ)は、以下の3つの意味を持つ。(ウイキペディアより)
    1.人間が自由時間に、好んで習慣的に繰り返しおこなう行為、事柄やその対象のこと。
    2.物の持つ味わい・おもむきを指し、それを観賞しうる能力をもさす。調度品など品物を選定する場合の美意識や審美眼などに対して「趣味がよい/わるい」などと評価する時の趣味はこちらの意味である。
    3.人間が熱中している、または詳しいカテゴリーのこと。

    「Take it easy」

    アナログは休眠中だな~ 盤も何年も買っていない。 でも外せないんだよねェ~ (ㅇ_ㅇ)

    ハード的には落ち着いて来た感のある我が家。 所有してるソフトを見直したり、聴き直したりすると新たな発見もあったりしますよね。

    楽しみましょー (^o^)/ Take it easy

    byアコスの住人 at2019-12-17 14:30

  2.   アコスの住人さんご無沙汰です。

    ですね、楽しむ事が趣味の真髄ですよね。
     まだまだ趣味人として、未熟でしたね。

     これから楽しむために、いろいろ弄り倒したいと思います。

    byhanaguro77 at2019-12-17 14:58

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする