グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

tellus 感想

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月09日

来た、見た、繋いだ!

現在注目度抜群と思われるtellusのファーストインプレッションです


仮想アースって信号が通る訳でも電源が通る訳でもないものがどの程度効果があるのか疑わしく思っている方も多いでしょう。

仮想アースを造られた方にとっては仮想アースが効果が著しいことは疑う余地のないこと。
問題は炭の仮想アースと比べてどうなのか?
などと考えておられてるでしょう。

先に後者の仮想アースを造られた方に向けての答えを
以前日記で「ケーブルの質によって効果は大きく変わる」旨を書きましたがそれを圧倒的に再確認するはめになりました。ケーブルによっての音の変化があまりに大きすぎて「tellusと炭式とどちらが優れているか」なんて吹っ飛ぶほどです。
ただ丹誠込めてカット&トライを繰り返して完成した贅を尽くした「グルマン作炭式仮想アース」より上回る可能性を多いに感じました。
そもそも耐用年数、メンテナンス性、使いやすさ、何より美しさがあまりにちがう。
仮想アースを造られた方にもtellusを多いに推奨します。

それでは本題のインプレッションに入ります。

試聴には念のためもう1名の「凄い耳では有るがオーディオ素人K氏(先入観排除のため重宝してます)」を王様席、私は隣で聴きました。

付属したケーブルはオヤイデのPCOCC-A使用配線材1430
さらにキャンペーン中によりシルバー5N平角線が付属します

1 未接続
2オヤイデ1430プレーヤーSCD-DR1
3オヤイデ1430アンプTA-DR1
4未接続
5アンプシルバー平角線
の順に聴きました。
ソースごとにこれを繰り返しました。

まず1で普通に聴きました。
その後2に。
うーむ、これは凄い超低域のブーストぶり。
1でもうお腹いっぱい、もうこれだけ超低域が出ているに関わらずこんなにでるとは・・・ちょっと出過ぎな雰囲気。音楽自体と乖離するほどの超低域です。

3に移ります。まとまりが良いな。超低域はやや減るが全体的に低重心となり骨太。音が濃く、力強い。私の一番の敵である歪も明らかに減りこれは素晴らしい!
Kは「3がいい、2より3が良かった。なんかガツンと来るけど、一番良い。でももともとと比べて絶対よくなったかはなんとも。」

そして4へ。つまり元々の音に。
・・・・・・・・・・なんたるちあ。
私はこんなにしょぼい音聴いて居たのか
腰高で歪が有り、弱々しく貧相極まる音
K「これは嫌いだな。酷い。」
私「これ、最初に聴いたのとおんなじ接続だよ」
K「えっっっっっ!?うそ、そうなの!?」
これは面白い笑
向上した物は元に戻したときに凄みが分かるのです。

さて5に行きましょう
しかし見るからにすごいなこれ。平角ってつまりリボン型なのか?

「うーむ」
ため息をつきました。
こりゃあ難しい。
3より重心が高い。高いのですが、細かい。
3が太い筆で輪郭を書いた物ならば5はそれを濃淡で表します。
輪郭であったところに空気感をまとってニュアンスが豊かに現れます。
人の声では明らかに自然で、本当に人の声に聞こえます。(これがどれだけ難しいことか)
ただ音の違いは甚大ですが、どちらかが良いかはシステムによりそうで難しいです。

ただですね、シルバー平角線が最高とは全く限りません。
世の中まだまだ線は色々有ります。
戦いはまだ始まったばかりです。

てか2台用意してアンプとプレーヤーをそれぞれ繋いだらどうなるのか?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. グルマンさん  初めまして。

    連日の投稿 グルマンさんのオーディオに対する熱い思いが伝わってきます。

    今回「tellus」を取り上げていただきありがとうございました。、
    初めて知った話題の商品。

    Webで探してみるとメリットばかり取り上げ有られている様で?の気もしましたが、奥深い製品のようで、興味がわきました。

    ピタッと合った時の効果の大きさには、目を見張る効果がありそうなので面白い商品だと思います。
    接続ケーブルの材質、各機器における接続位置、方法などで効果に大きな差があるとの事なので、結構大変そうで・・・
    自分の所で導入することになりと、設置までが大変(オーディオラックの後ろでの作業)なうえに、ベストな接続を探すとなるとさらに大変そうで。(笑)
    億劫を解消することも、自分自身の音探しの楽しみでもありますが、如何せん、体調が・・・・今週末にまた、遺伝子検査です。



    >てか2台用意してアンプとプレーヤーをそれぞれ繋いだらどうなるのか?

    これについても興味はありますが、先立つものが・・・

    今後の継続的記事を楽しみにしております。

    by風林火山八王子 at2014-08-10 12:31

  2. グルマンさん、こんばんは
    レポートありがとうございます。

    これは一台で3つ(6つかな?)の機器のアースがとれるんですね。
    一度つないで元に戻すと愕然とすることってありますよね。

    オヤイデのHPを見るとこの上のグレードもあるんですね。

    by小林二郎 at2014-08-10 19:31

  3. 風林火山八王子様
    過分なお言葉誠に恐縮です。
    そして日記を読ませていただきました。

    同じく東京都にお住まいとのこと、私で出来ることがあらば何かお力になれれば心から嬉しく思います。

    tellusを使用して接続箇所によっては副作用も感じられるところは有ると思います。
    そして接続する線材によってあまりに違うことから使いこなしに当分手がかかる厄介な製品であるのも事実です。

    ただ、他に類のない魅力を秘めた製品であることは間違いない物と思います。
    追加実験が何かわずかでもご参考になれば幸いです。

    byグルマン at2014-08-10 21:06

  4. ストラ様

    凄いですよ、本当に。今まで生き残ってるアクセサリーもしくは電源装置はほとんど有りません。結局なんらかの理由で要らなくなる。経験を積んで目が肥えて、アクセサリーにあまり飛びつかなくなってもやはりなんだかんだまた買って、また墓場直行と笑
    その中で、アキュフェーズPS−1210以来の生き残るであろうアクセサリーです。

    これからデンジャラスな実験も追加して御届けします笑

    byグルマン at2014-08-10 21:13

  5. 小林二郎様

    一度に2台の接続、やりました。アースループが出来るんじゃ、と頭で考えるよりも悪く有りません。深みは一番かもしれませんが、ほとんどケーブル次第というのが今回の実験の結論です。ほんとにケーブルでものすごく変わります。電源ケーブルと同じかそれ以上に変わります。

    ・・・それはシルバーテルスも実験しろとのことでしょうか?笑
    気になりますよね、銀のリボンケーブルであんなに情報量が多くて良かったんですから本体に銀がたくさんあったら凄いかもしれないですよね。信号や電源に使う銀のケーブルと違って銀臭さもなかったですし。ええ、めちゃくちゃ気になりますとも。貸してくれないかな4Fの人。

    byグルマン at2014-08-10 21:22

  6. グルマンさん  
    温かいお心づかいありがとうございます。

    この病気になるなんて思いもしなかった自分ですが、死を体験した今、正直死を考えると本当に怖いです。
    数年前に亡くなった母やお年寄りの女性と話すのが好きな自分が、
    「早くお迎えが来ないか?」との問いに、「仏様は、あなたはまだシャバでやる事が有り、修行が足りないからまだまだですよ」と言う事だと思うと結構勝手な事を言っていましたが、「早くお迎えが来ないか?」と言うのが、期待(迷惑をかけないうちに行きたいと言う)と死への不安から出てくる発言だと言う事が今になって理解できました。

    今の自分は還暦を過ぎたばかりですが、近所に住まいする孫に会う楽しみとオーディオとほんの少しですが仕事への情熱だけが気を紛らわせているのが実情です。

    3週間毎の血液検査に一喜一憂している自分がおります。

    八王子に住まいしている自分ですが、お仕事柄お忙しいとは思いますが、お時間が有る時に遊びにいらしてください。

    by風林火山八王子 at2014-08-10 22:10

  7. 風林火山八王子様
    心中察して余り有ります。
    人は生きる欲望(リビドー)と死への渇望(デストルドー)の双方を内包し、その時々によってこれらがせめぎ合い生きて行きます。
    そしてまだ直接お目にかかっては居られませんが、わたしの人生に偶然にもこうして交差され、そしてそれは私にとってはこれからも心に残り続ける出会いとなりました。
    今私に出来ることは、人生の先達にあまりに差し出がましく有りますがオーディオという無為なれど心に灯をともす生涯の趣味になにか彩りを添え、生きる楽しさをわずかながらでも得ていただければと思います。

    少ししゃべりすぎましたことを平にご容赦ください。
    ぜひとも伺わせていただきます。
    ご迷惑を御かけします。

    byグルマン at2014-08-10 22:26

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする