グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

YAMAHAの使用例

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月23日

製品レビューでも書きましたが「YAMAHA TCH・ACP」はとてつもない製品です。

先日夜中に汗だくになりながらルームチューニングを更に低域の残響時間の低減を目指して実験を行っておりました(F特ではもはやあまり捉えられない領域)

そこで使うのが上記のパネル達です。
80hzもしくは120hzから4khzまで「だけを」フラットに吸うルームチューニング界最大の発明品であり怪物です。

低域の周波数改善を狙うルームチューニング材は数有れど、その点だけ言えばコレにかなう物は有りません。しかもこの価格。あなたが神か。

ただ、欠点も大きいです。詳しくはレビューを参照のほどを。
それは「反射音がものすごく駄目。」
残念なカンカン音がします。
なので私はこんな感じで使ってます。

これはQRD DIGIWAVE(大)と壁の間に入れているのです。
これにより反射音は御上品なQRDのまま、低域を根こそぎ取ってくれるのです。

QRDだってものすごい低域を吸いますよ?
でも今回TCHをこうやって裏に追加したらもう勝負にならない。
全然低域がクリアになってしまう。

低域の残響時間が減ったことにより、相対的に高域の早い減衰が目立たなくなり低域がクリアになっただけでなく高域の伸びもあがりました。

今まで「低域を吸うと高域はもっと吸われる」と思われていた方も、これで低域だけ吸うことが出来る。


YAMAHAのパネル、ルームチューニング革命ですよこいつは。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. グルマンさん、こんにちは。
    YAMAHAのパネルだけでも、ルームチューニング界では相当な発明だと思いますが、革命級のパネルではないのですね。

    私の浅知恵だと、YAMAHAにfo.Qなどで鳴き止めさせれば良いのかな?と思っておりましたが、そういったやり方では解決しないんでしょうね。

    グルマンさんの革命的な組み合わせがの音が気になるニッキーでした。

    byニッキー at2014-08-23 12:00

  2. ニッキー様

    いえいえ、革命なのはこの使用法ではなくパネルです。
    ただ、一手間加えたり工夫が必要なだけです。
    この書き方はちょっとしくじりました。

    ちょっと日記の本文に手直しを加えておきます。

    けっしてルームチューニング材との組み合わせでなくとも、シルクのオーガンジーやサーモウールなどで十分対応可能かと思います。

    フォックを使うとヘルムホルツ共鳴すら押さえそうですが面白い視点ですね。
    フォックは沢山所有しているのでちょっとやってみます。

    byグルマン at2014-08-23 12:09

  3. ストラ様

    先日のご来訪が大きな起爆剤となり、また「ルームチューニング鬼」の血が騒ぎ始めました。笑
    御褒めいただきありがとうございます

    低域はさらにYAMAHA TCH2枚を追加で、あの帯域のくぐもり感は根こそぎなくなってしまったのですが、今度は逆に少し明るすぎるかな、というふうになってしまい笑
    仰る通り、ここで高音域を柔らかく拡散して行きたいなと。

    もしここまで読んでのサーモウールの奨めならばもはや神の境地ですが笑

    やはりライブかデッドかは「絶対的な残響時間」ではなく「高域と低域の相対的なもの」であると今回の実験で痛感しました。

    待っているのですが全然浮き雲が届かない・・・

    byグルマン at2014-08-23 13:16

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする