グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

takapalpal氏ご来訪

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年08月28日

オフ会2回目キター!

今回はtakapalpal様。
こんな遠くからお越し下さるとは緊張感に本当に身が引き締まりぷりぷりとした食感が楽しめる感じです。(?)

takapalpal様は本当に精力的な方で、事前にこちらの良く聴くCDを何枚か改めて購入されるほどの情熱です。

こちらとしては、第一回目ストラ氏ご来訪以来更に研鑽を重ねたチューニングでのコンディション。さて、どうなるか。ドキドキ。

そして到着し、オーディオ雑談もそこそこに何曲か再生しました。
まずはわざわざ買っていただいたソースを・・・
上原ひろみ voice
ジャシンタ オータムリーブス
「良く調整されている」とのお言葉。ふうううううううう。とりあえず安堵。

そしてアリス沙羅オットのピアノやサウンドトラック「パイレーツオブカリビアン」「マレフィセント」(新しい映画ですが超低域チェックとして最高です)などのこちらの手持ちのを幾つか。

その後、マシンガンのように持って来ていただいたCDをかけ続けるtakapalpal様。
しかもひとつひとつが「再生の勘所と、難しいところ」をすべて把握してあるこだわりの選曲。

この情熱、この姿勢。本当に頭が下がります。音楽の為のオーディオであると言うある意味当たり前のことを再認識しました。

特に「荒城の月」の女性ソプラノ歌手によるオンマイク独唱。
詳細は覚えてないのでtakapalpal様に後ほど聴きます。
こりゃあ再生がめちゃ難しい。
繊細で、かつ高域が張ります。
シンプルですが、粗のすべてをさらけ出す超難易な曲です。
「おかゆ」「吸い地」に近い物を感じます。
歪、音色、ディテール、情報量、周波数特性などの全てがそろわないと心地よく聴けますまい。
これはオーディオファイル必携の1枚かもしれません。
今晩中にポチります。

そして「ピンポーン」
このタイミングで!
「tube trap」の極太品が届きました。
直径400mm
実際目にすると唸るほどの大きさ。
takapalpal様も詠嘆するほどの太さ。

せっかくですから実験しましょう。うふふw

さて、なるほどなるほど。
クリアーで明るくなりました。
音の広がりがさらにグワッと増し、もう視覚と聴覚の乖離が非常に奇妙な感じ。
アタックも精緻に、かつ強靭に。

しかも何が素晴らしいって、反射音が実に上質
そして吸音系なのに、低域しか吸わない(しかも根こそぎ)から相対的に低域の残響時間が短くなりライブに。

これが長い間厳しいアメリカのオーディオファイルに愛好され、スタジオでもぶいぶい言わせているASCの能力か!

こりゃあすごい!

でも、結局現在の私の部屋にはいらないかも。
すでにF特も残響特性もぎりぎりのバランス。
得る物は大きいですが、現状では結局失う物とフィフティーフィフティーの感じ。
もしルームチューニングがここまで追い込んでなければ「神」になりそうな予感がします。
takapalpal様も「無い方が低域がガッと沈んで良い」「でもありも捨てがたい」
と何とも言えない判断。
なんとなくお蔵入りになりそう。
yamahaのパネルを間引けば良いのかな。
もう少し実験しつつ、yamahaなど他のチューニング材との比較と考察を次号掲載します。

沢山の曲を視聴後(聴いて居て楽しいグルーヴィーな曲が多かったです。もうちょっと色々CDについてメモするべきでしたが緊張してて余裕無かったw)

いやあ、オフ会は新しい何かを発見できる最高の勉強になります。

本日はtakapalpal様、遠いところをわざわざお越し頂き誠にありがとうございました。








次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 初めまして、グルマン様。

    喉から手が出るほど、聴いてみたいです。
    日記も全て読んでおりますが、目標が私とかなり近いと感じています。
    私の場合はあと何年かかるか解かりませんが・・・。

    以前、全ての要素において理想の方がPhileWeb上にいたのですが聴かせて頂く前に9割の機器と求めていく方向性が変わってしまったり、更にはPhileWebから離れてしまった為に聴かせて頂かなかった事を今でも後悔しています。

    アドバイスを頂いたり、お会いできただけでも運が良かったのかもしれませんが・・・。

    勝手ながらお気に入り登録させて頂きました。
    これからも日記を楽しみにしております。

    byNEUROCIDE at2014-08-28 17:43

  2. たいたい様

    過分なお言葉恐縮です。
    日記とマイルームを拝読致しました。
    確かに目標は極めて近しいと思います。
    まず私のこのシステムでの目標である「中庸、普通、癖が無い」とまず間違いなく同じ方向を向いてらっしゃる。
    さらにこの場合の癖が無いとは「悪い意味で何を聴いても無色透明」ではなくそれは「淡白という癖」と思います。
    ヨルマを選ばれたというのがものすごく良く分かります。まさに「中庸」のケーブルと思います。

    avalonのスピーカーは本当に大好きで、理想的な後方展開、歪の少なさ、最高です。
    今でも羨望のスピーカーです。

    幸い遠くは無いようです。
    是非お越し下さい。

    byグルマン at2014-08-28 18:45

  3. ストラ様

    太巻き2本は今まさにハーベスの隣で待機しております笑

    近いうちにtakapalpal亭にお伺いして、ルームチューニング材ではなくスピーカーセッティングのみで勝負の武者修行に出ます。左肩上がりの良い周波数特性を再現できるか、返り討ちの落ち武者となるか笑

    ストラ亭にも近々伺いますのでよろしくお願いします。

    byグルマン at2014-08-28 18:54

  4. グルマンさん 昨日はありがとうございました。

     グルマンさんの調整 下から上まで 非常に聴きやすく 
    お見事!
     逆の言い方をすれば、
    埋もれているもの、突出しているものが無く このことがそれぞれの邪魔をせず、聴きたいところを聴かせてくれる。
     これなら、どんなジャンルでも鳴らしてくれると勝手に想像しました。事実、私の持って行った癖のある音楽を、バランスよく、がしかし、魅力と思っているところを失うことなく、楽しく聴かせていただけました。

     その再生のバランスの良さは、超低域からきれいに整理され、過不足なく聴こえ、それが中高域にストレスを掛けず出ている感じがしました。

     グルマンさんの言われる、左肩上がりで、ブーミーな領域を抑えたスムーズで音楽の魅力を感じる曲線 各周波数にディップを作らない
     これを、イコライザーでなく、ルームチューニング材でやってしまうことは、
     お見事!

     非常に多数のチューニング材、それぞれの特質をメーカー推奨の使い方でなく、耳で理解され、ご自分の目標を達成されている。
    特に歪みに対して、非常に敏感に反応されるそのお耳
     お見事!そして、びっくり!

     ぜひ、拙宅の音楽も聴いていただき ズバズバ指摘していただき、その結果、私の再生したい音楽をに近づけたらと、勝手に都合の良いことを考えました。
     でも、そうすると、グルマンさんの敏感な耳が
    拙宅の歪みで、曲がったり、壊れてしまうか、ちょっと心配!

    bytakapalpal at2014-08-29 02:51

  5.  ちょっと 忘れました!
    あのでっかいチューブトラップ 
     その調整能力は素晴らしく、結果 その明るい音楽も良かったですが、私も無いほうが好きです。

    bytakapalpal at2014-08-29 03:02

  6. takapalpal様

    こちらこそ遠路はるばるいらしていただき誠にありがとうございました。
    過分なお言葉、汗顔の至りです。

    オーディオショップやメーカーのほとんどはスピーカーセッティングのノウハウを教えません(あるいはそもそも能力が無いのではないかと)

    2年前新しいSPを搬入した際に都内某超有名高級ショップの若手の方がこう言いました
    「壁に近づけると低音が増えます」
    ガチョオオオオオオオオオオオオンン!
    衝撃を受けました、色んな意味で笑
    若手とはいえこのショップで長いこと働いていてこの有様とは・・・
    セッティングが悪ければ幾らルームチューニングしても無駄です。
    「売らんかな」という考えしかないのでしょうね、どのショップも輸入代理店も。

    どこまで歯が立つか分かりませんが、全身全霊でセッティングさせていただきます。
    目標は「全体のフォルムは部屋の力を借りて20HZまで左肩上がり。出来ればディップをルームチューニング材で対策しにくい60未満に作らず、それ以上の帯域のピークディップ、ブーミングはYAMAHA、tube trapなどでいかようにでも出来るので今回はスルー」
    これをなんとか位置調整のみで目指そうと思います。

    byグルマン at2014-08-29 08:33

  7. グルマンさん
    今晩は〜

    takapalpalさんに襲撃されたのですね!
    takapalpalさんの情熱に触れると、迎える側も触発されてしまいそうです(笑

    しかも、三河まで進駐されるのですか〜
    あの「遊び部屋」は手強くて面白いですよ〜
    「ド迫力の音楽表現」は普通の感覚では細かい事はぶっ飛んでしまいますが、そこはグルマンさんの「繊細」セッティングで楽しんで下さいね!

    いつか、皆で遊べると良いですね!

    では、では

    byバズケロ at2014-08-29 22:55

  8. バズケロ様

    実は同じくニアフィールドかつ同じようなセッティング思想かつ憧れの石井式であるバズケロ様の音も非常に聴いてみたいのです笑

    なかなか面白い音であるとのこと、今回の三河遠征は楽しみと歯が立たないかもしれないという恐れが同居した複雑な気分です。

    byグルマン at2014-08-30 10:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする