グルマン
グルマン
高校生の頃、引っ越しを契機に買ってもらった最初の真っ当なシステムがマランツとモニターオーディオ・・・ そこから始まったのです、波乱万丈のオーディオの旅が・・・ 私の耳はちょっとおかしいのです。…

マイルーム

ルームチューニング地獄変
ルームチューニング地獄変
持ち家(マンション) / 専用室 / オーディオルーム / ~2ch
〜「嗚呼、うるさい」〜 ルームチューニングにとんでもなく傾倒しました チューニング材はおびただしく購入してしまいました。 もう書くのも億劫なほどの種類と数・・・ それはすべて「うるさい音を…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

canarino fils5 vs グルマン新型自作PC

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月18日

全世界が注目する PC の殴り合い の結果が先ほど出ました

正直私が一番意外でしたが 自作 PC の圧倒的な勝利でございました
SN 比 パワー 歪みの少なさ クリアネスcanarino fils5にJCATの6万円もするlanカード、しかも本体にもlanカードにもフィデリックスの電源を奢っているのに!!!!ひいいいい!

さて なぜこのような結果になったのか
散々 PC をいじってきた(ソフト的な知識は乏しいのでハード的に) 経験からすると いくつか 思い当たる節があります
#1PC のケースは金属でガチガチに覆われてはならない
それは前回書きました通り ノイズの逃げ場がないからなのでしょう 私の PC は片側のガラスすらも撤去した結果 さらに音が向上しております 振動面がどうとかよりもノイズの方がはるかに大きい またそれは CPU の クロックを落としたところで 全然減りません いくら軽いソフトでも アトムとかではカスみたいな音にしかならない事は散々体感しております
#2CPUの差
今回はroon HQ Player さらにclosedM(chordと近似したfir100万tapフィルター)など重い動作のためcanarino fils5 core i5 8400と自作i7 8700との差が出たかも…でもあまり関係なさそう

#3 SSDの接続の差
m2とsataの差は速度的にf35と零戦並みの差があります
しかもmother boardに直刺しは有利で当たり前、これは大きそう

#4motherboard
私の方が同じAsusでも高級であります
うーむ、多分あまり関係なさそう
#5電源
アナログ電源はいかなる場合でも尊いと考えているオーディオファイルが多いですがそれもまた PC 業界に流布する宗教の一つだと思っています
例え全電圧をアナログで揃えるにしても言うほどよくならないのです、優秀なスイッチング電源に敗北もし得る
恐らくそれは"アナログ電源が遅い"、これに尽きるのでしょう。

まとめると
1つ、ケースは頑丈な必要なし、むしろ無いほうが良いレベル
2つ、アナログ電源礼賛はルネサンス以前の美術の如し
3つ、全てにおいて速度は正義の可能性高し
4つ、FANの電気的ノイズは(物理的な音はおいといて)ほとんど悪さしない、視聴中に抜き差しするよりインシュレーターを数ミリずらすほうが音が変わる

多くの業者を敵に回しそうなこの内容、しかも結果逆に安上がりになってしまってます
windowsの色々をカットするより誇張なしに1000倍は改善しますよ、特にケース無しは!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. グルマンさん、こんばんは。

    canarino fils5 の完敗で、自作PCのケース無しが良かったとは驚きです。
    風通しの良いケースだとファンの音とか大丈夫ですか?
    私のミドルタワー型PCは、ケースでがっつり囲って動作音が 28.4dB です。

    byレパード at2019-08-18 17:55

  2. レパードさん

    私も驚きです、というより一介のオーディオファイルの経験則の産物をコンピューターのプロの作品が上回って欲しかった…安くなかったですし笑

    ケースは風通しどころかケースと呼べない?状態ですが、逆に温度が上がらずケースFANもCPUFANも500回転ちょっとで静穏FANなのもありおそらくFANのデータシートから類推するに併せても25dbあるかないかと思われます
    電源のFANは無音レベルです。
    CPUクーラーのヒートシンクは冷たいですし、ケースFAN無しで行けるかもしれません。ハイパフォーマンスに設定しているのですがねえ

    しかもまだ一番の肝である"motherboardのネジ"は換えてません、なぜか異常に変わるんですよね、グラウンドの絶対不可避な経路だからなのか、ネジでグラウンドがループしているからなのか?
    チタンかプラスチックが良いんですよ…

    byグルマン at2019-08-18 18:12

  3. グルマン さん こんにちは

    最終的には水槽にオイル漬けされるのでしょうか?
    市販品は自作よりも、少しづつ何処かでコストを下げる為に
    良い部品が選ばれてないと、いったところではないでしょうか。

    byYuho... at2019-08-18 18:24

  4. yuhoさん
    オーバークロッカーみたいに殻割って液体窒素かオイルか…それする前にxeon系とスーパーマイクロの組み合わせを聴いてみたいです笑

    まあ見映えを良くしないとマニアに売れない上に、ファンレスでないと売れない。ファンレスでハイパフォーマンスCPUでオーディオコンポーネントライクな見た目だとこのケースしかない、といった所でしょう。事実めちゃめちゃカッコいい質の高いケースでビックリ。

    でもデジタル系は蓋が無いほうが音がいいといっても熱伝導的にアクリルにしたら死にますので製品的に仕方の無いこと。決してケチはつけられません。つけられませんが、もう少し音を良くして欲しかった。

    byグルマン at2019-08-18 19:35

  5. グルマン様。こんばんは。

    投資額の割に何ともサラリとした結論で;^_^)
    とっても参考になります。ありがとうございます。

    bynightwish_daisu at2019-08-18 19:38

  6. nightwish_daisuさん

    予想では"さすがcanarino、完敗です。さて、職場で自作PCを使うことにするか"となる予定だったのです。どうしたものか…震えます

    byグルマン at2019-08-18 19:47

  7. グルマンさん こんばんは。

    canarino fils5を職場で使うことになるのでしょうか。私が昔つかっていたPCケース、自作erでも知る人ぞ知る通称 "まな板"のことを思い出しました。

    byhigh speed at2019-08-18 21:22

  8. high speedさん

    いやあ、これを職場で使うのはさすがにないかな、と…笑

    まな板も使っていました!
    それ系だと金属の奴よりアクリルの物がビジュアル的にも音的にもお気に入りでした。
    当時高価な星野金属製アルミケースよりも何よりもまな板のほうが音が良かったのです。
    なのでずーっとまな板系でした。久しぶりにケースを買いましたが、結果的にはまな板とほとんど変わらない状態に…笑

    byグルマン at2019-08-18 21:39

  9. グルマンさん、こんばんは。

    電源についてですが、今回の結果を拝読していて、最近輸入が復活したsoulutionのアンプの電源の仕様変更がふとオーバーラップしました。
    soulutionのフラッグシップの超弩級機も今回スイッチング電源に変わったのですよね。確かにsoulution の音の傾向からして良い方向に行きそうに思えます。新型まだ聴いてないけど。
    あとはMetgingのNADAC Playerのroon部はスイッチング電源で他はアナログ電源にしている事とかも関連して頭に過りました。
    やはり狙う音と用途により適材適所があるのでしょうね。
    何にせよ思考停止で習慣に倣えはいかんな〜と自分にとっても気づかされる日記でした。

    bykanata at2019-08-18 21:52

  10. グルマンさん、こんばんは。レポートありがとうございます。

    全世界が注目する PC の殴り合い、とありますがCPUの違いから、
    ヘビー級とミドル級の対戦に思います。

    自作PCのCPUをcanarino と同じcore i5にして 同じ階級で対決されてはいかがでしょう? またはcanarinoのCPUをcore i7にUP。

    違う階級での殴り合いでは、結論出すには早い感じします。

    byYongJoon at2019-08-18 23:03

  11. YongJoon様 横から失礼します

    結論を出すには早いと言われますが、
    電源からマザーからケースまで何から何まで違いますのですよ?

    こういう構成・条件で比較したらこうだった。
    それだけの事です。

    なお、
    i5とi7の違いについてはグルマン様からの回答を待つまでもなく本文中に「あまり関係なさそう」とのご考察。グルマン様のメッセージであるケースの影響を丸無視され、CPUの違いだけに注目する姿勢はあまり感心しません。

    bynightwish_daisu at2019-08-18 23:41

  12. グルマンさん

    非常に興味深い日記です。
    特にケースに関しては、これまであまり試行錯誤したことが無いので大変参考になります。

    私自身は、Core i7 7700Tの2台構成のJPLAYfemtoのシステムとLatte Pandaを中核としたRoon+HQPlayerのシステム(MFPC)の2系統を使用しており、低速・低ノイズのPCが唯一無二の選択肢という立場ではありません。

    MFPCの方はMFさんが細部までチューニングされた軽量PCを使用していますが、JPLAYfemtoのシステムは物量投入型です。細部までチューニング出来ないのなら物量でカバーした方が成功確率が高いことは事実だと思います。あまり公表されていませんが、MFPCシステムの一角でも必要に応じてUltra M.2やDDR4-2666等のパーツを使用しています。

    グルマンさんの日記では、HQPlayerとRoonをどのような設定で使用しているのか今一つ不明で、結論の真偽は正直判断しかねます。

    >今回はroon HQ Player さらにclosedM(chordと近似したfir100万tapフィルター)など重い動作のため...でもあまり関係なさそう

    とありますが、私が試した限りでは、ここは大いに関係し、これだけでi5 8400に勝ち目は無さそうに思えます。

    ちなみにMFPCのシステムではDSDとPCMのフォーマット変換や複雑なフィルター処理はしません。

    私の経験からは、フォーマット変換、サンプリング周波数変換、複雑なフィルター処理をHQPlayerで実施するなら、i5では電源やその他条件の如何にかかわらずi7と伍すことは難しいです。多コアのXEONならもう一段良くなるかもです。メモリー速度も音に効きます。HQPlayer4では更にその傾向が鮮明です。

    低速CPUや低速RAMなどが良いのは、PCの構成、OS、再生ソフト、ネットワーク等が最適に設定された場合のみかもしれませんが、その条件が満たされれば素晴らしい再生が可能となると思っています。

    byのびー at2019-08-19 05:01

  13. グルマンさん  

    いつも大変楽しく拝見しています。
    とても、興味深い結果ですが、
    「ケースは頑丈な必要なし、むしろ無いほうが良いレベル」

    これについては、我が家の場合、ラズパイをネットワークトランスポートにして、DACへSPDIF同軸出力していますが、アルミホイルなどで、囲むと画期的に音が良くなります。

    ラズパイの場合、当初は、穴あきアクリルケースでしたが、ある時、アルミホイルで、ざっくりと覆うと、聴き疲れの少ない音に改善しました。
    なお、金属製の密閉ケースは、試したことが無いので、現状ではノイズがあちこち漏れているとは思いますが、外部からの電磁波などの影響は減っていると思われます。

    「全てにおいて速度は正義の可能性高し」については、ノイズの発生時間(処理時間)は、速度に反比例すると思われるので、ノイズは短いほど影響は少なくなると思います。
    一方、速度の速いCPU基板が、大量に電気を使用している場合は、全体的な動作ノイズが増えるかもしれません。消費電力が少なく、早いものが良さそうに思えます。

    byスイートサウンド at2019-08-19 05:49

  14. nightwish_daisuさん、言葉足らずですみません。

    >i5とi7の違いについてはグルマン様からの回答を待つまでもなく本文中に「あまり関係なさそう」とのご考察。

    JPLAY旧版ではDACLINK700を出すにはi5以上が必要との吉田苑レポートがありました。2016年か2017年ごろの話です。CPUの違いは結構あるそうです。うちのオーディオ専用PCはi3で全く無理の値でした。

    よって同じCPUの比較でないと、canarino と 自作PCの比較では 同じ階級での比較にならないと思います。

    のびーさんも以下ご意見です。
    >私が試した限りでは、ここは大いに関係し、これだけでi5 8400に勝ち目は無さそうに思えます。

    >こういう構成・条件で比較したらこうだった。それだけの事です。

    事実のレポート以外に、推測がありその推測の結論出すには早いと思います。

    例えば
    >恐らくそれは"アナログ電源が遅い"、これに尽きるのでしょう。
    という結論は出すには早すぎると思います。

    ケース影響も、同じマシンで ケース無しが音が良ければ事実確認になる話と思います。

    byYongJoon at2019-08-19 07:34

  15. kanataさん

    なんとsoulutionがスイッチング電源になったのですか
    コスト笑みたいなメーカーですからよほど意味があることと思います
    大切なのはおっしゃるとおり思考停止を無くし盲信を無くすことだと思います。良いと思っていた信条をあっさり棄てる事が出来れば、と。

    byグルマン at2019-08-19 08:32

  16. YongJoon様

    "アナログ電源が遅い"という件について。
    パソコン雑誌で電源ユニットの比較記事を見てみると良いかもしれません。

    高速負荷変動に対して出力電圧の変動が小さい、元通りに復帰するまでの時間が短い(応答が速い)、またその集束波形がハンチングなく綺麗なのが電源を評価するうえでの一つの尺度かと認識しております。

    bynightwish_daisu at2019-08-19 09:07

  17. nightwish_daisuさん レスありがとうございます。

    アナログ電源が遅い のは以前聞いています。DELAやFIDATAが初期アナログ電源でなくスイッチング電源利用であったのは 高速ディスクアクセスに不向きであった為との事です。

    ただそれはHDD SSD共通設計である事が前提にされているのが理由と思います。

    うちのオーディオ専用PCは1TBSSDですが、付属のACアダプターよりは エーワイ電子のアナログ電源が良かったです。逆木さんのレポートにもありますね。

    byYongJoon at2019-08-19 09:13

  18. よん様

    おっしゃりたいことはよくわかります正論でございます
    しかし…
    CPUに関しては軽めの動作同士でも聞き比べたことと、以前CPUだけ換装したりダウンクロックなどをゴリゴリ試した結果、同じメーカーと世代のCPUなら倍程度の周波数差がないと明確な差が出なかったのですよね
    重い動作でも192KHZまでしかあげていないので(スフォルツァートの仕様)CPU使用率も低く、やはり関係性は薄そうかな、と。
    同じマシンでケース換装なんてもう飽きるほどやっております。
    おそらく想像しうるあらゆる実験は通過しております。
    同じ CPU でマザーボードだけ変更した場合どうなるかとか
    同じマシン同じ構成で、だんだんとアナログ電源を入れていったらどうなるか、とか
    最終的にはFANまでアナログ電源にしてみたり笑
    全電圧の膨大なアナログ電源を投入しました。
    結果"夥しい犠牲のわりにそんなにいいことないなあ"でした笑
    PC系アクセサリーの類いも大体買い揃えました。
    ノイズフィルターの類いからメモリーシールドの類いなどなど…大体音質悪化しましたが。特にシールド系笑
    もちろんmotherも色々手を加えた経験がありますが、チップに銅板貼ってもsnは改善すれども癖が載って痛し痒し、ケースに入れたみたいな歪みが。やはりシールドしてはいけないようです
    ソフトの知識に乏しくMF神のような離れ業が出来ない分ハード的な所しか強力に詰められない分、やりつくた感があります。

    しかし今回は純粋に"経験則から素材に吟味を尽くしたけど高いパーツはないお手軽pc"対"プロのレストランの一皿"の対決であり、もちろん この対決から 細かいようその断定はできないとおっしゃるのはよくわかりますし正論です
    冗長なので書いてはおりませんがこういった背景が無数にあった上での今回の視聴の推論であるとお考えください
    次の実験の予定では

    canarino並みの 金額のXeonの基盤、当然スーパーマイクロ試聴でございます

    私の中で最もマザーボードの音質に影響するものはグラウンドの引き回しです ただしグラウンドの引き回しを 強く意識しているメーカーは現在地常にスーパーマイクロしかありません ASUS であったとしても 多層基板と ベタアースで逃げている 節があります 極力大きな電流を最も短い経路で逃すそんな 配置をしているのはスーパーマイクロの製品のみのようです
    200枚ほど マザーボード観察の結果ですが

    byグルマン at2019-08-19 09:13

  19. thanks Mr. nightwish_daisu

    byグルマン at2019-08-19 09:14

  20. のびーさん

    おっしゃる通りで ソフトの設定や ソフト自体の 兼ね合いによって必要な CPU パワーは変わってしかるべきでしょう
    今回 書いてはおりませんが色々な設定で視聴はいたしました そんなに CPU パワーがかからない 設定でも順列は変わりません
    加えて さっきのコメントに書きましたが スフォルツァートの使用で192khz までしかアップサンプリングできないのでいずれにせよあまり CPU のパワーは必要ではなく占有率も 一桁台でございます
    何でしたら アップサンプリングなしでも視聴しましたが やっぱり駄目でした

    canarinoに関してはCPU の問題ではなくそれ以外の全てが問題であろうと推測しております
    てか換装してそんなに良くなる感じならもう梱包すませてません、高かったんですから泣
    ただubuntu時代でも CPU パワーは高い方が良かったんですよね…ウルトラ軽量級のはずなんですが
    私の夥しい実験はubuntu時代に最盛期を迎えたもので…一度"CPUだけハイパワーに変えたmfpc"を聞き比べてみたいです…i9 9900K買うので…TDP95Wとか絶対嘘、もっと熱い笑

    byグルマン at2019-08-19 09:30

  21. nightwish_daisuさん

    電源の話忘れてました
    そうなんです、応答性がオーディオファイルはあまり気にしてない雰囲気があります
    実働での動特性が大切なはず。
    電源を聴いたところそこら辺が一番関係が大きいと思いました
    そこら辺のスペックは認証ゴールドだplatinumだとか、日本製コンデンサが、とか関係なくスイッチング自体の方式、設計の問題のはずです
    やはりマグアンプとかが理想なのか!?
    逸品館の電源、気になる!

    byグルマン at2019-08-19 09:41

  22. グルマンさん

    あいかわらず刺激的な実検記事ですね。いろいろな切り口での比較や追究のネタであふれていますから、みなさんのコメントも含めて興味津々です。

    PCというのは、ハードのようでいてOSや通信など各モジュールはソフトの側面が強いです。また、音楽ソフトも機能別のコンポーネントで構成されているようで、のびーさんの仰るようにソフトとPC、ボード、各種設定との相性もあるようです。そういう意味で比較優位や最適化というのも融通無碍なところがあるのだと思います。

    だからこそオーディオ専用PCの評価は大きく毀誉褒貶しますね。私自身は、吉田苑東京出張所のデモで、一時期はすっかりPCオーディオへの評価は地に堕ちました。

    http://community.phileweb.com/mypage/entry/2408/20160203/50197/

    これはもう比較というより、オーディオの絶対レベルとして、ぜんぜん一定のレベルには達していなかったというわけです。

    ところが、のびーさんとの交流にMFさんが合流して、PCオーディオの議論がぐっと深まりました。それでも私自身が導入する気になるまでは、何回もの試行が重ねられたわけです。(弊日記「PCオーディオを、見て、触って、聴いてみるオフ会」シリーズご参照ください)

    その試行の過程でファイル再生の比較になったのはSONY HAP-Z1ESでした。当初のMFPCは、HAP-Z1ESに返り討ちにされていたのです。そういう意味でHAP-Z1ESはファイルオーディオの基準器です。

    グルマンさんも、確かHAP-Z1ESをお持ちのはず。これを基準として、専用PC、自作PCは比較してどのようなレベルにあるのでしょうか。

    byベルウッド at2019-08-19 11:57

  23. ベルウッドさん

    吉田苑の記事、大変面白く拝読致しました
    fundamentalを高評価頂きありがとうございます笑
    どうもダイナミックレンジが足りなかったようですね
    PCオーディオを"普通に""USB接続"でやると非常に良く起きる現象です。 というよりも よほど反則技を使わない限り USB 接続でよくできたCD再生を超えるほどダイナミックな音が出せるようにはなりません
    いや、音は細かく音場のクリーン感はPCオーディオに分があるとは思いますし、その先を求めてPCオーディオ野郎共は暗闇の荒野を開拓して行ったのですが

    私はそれをおそらくはノイズの問題であろうと想像をしておりますが、よくわかりません


    お互いHAP-Z1を魔改造 しておりますが笑魔改造されたHAP-Z1ESのUSB出力は良く出来たPCオーディオほどのクリーンさ、細かさはないものの遥かにダイナミックで自然と思います。

    さてHAP-Z1ESとの比較なのですが…
    USB接続対ipv6(mfpcも途中経路で使用しているようですね)によるLan DACなので比較になりにくいですが

    何れもダイナミックレンジに大きな差はない(存分にある)としてのオーディオ的総合力では
    Diretta Lan DAC(自作)〉〉Diretta (canarino)〉〉Lanによる所謂ネットワークオーディオ(dst-01)〉〉〉〉chord blu mk2 CD再生〉HAP-Z1ES USB to blu mk2
    となってしまいます
    それはおそらく"USB接続の限界"によるもの、と思います。Lanには勝てない、と。情報量が圧倒的なのです。そしてかのPHILIPSメカを搭載したblu mk2のCD再生も遠く追いやるほどでした。
    うーん、信じていただけるかどうか…

    byグルマン at2019-08-19 13:07

  24. グルマンさん

    確かに、いまやHAP-Z1ESには「USB接続の限界」というものを感じさせますね。ファームウェアのバージョンアップでUSB出力が可能になった時点では、USB-DACの新展開を感じさせたのですが、デジタルの流れは速い!

    今回のガチンコ比較は、ともにiPv6での出力をLAN-DAC/Direttaで受けるという勝負でしたか!これはちょっと次元の違うステージでの比較ですね。大変お見それいたしました。

    それでも自作PCの圧勝?

    それはぜひ聴いてみたいです。同じCDとそのリッピングとの比較でもchord blu mk2のトランスポートと大きな優位性があるのか?いろいろ聴き手の重点の置き方が変わっても普遍の評価たり得るのかどうか…等々、大注目です。

    それにしても、ついに、iPv6でのLAN-DAC時代に突入なんですねぇ。

    byベルウッド at2019-08-19 18:12

  25. ベルウッドさん

    いやいや、ipv6がこれ程優位とは想像出来ませんでした

    リッピングとblu mk2のCD再生ではもうあまりに情報量とsn比が違いすぎて、もうトレイの蓋を開けることはありません。買って失敗したコンポーネント第一位です笑

    しかもipv6でなくともネットワーク再生の時点でどうしようもない差でありまして、ええ
    是非とも差を聴いて頂きショックを受けてもらいたいです

    byグルマン at2019-08-19 23:37

  26. グルマンさん、こんばんは。

    グルマンさんの記事を見て、私の考え等をレスしてみます。

    > #1PC のケースは金属でガチガチに覆われてはならない
    ケース内のノイズは大きいです。
    そのノイズを拾っているのは… 電源のDCケーブルでした。
    私の場合、マザーボード近くを這わせているケーブルにシールド処理しました。
    効果は大きいです。

    > #2CPUの差
    私の場合、消費電力の低いCPUを選んでいます。
    理由は電源容量の少なさからです。
    電源はpicoPSUという製品を使っていて、容量が120Wです。
    3種類の製品から選別しました。
    picoPSU-120、picoPSU-160-XT、picoPSU-120WIの中から一番低ノイズのものがpicoPSU-120だったからです。

    この電源では消費電力の多いCPUは無理と考えました。
    理由はもう一つあります。
    ファンレスで冷却したかったからです。

    ファンから出るノイズは音もそうですが、電気的なノイズも大きいです。
    これを避けたくてファンレスにしました。

    > #3 SSDの接続の差
    私の場合、SATA接続を選んでます。 
    ストレージから電源ケーブル経由のノイズを対策したかったからです。

    byしゅんかん at2019-08-20 04:58

  27. 続きです。

    > #4motherboard
    メーカーの違いを試しました。
    ASUS > ASRock > MSI でした。
    ただし、ノイズ対策を行った後ではメーカーの違いは感じられなくなりました。
    ちなみに、OSの違いも感じられなくなりました。
    ノイズ対策の内容は
    ・AC100Vのノイズ対策
    ・DCの高周波ノイズ対策としてフィルタを追加
    ・DCの低周波(可聴域)ノイズ対策としてフィルタを追加
    ・DCケーブルのシールド
    ・グランドループ対策
    ・アースへノイズを逃がす
    ・アース経由のグランドループ対策
    ・LANケーブル絶縁化とシールド
    ・アースのノイズ対策としてフィルタを追加
    等でした。

    > #5電源
    私もスイッチング電源が結構良いかなと思っています。
    内部抵抗の小ささと電流出力の変動に対する応答の速さでしょうか。

    でも、私の環境ではあまり関係ないかもしれません。フィルタを入れているからです。
    このフィルタはローパスフィルタでもあるため、電流出力変動はほとんどフィルタが吸収します。
    ちなみに、フィルタを入れてないと電流変動はDCケーブル等の微小な抵抗により矩形波の電圧を発生します。
    この変動は周辺へ影響するようです。
    フィルタを入れると電圧変動は緩やかになり周辺へ影響しにくくなります。



    > しかもまだ一番の肝である"motherboardのネジ"は換えてません、なぜか異常に変わるんですよね、グラウンドの絶対不可避な経路だからなのか、ネジでグラウンドがループしているからなのか?
    > チタンかプラスチックが良いんですよ…
    マザーボードを固定するネジ、私の環境でも悪影響が出てました。
    グランドループを起こしていた様です。
    対策はケースからの絶縁でした。
    ですが、アースをとる必要がありました。
    そのためマザーボードの一点とケースの一点でアースを取り、ループしない様に気をつけてます。

    グランドループ対策は大変です。



    私の環境はLAN経由でリモートデスクトップにより操作しています。
    これにも問題があって、リモートデスクトップを起動したままでは音がだんだん変化していきます。
    なので音楽再生を始めたらリモートデスクトップを終了させないといけないのです。
    理由は不明です。
    LANケーブル絶縁化はその対策でもあります。

    byしゅんかん at2019-08-20 05:00

  28. しゅんかんさん

    電撃のような刺激的で興味深い、示唆に富みまくりのコメントありがとうございます

    コメント欄で消費するのが惜しすぎる気がしますがやっちゃいます

    まずDCケーブル、わかります
    原始的ですが私はケーブルの古典的作法に乗っ取り凄く捻って縛り、捻りを維持しています(理論的には強力)
    また、ノイズビートテープも巻いていた時期がありました。やはりケースはないほうがいいです笑


    電源ですがpicoシリーズ持ってました!
    ファンレスで攻めるなら必須です
    もっともケース無しですと化け物みたいなヒートシンク使ってましてmother boardにはファンレスでしたが、電源すらファンレスとなると確かにそうなります。

    そしてなによりmotherboardへの対策が面白すぎる!
    私も実験的にssdやFANなどの電源のフィルターや分離してアナログ電源とかやりましたがレベルがちがう。


    フィルターについてご教示下さいませ!


    あとPCのネジレペルのグラウンドループを理解しておられる方がおられたことに驚愕しております
    ただ注意せねばならない点があります
    PCIスロットのバー(言い方がわからない笑)にグラウンドが導通していることがあり、一点グラウンドとするならばもしかするとネジは全て非導電の必要があるやも

    byグルマン at2019-08-20 07:46

  29. グルマンさん、こんばんは。

    アナログ電源がベストではないという記述をされていましたが、その通りだと思います。精度の高いPFCを持ったスイッチング電源ならデジタル信号に良くない種類のノイズはほとんど出てこないです。デジタルで問題になるノイズとアナログでのそれはすべてが同じではないので。

    驚くのは、実際の音質評価でそれに気づく感性の高さです。重くて高価なアナログ電源のほうが良く見られがちなのですけれど。

    最終段のパワーアンプがアナログならアナログ電源をいいものにするのが正しいですが、デジタル部は全てスイッチングでもいい線いきますね。当方の実験では

    DAC -> 真空管プリ -> D級パワー -> スピーカー

    では、DAC とプリだけアナログ電源にしたときがベストでした。

    余談ですがPC(USB)よりラズパイ(I2S)のほうが音がよかったです。電源の重量に騙されなかったグルマンさんにはおすすめしたいです。

    byhirofukuya at2019-08-21 00:45

  30. グルマンさん、おはようございます。

    > 原始的ですが私はケーブルの古典的作法に乗っ取り凄く捻って縛り、捻りを維持しています(理論的には強力)
    捻るとコイルの成分が加わり、電流変動の高周波成分へのインピーダンスが増します。
    高電流を通すケーブルを捻るのは止めた方が良いです。 



    > フィルターについてご教示下さいませ!
    HDD/SSD用フィルターです。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4974/20180205/58448/
    コンデンサには内部抵抗の小さく高周波特性の良い物を使った方が良いと思います。
    この記事は古いので、今なら↓の様なコンデンサにしていたと思います。
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08057/
    http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-08299/



    CPUへ供給するDCの低周波(可聴域)ノイズへのフィルターです。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4974/20180514/59450/
    こちらのフィルターはアモルフィス系素材のコアを使います。



    CPUへ供給するDCの高周波ノイズへのフィルターです。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4974/20180620/59761/
    部品は変更しています。
    コモンモードチョークコイルはフェライトコアへ銅線を3回巻くだけです。
    コンデンサは上述の薄膜高分子積層コンデンサー10μFです。
    こちらのフィルターは、フェライトの性質を使ってノイズを熱へ変える事が目的です。
    フェライトコアは必須です。



    電源の構成は、あまり見かけない方法を採っています。
    http://community.phileweb.com/images/entry/594/59450/2L.jpg?1526239472
    picoPsu用ACアダプタの他にCPU電源用ACアダプタを用意しています。
    そしてpicoPsuの12Vに連動してCPU電源をONOFFさせてます。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4974/20180427/59304/

    これは、グランドループ対策です。
    CPU電源用ケーブルは12V・GNDの配線がされてますが、GNDはマザーボード側でも導通があり、2経路のGNDがある事になります。
    picoPsuからCPU電源を供給すると、この2経路でループを起こして音質劣化を招いてました。
    ループを切断するには、2個の電源を用意してマザーボード上の1点でGNDを繋ぎました。

    byしゅんかん at2019-08-21 10:07

  31. 続きです。

    CPUへ供給するDCの低周波(可聴域)ノイズへのフィルターですが、大容量コンデンサを使っています。
    そのおかげでコンデンサの突入電流が大きすぎます。
    ACアダプタが突入電流で止まってしまいます。
    これを防ぐ為のソフトスタート回路が必要です。
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/4974/20180403/59029/
    これをACアダプタ・低周波(可聴域)ノイズフィルター間に入れます。



    PCIスロットのカバーはGNDに繋がっています。
    他にも、マザーボードの背面側の端子用カバー(I/Oシールド)、HDD固定ネジもです。
    SSDも品物によって固定ネジがGNDに繋がっている物があります。
    このあたりはテスターで導通を確認しながら組み込む必要があります。
    絶縁処理は大変です。

    byしゅんかん at2019-08-21 10:08

  32. hirofukuyaさん

    そうなんですよ、良く多くのオーディオファイルは"そこらのオモチャacアダプター"と"アナログ電源"を較べますが そりゃ安い AC アダプターは ノイズが 盛り沢山なわけですから アナログ電源が勝つに決まっています しかしよくできた スイッチング電源は リップル はもちろんのこと よくありがちな3端子レギュレーター 例えば わが家にもたくさんある 笑 エーワイ電子さんの アナログ電源の中にも 当然使用されていますが、 それらの 出す スパイク状のノイズ なども優秀なスイッチング電源は無縁ですし高調波ノイズに関しても抑制されており スピードも含めて直流電源を供給するという一点においては優秀のはずです

    しかしながら使用する部位において 優秀なアナログ電源に土をつけられることも往々にしてあります。
    私も出川電源とか使っておりますし。
    やはり求められるスピードの違いなのでしょう
    CPUは4GHZを6coreとかで100W以上喰うわけですから…

    でも真空管プリとD級アンプの組み合わせは合理的で素敵ですね

    ラズパイがdirettaに対応とか聞きますし気になりますね

    byグルマン at2019-08-21 16:31

  33. しゅんかんさん

    うおお、これはなるほどエグい

    CPUとかには当然 マザーボード2 電源平滑用の OS コンデンサやチョークが たくさん搭載されていますが まあそんなものでは不十分であるということなのでしょう 恐るべき内容と情報量なのでちょっと 拝読に時間がかかります

    byグルマン at2019-08-21 16:34

  34. グルマンさん、こんばんは。

    マザーボード上のVRMのコンデンサは足りてないと思います。
    CPUへ供給するDCの低周波(可聴域)ノイズへのフィルターを作ってて気が付いたのですが、VRMの出すノイズは大きいです。

    フィルターのコンデンサはそのノイズを吸収する役目も持っている様です。
    コンデンサからマザーボードへ繋ぐケーブルが長いとノイズを吸収しきれずに音が悪くなるので15cm程にしてます。

    Web上で検索した所、CPU電源を独立させる事と、CPU電源コネクタにコンデンサを繋ぐ事については先例が各々1件ありました。
    どちらもPCオーディオ関係で、PCのノイズ対策に苦労してる様です。

    一点追記しておきます。
    フィルター・ケーブル類はシールドが必要です。
    シールドしないとそこからノイズが侵入して音が悪くなります。
    シールドといってもアルミ箔を巻く程度で効き目がありますが…

    byしゅんかん at2019-08-22 22:41

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする