ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) M…
所有製品

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

CDPの「整振」にチャレンジ - MUSICAL FIDELITY CD2の場合

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月27日

こんばんは。
しばらく当地では雨が降りませんで
そのせいもあり、空気が乾燥して、風呂上りのベビーローションでの
肌の手入れが欠かせませんでした。。。
この2日間の雨で、なんとなくお肌も心もしっとり。。。
ちょっと潤った感のある恵みの雨でした。

さて、前回の日記で、真空管アンプのセッティングを試みたのですが
思った以上に効果があったことに気をよくして
今度はCDPのセッティングに挑戦してみました。
以下はそのレポートでございます。

セッティングしたのは、 MUSICAL FIDELITY CD2という古い機種です。

DACチップは、SANYO LC7881という16bit 4倍オーバーサンプリングの
いちおうマルチビットDACだそうで、メカも SANYO製だそうです。

ちなみにMFは、CDPにSANYO製のものをよく使っている印象があります。
この機種には、CD2 WOODというサイドウッドのついた上級バージョンもありますが、私の手持ちのものは、プラスチックのサイドパネルのものです。
見た目もそうですが、実際、最小限のCDPの機能のみ
(曲順のプログラム機能ぐらいはあるみたいですが使ったことがありません)
のいたってシンプルなものといってよいでしょう。

セッティング前の音のインプレについては
以前にもふれたことがありますが
音の分離は悪くなく(マルチビットのおかげ?)
でもシャカシャカした軽い感じではなく
適当に中域に色がのって、A1とハーベスとの組み合わせにおいては
なかなかのバランスで、リラックスしたムードで音楽が楽しめる、
そんなCDPでありました。

今回のセッティングにあたって、目標としたのは
真空管アンプと同様、中高域のノイズを減らして
結果として、全帯域に「蒸留」感を出すことでした。
つまり音をもっとクリアにするってことでしょうか。
パズケロさんのハーベスシステムの「エロ道」には
及ぶべくもありませんが、雰囲気だけでも近づいてみたい
ということがあったのは、恥ずかしながら
やはり認めざるをえないところです。。。

いつもながら、前置きが長くなりました。
今回も、エイヤッと一気にやってしまったので
どれが効果的なのかよくわからなくなってしまいましたが。。。
とりあえずやったことを列挙してみます。

①もとの足の部分(プラスチック製)に低反発ゴムをつけた。

今回はすこしシャーシ全体を持ち上げたかったので
もとの足の下に東京防音の円盤状のゴム足をつけてから
ご紹介いただいた半球状のゴム足を継ぎ足しました。

②電源ケーブルの両端に、fo.QのTA-32 という薄型高性能制振テープを巻いた。

やっちゃいました、fo.Qです。。。説明書に出ていたので
いちおう教科書どおりの使い方ということです。

以下は、CDPのシャーシを分解しての作業です。

③次の4箇所にfo.Q TA-32 を貼った。
 a. ユニット上部にのっかっているモーター「軸受け」の金属板

b. ユニットを支える足の足下

c. ラインケーブルの端子部品の周りのシャーシ

 d. 天板の裏側の熱の影響を受けにくい部分


これは、振動の影響を受けやすいと思われた箇所に重点的に貼り付けました。

④シャーシ(底板・天板・サイドパネル)の裏側に
適当に、ホームセンターで購入した2種類
(やや硬めのものとわりとスカスカなもの)
の防音・防振用低反発スポンジ?を貼り付けた。

いちおうやや硬めのものを大切だと思われる箇所に、スカスカなものを適度に
といった加減です。

⑤(これはどうかな?と思いましたが)電源トランス上部の金属板のうえに
銅のメッシュを覆って、fo.QのTA-32でとめた。

トランスの放熱を高め、振動を抑制する効果をねらって?
むろん以前、真空管にまいた放熱フィンを参考にしたのは
言うまでもありません。。。安直!

全般的には、振動をなんとかしたいという目的でほどこしたものがほとんどでしたが、ネット上で「制振」よりも「振動をととのえる」ぐらいの意味の「整振」という言葉のほうがふさわしいのでは?という書き込みを見まして、
私の場合も「そんな感じかな}と思い「整振」という見慣れない言葉を使わせていただきました。
セッティング後も、シャーシの振動がまったく感じられなくなったわけではありませんし、実質上もふさわしいかなと思っています。

さて、効果はいかに?!
それは次回につづく。ということで。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ゲオルグさん
    こんにちは

    CDP整振!
    やって見たのですね〜
    やり方はシンプルで取っ付き易く楽しいのが良いところ。
    やり過ぎや適材適所はやってみないと分からないので、どんどんチャレンジですね!
    そしてやり方も人それぞれのアイデアがあって面白いな〜

    そして「整振」とは言い得て妙です。
    バズケロはオーディオ調整全般は、自分好みに合わせて行く事から「調律」という表現が好みですが...(笑

    続きも楽しみにしています。
    いつかお互いのハーベスサウンドを確認し合えたら楽しいでしょうね!

    では、では

    byバズケロ at2014-11-27 11:12

  2. パズケロさん、こんばんは。

    レス、ありがとうございます。

    「整振」は、本来「調振」なのかもしれませんが、
    新しいチャレンジは、どこか「清新」だし、
    「聴診」までシビアにはやれていないし。。。ってことで
    やや言葉遊びも含んでいます。

    でも「調律」はかっこいい。
    凛としたパズケロさんのオーディオや音楽に対する向き合い方を
    ヒシヒシと感じました。
    まだ私は「調律」ってスパッと言えるほどではないな~とも
    思わされました。

    さきほど最新の日記も拝見しましたが
    いっぱい引用したいフレーズがありました。

    >「自分の感動が発酵した音楽」と「違和感の感知」

    そうか~、そうですよね。
    思い入れのある音楽を最高の状態で聞くためには
    さまざまな試行錯誤のたびにでてくる、このどこか違う感じに
    対処して、新たなチャレンジを試みるしかないわけですものね。
    その絶えざる更新、遠回りもあり、ラッキーな出会いもあり。。。
    それで得た経験則をよりいっそう鍛えていく。

    そのへんが私はまだふらふらした感じで
    新しい音の変化を無邪気に喜んでいるレベルで
    留まっているものな~と、道のりの遠さにちょっとため息が
    出てしまいました。
    ただオーディオのあれこれが生活を豊かにしてくれるものであってほしいな~とは思います。
    あんまりすれっからしにならないようにしたいな~と。
    まあ、でもいいんですけどね。
    オーディオ談義で、ご自分の孤城に閉じこもって
    悪態をつくような人がいても
    それでいくぶんかは孤独が癒されれば。。。
    音楽の救いは、なんだかありがたいな~って思います。
    とりとめのないことを書いてますが
    音楽への敬意が、人と人との関係を豊かにしていく。
    オーディオの醍醐味がそこにあることが
    パズケロさんの今晩の日記からも、伝わってきて
    ほっとしたり、元気をまたもらったり。。。

    本来はパズケロさんの日記のレスに書くべきでしょうが
    なんだか気恥ずかしい内容なので
    こちらでご勘弁を。。。

    ではでは。

    byゲオルグ at2014-11-28 01:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする