ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) MUSICAL FIDELITY F22(真空管プリアンプ) M…
所有製品

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

お気に入り製品

日記

空想のリュート音楽会:トーマス・ダンフォードとショーン・シベ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月30日

いわゆる配信系の普及によって
再生音源はCDであれダウンロードであれ、売れなくなり
結果的に音楽家はライヴに重きを置くようになってきました。
でも、このご時世
おそらく特効薬も望み薄で
ワクチンの完成が演奏会再開の切り札になるか
というところですが、
本質的に「三密」が避けられそうにない
ポスト・コロナの演奏会場には、
しばらくは、何とも言えない不安な空気が立ち込めるような気もして
かなり先行きが心配です。。。

ここ最近、リュート絡みのアルバム3枚をよく聞いています。
今日はそのご紹介です。

まず最初はショーン・シベ(ギター)の最新作
J.S.バッハ作品集です。



1992年、イギリス人〔父親〕と日本人〔母親〕の間に
エディンバラで生まれたショーン・シベの三作目にあたる今作は
『リュート組曲ホ短調(第1番)』
『パルティータ ハ短調(リュート組曲第2番)』
『前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調』を
独奏しています。
響きに独特な深さがあり、
どんな場所だったのだろうと思い、調べてみると
彼の地元スコットランド、エディンバラの南にある
ミドロシアンという町の、
クライトン・カレッジ教会(Crichton Collegiate Church)
というところでした。



レンガ造りのわりとこじんまりしたお堂のような建物で
15世紀中ごろの創建、過去幾たびかの修復を施しているようです。
ちょうどギター独奏の響きにはふさわしい空間なのかもしれません。

このアルバムのサブタイトルである
「リュートもしくはチェンバロで(pour la luth o cembal)」は
『前奏曲、フーガとアレグロ 変ホ長調』の手稿譜に
書かれていた言葉なのだそうですが、
あえてギターというリュートやチェンバロより
親しみやすい(やや通俗的な)音色の楽器で弾かれる意味を
感じさせてくれる音になっている気がします。
温もりを感じる部分も、荒々しい部分も
よりわかりやすく私たちに寄り添ってくれる音とでも
言ったらよいでしょうか。

続いて2作目はトーマス・ダンフォード(リュート)の
J.S.バッハ リュート編曲による作品集(2018年)です。



収録曲は
『無伴奏チェロ組曲第1番ト長調(ダンフォード編)』
『リュート組曲ト短調』
『無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番ニ短調
~第5曲「シャコンヌ」(ダンフォード編)』で
いずれもアーチリュート(大きいリュートの意。
テオルボに代わる通奏低音楽器)による独奏です。

「Thomas Dunford / Bach op luit (20.01.2017)」
https://www.youtube.com/watch?v=XKIHIX8R870

このアーチリュート、けっこうギターっぽい音域と音色です。
つまり低い音域も出ているし、やわらかい音色のように感じます。
クレモナのジュゼッペ・トゥミアーティによる1995年製のものを
弾いています。
録音はアルファレーベルっぽいというべきか、
よりストレスのない、ミストのようなエコーがかかっていて
やはり幽玄で優雅です。

加えてダンフォードの技量もかなりのもので
「シャコンヌ」をリュートでこんなに活き活きと演奏されたのを
初めて聞きましたし、
さすがリュート界のエリック・クラプトン(笑)といわれるだけあって
そのスローハンドぶりも見事です!

そして3作目は届いたばかりの
ジャン・ロンドー&トーマス・ダンフォードの
『バリケード~ルイ14&15世時代のヴェルサイユの音楽』です。



これはかなりのおすすめであります!
ロンドーのチェンバロとダンフォードのアーチリュートが
よく絡むこと、絡むこと。。。
二重らせんなんて言葉をちょっと思い起こしてしまいました。
「私たち二人とも、幼児期の揺りかごからこういった音楽で育ちました」
っていう言葉は掛け値なしなのかもしれません。
このアルバムの紹介文の最後に
「空想のヴェルサイユの音楽会が
目の前で開かれているように感じられることでしょう」
とあるのに、妙に納得させられてしまいました。。。
時空を超えた演奏会を聞いているような感覚に
迷い込んでしまいそうになる危うさが
このアルバムの最大の魅力と言ってもよいからです。

それにしても、この二人の爛熟ぶりは
目を見張るものがあります。
コロナ禍が生み出した新しい波なのか
あだ花なのか判然とはしませんが
これくらいの音が聞けたのなら
いや~これをライヴで聞いたらどんなにすごいだろう。。。
とは、もう言わないでおこうかな~
なんて思っている私でした。

ちょっと演奏の模様もご紹介
「Jean Rondeau & Thomas Dunford record "Jupiter" by Antoine Forqueray」
https://www.youtube.com/watch?v=ttFCbprwtQY

余談ですが
「三密」って元々仏教の言葉にあったのですね。
さきほど検索したら、真言宗では
「身密」「口密」「意密」の3つをあわせて
「三密」と呼ぶのだそうで
「からだの状態や行動、言葉を正しく整えれば、自ずと心も整えられる。
三つのバランスを大事に、三密を研ぎ澄ます修行を重ねることで、
仏様のように心穏やかに過ごせるという教えです」
『新型コロナウイルスに向き合う仏教の「三密」』
https://mytera.jp/paper/sanmitsu/
ちょっと勉強になりました。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ゲオルグさん こんばんは

    リュートの音色は何ともいえないもの悲しいような雰囲気があって
    心地よいですよね
    自分もここのところヴィヴァルディのリュート、マンドリン協奏曲を
    あれこれ取っ替え引っ替えしながら聞き比べています

    byプリマ at2020-05-31 01:16

  2. プリマさん
    おはようございます

    レスありがとうございます!
    リュートはもの悲しい響きが確かにありますよね。心地よい感じもよくわかります。私はけっこう「三密」修行向けの音楽かな~なんて記事を書いていて思ってしまいました(笑)。。。

    バロック音楽の傾向として、協奏曲ともっと小編成な曲(独奏を含む)とでは、ずいぶん音楽の印象が異なりますよね。イタリア、ドイツ、フランスではまたちょっと色合いが違うところもありますし。。。それにあまり知られていない作者の音楽もけっこう捨て置くにはもったいないものが多く、古典派以降の音楽とちがった聞き方ができて愉しいです。

    プリマさんが書かれている自作ケーブルのお話、興味深く拝見しております。ちょっとチャレンジしてみようかな~

    byゲオルグ at2020-05-31 08:41

  3. ゲオルグさん こんにちは

    バロック音楽って現代の人間からすると「古典」という感想なのだと
    思いますけど当時の人からすると「バ・ロック」なんですよねw

    自作ケーブルは音色、余韻のコントロールが出来るので音創りの
    幅が広がります
    変数が「太さ」だけなので余韻(響き)が足りなければ細く、滲みが
    出たら太くするだけなので電線病に嵌まる危険が少ないですね

    byプリマ at2020-05-31 10:41

  4. ゲオルグさん こんにちは

    リュートというのは、あまりナマで聴く機会がない楽器ですね。音量が小さいので、アンサンブルでは聴き取りにくく、かなり小さめのホールやサロンで聴かないとその音色のほんとうのところは耳の記憶として残りません。

    今は、いろいろな楽器も復元されるようになってきて、チェンバロのようにその個性の魅力も活かした録音も新しくリリースされるようになったということでしょうか。しばらく、新しい録音に耳を傾けていなかったので、すごく触発されるところがあります。

    かつて、生の音に一番近いのはどれだ?なんてテーマでCDの聴き較べをしたことがあります。震災直後で日記を控えていた時のことなのでコミュには上げていませんでした。改めてあげてみました。ご笑覧ください。

    byベルウッド at2020-05-31 12:14

  5. プリマさん

    再レスありがとうございます!

    >余韻(響き)が足りなければ細く、滲みが出たら太くする

    心得ました。まずはサブのSPケーブルあたりから取り組んでみます。Belden8460なので、細い単線を試してみようかと思っております。

    「バ・ロック」という説もあるみたいですね。図らずもロック音楽ってことでしょうか。。。バロックという区分を音楽の分野に適用し始めたのは20世紀に入ってからなんだそうで、現代の分類ほどくっきりはしないのかもしれません。でも私は何となくそういう構えで聞いてしまいます。。。

    byゲオルグ at2020-05-31 18:32

  6. ベルウッドさん
    今晩は

    レスありがとうございます!

    >音量が小さいので、アンサンブルでは聴き取りにくく

    やっぱりそうなのですか。そうなると音のバランスがCD等ではけっこう変えられているってことなんでしょうか。ロンドー&ダンフォードの新作は、とてもいいバランスだと感じたのですが、ライヴだとこうはいかないのかな~。そうなるとホントに空想の音楽会になってしまいますね。。。

    >いろいろな楽器も復元されるようになってきて、チェンバロのようにその個性の魅力も活かした録音も新しくリリースされるようになった

    実は私はそう感じておりました。ランドーのチェンバロも復元されたもののようですし、弾き手側の創意工夫も盛り込まれているんでは。。。なんて思っていました。
    それとダンフォードのソロもロンドー&ダンフォードの新作も同じエンジニアでした。Hughes Deschauxという人です。チェンバロも含め、やわらかい音で録っているな~という印象が強いです。

    リュートの聞き比べの記事、とてもありがたいです。拝見して、聞けるものは、まず配信で聞いてみます。

    byゲオルグ at2020-05-31 18:59

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする