ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) LUXMAN C-600f(プリアンプ) MUSICAL FID…
所有製品

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

続・極細単線SPケーブル導入記+Celestion Dittonのアンプ更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年08月09日

極細単線SPケーブルの独特の音質にちょっと魅了された感があって
先日、日記にまとめたすぐあと、同じリビングにセットされていた
Celestion Ditton 120
https://stereonomono.blogspot.com/2013/07/celestion-ditton-120.html
という、いにしえのSPのケーブルにも試用してみたのですが
やはり好印象でした。



とはいえ、数日聞いてみると、
やや高域が華やかになるFOSTEX FE103-Sol 相手だと
ウェルバランスだったLenzの26AWG(エナメル-綿巻き)ですが
Ditton相手だと、ちょっとおとなしいかな~
という印象も持つようになりました。
そこでちょっと変えてみたいな~と思い、情報を収集していたところ
こんなブログを発見

「単線の配線材を試す。ウェスタン電話線、銀メッキ1.0mm単線ジュンフロン、47研究所0.4mm 単線」
https://www.audio-blog.jp/2014/09/13/try-single-wire-western-junflon1-0mm-silver-coating/

筆者のやまちゃんさんの
「単線のケーブルは、ホールトーンで芯がしっかりした音で、
刺激が少なく聴きやすい」
というコメントにまず共感。
確かにおっしゃるとおりで
撚線の押し出しの強い元気な音も悪くはないが
リビングで聞くときは、
よりリラックス・モードで聞いていることが多く
単線のホールトーンに包まれた音の芯を味わえる感じは
得難い魅力があるな~と私も思っておりました。
私の場合、聴感的には、高域の伸びも良くなった気がするし
中低音も雑味がとれたような感じがして
より聞きやすさを感じるようになっていました。

そのやまちゃんさんが、銀メッキ単線を(配線材としてですが)
「オーディオ的には楽しいと思う」と推されているので
試したくなってきてしまいました。。。

「銀メッキ0.4mm単線ジュンフロン」をオヤイデから入手。
ケーブルがバラつくのはいやなので
愛用しているグラスファイバーチューブ 内径3mmも注文。



さっそくDittonにセットしてみます。
ホールトーン感と芯のある音質という意味で言えば
極細単線SPケーブルの持ち味はじゅうぶんあります。
やまちゃんさんは
「ガツンとした、骨格のあるしっかりした音」
とコメントされていましたが、
Lenzの26AWGにくらべると
銀メッキのせいでしょうか、輪郭がでてくる感じは受けます。
でも私のセットしたものは0.4㎜なので
1㎜のやまちゃんさんとは、多少、出音が違ってくるのかも。。。
ほんのり艶が加わっているぐらいで
全体的には極細単線的な印象が強く
個人的にはDittonとのマッチングはよいように感じました。

さて、このDittonのお話には、実は前段があって
このSPには、これまたいにしえのSANSUI AU-555という
プリメインアンプをあつらえていたのですが
徐々に調子が悪くなってきていました。。。
というわけで、お役御免ということにして
アンプの更新をしました。
新たな相手として選んだのは
LUXMAN M-200でした。



「B4書類サイズというコンパクトな筐体」というのは
大きな魅力でしたし
25W+25W(8Ω)という出力もDittonには必要十分。
電源はしっかりしているので
余裕のある制御を期待できそうでした。
それに新しめのLUXのモダンな音作りにも
興味をひかれるところはありました。

また興味深かったのはアース端子がある点でした。
取説によると「この端子は他の機器を接続した場合の
雑音の低減をはかるためのものです。
安全のためのアースではありません」とあって
これはもう束子アースをつないでみたくなるではありませんか!

あと、出力のデジタル表示なんていうのもついていて
これもなかなかに興味深いものでした。
現状にいたるまで10Wを超えたことが一度もないのは
「へ~」っていう感じです。

さて音質は。。。ですが
やや骨太な中低音の上にモダンな高音のキレがのっかるっていう
第一印象でした。
ちょっとヨーロピアンっぽいかな~とも思いました。
我が家で言うとケンブリッジオーディオのアンプの感じに
似ている印象はありました。

アースに関しては、さっそく束子アースはつないでみました。
変化は、やはりじわじわという印象で
気づいたらクリアさが増してきているといったところです。

以上、この1か月ほどのできごとですが
ハッピーなマッチングが多かったので
愉しく有意義なオーディオライフが送れたように思います。
サブシステムでの、この体験をメインシステムにどうやって
フィードバックできるのかが今後の課題ですが
こちらの方がなかなか手強いので
さてどうしたものかと思案し始めています。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ゲオルグさん こんにちは

    いろいろと試しておられますね

    当家ではとりあえず「バランス」が取れたのでこの連休中は電源
    ケーブルを弄っています(中身は以前に日記にて記載済み)
    今やっているのはアースを1本から2本に変更するとどうなるか?
    という点です

    2本にすると「じわじわ」ではなく「ぐるんぐるん」ですw
    エフェクターを通したような感じ、といったら言い過ぎかな

    但し全ての機器の電源コードを1本から2本にすると「さすがに」
    やり過ぎのようで音がうるさく感じることがあります

    byプリマ at2020-08-10 13:47

  2. プリマさん
    今晩は

    レスありがとうございます!
    電源ケーブルのアースを2本ですか!「ぐるんぐるん」ですか~
    お書きになってましたが、極細単線の魅力はチェロにありっていうのはよくわかります。電源ケーブルも面白そうですけど、私はもう少しSPケーブルの単線の太さを突っ込んでみたい気がしています。具体的に言うと、もう少し太くするとどうなるのだろうか?っていうことですね。1㎜ぐらいをまず試してみたいと思ってます。

    byゲオルグ at2020-08-10 18:43

  3. ゲオルグさん こんばんは

    >具体的に言うと、もう少し太くするとどうなるのだろうか?
    そうですね、使っている機器によって適切な太さは変わると思います
    単線ケーブルは音の変化要素が太さで変更出来るのが魅了だと
    考えています

    過去何十回と太さを変えたり、付けたり外したりした経験からすると
    (可能な限り)細い方が「良く歌うようになる」と感じています

    byプリマ at2020-08-10 20:15

  4. プリマさん
    おはようございます

    再レスありがとうございます!

    >「良く歌うようになる」

    なるほどやっぱりそうなのですね。なんとなくですが、やまちゃんさんの「ガツンとした、骨格のあるしっかりした音」というコメントがまだ気になっていまして、1㎜を使われた時のものなので、少しづつ輪郭が強くなっていくのかな~と思ってました。クラシックでもオケとか、ジャズやポップ系の音楽だともう少しエッジが効いてきたほうが面白いかも。。。といったところです。

    byゲオルグ at2020-08-11 08:14

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする