ゲオルグ
ゲオルグ
Musical Fidelity A1とHarbethのスピーカーのマッチングに魅せられて、オーディオに深入りすることになりました。日記の頻繁な更新には自信がありませんが、少しずつ製品コメントもアップ…

マイルーム

3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に各セットをこしらえてます。
3つの部屋に以下のセットをこしらえてます。  〔自室:和室8畳〕  ★セット1 HARBETH HL-K6(スピーカー) LUXMAN C-600f(プリアンプ) MUSICAL FID…
所有製品

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

日記

秋色の音楽:或る日のソングリスト

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月17日

急の秋寒。
殊に風の冷たさを感じる雨の中
今朝早々に石油ストーブをひっぱり出して
灯油を買い出しに走ってしまいましたが
みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

今日は最近よく聞いている音楽のご紹介を
気のおもむくまま書き綴ってみようと思います。

ジャケットにひかれて聞いてみた
アリーナ・イブラギモヴァ&セドリック・ティベルギアンのこのアルバム



冒頭に収録されているのは
ギヨーム・ルクーのヴァイオリン・ソナタ ト長調なのですが
いいな~と思って、
例によって、ちがうデュオの演奏を調べていました。
グリュミオーの名演でよく知られるこの曲は
ルクーの楽曲の中では最も演奏される機会の多いものだと思うのですが
彼の全集が出ていまして、
(お値打ちなので)DL版を思わず入手してしまいました。。。



やはり冒頭に収録されているこの曲の演奏が
何となく気に入ってしまったからなのですが
ヴァイオリンが良かった!
「Philippe Hirshhorn playing Lekeu Sonata I Mov Part.1」
https://www.youtube.com/watch?v=ONzUIi8eJ8g

弾いていたのはフィリップ・ヒルシュホルン。
誤解を恐れずに言えば、中庸の美なんでしょう。
グリュミオーの切々たる感じとイブラギモヴァの怜悧な感じの
中間にある音という印象で、私にとってはちょうどいい塩梅でした。
いちばん自然にセピアな秋色を感じられました。

ヒルシュホルンはラトビア出身。
レニングラード音楽院で学び、国際的な活躍の後、ベルギーに移住。
1996年に50歳で亡くなってしまいましたが
ジャニーヌ・ヤンセンを育てた先生とも書いてありました。

ルクーの全集自体は、まだ聞き込めていませんが
「フランクの最後の弟子として将来を嘱望されたが、24歳で夭折」
とある通り、フランクっぽい印象は随所に感じられます。
ただ彼の作品は、いずれも独特のほの暗いトーンを纏っていて、
蒼みがかったセピアの色合い。
おそらくパーソナルなものもあるのだと思うのですが
少し世代的には前で、ほぼ同時代のフランス音楽である
バンジャマン・ゴダールの作品にある
暖色系の混じったセピアの色合いというか
泣き笑い的なおかしみというか人懐っこさようなものとは
質的に微妙に異なるものを感じています。

続いては、秋が深まるとなぜか聞きたくなる?ブラームスの新譜。
シルヴァー=ガルブルク・ピアノ・デュオの
ピアノ四重奏曲第1番のピアノコンチェルト版
+ハイドンの主題による変奏曲で
いずれも四手による、いわゆるピアノ連弾の演奏です。



「Silver-Garburg Piano Duo - Brahms: IV. Rondo alla Zingarese: Presto (Official Music Video)」
https://www.youtube.com/watch?v=gLhRmUTzODQ

ピアノ四重奏曲第1番のピアノコンチェルト版は
やはりひきこまれました!
シェーンベルクのオーケストラ編曲版とは
まったく反対のアプローチと言いますか
ピアノが目立ちすぎるのを嫌がったシェーンベルクの編曲は
聞いてみて、私は正直あんまりよくわかりませんでした。。。
このピアノコンチェルト版は、
それに比べると、やや通俗的なのかもしれないけれど
ピアノとオケのテンションと協調がよく出ていると感じましたし
なにより聞いていて愉しめるところが魅力で
私はなぜかラヴェルのピアノコンチェルトなんかを
感じるところがありました。

ハイドンの主題による変奏曲の収録も
私にとってはうれしいものでした。
ちょっと久しぶりにふれたブラームスによるハイドンタッチに
涙がちょちょ切れそうになりました(笑)

その勢いでもう1枚。
フィンランドのフォルテピアノ奏者トゥイヤ・ハッキラによる
ハイドン:鍵盤楽器のための初期の8つのソナタです。



「Haydn: 8 Early Sonatas」
https://www.youtube.com/playlist?list=OLAK5uy_l7HIG6SANSP1Zos-Dut749ih-9XyVMQGg

これはもうピアノの音色にひかれて
ということですね。
このアルバムでは2種類のフォルテピアノが演奏されていて
そのうち主となっていたのが
ハッキラ自身が所有している
1790年代製作者不明のウィーン式5オクターヴのオリジナル楽器
"Bureau de musique Leipsic"で
モダンなピアノの音色も混じって聞こえるような気がして
トランスフォーメーションの美を勝手に感じています。。。
以前に紹介したアン=マリー・マクダーモットと似た
瑞々しさも感じられて、
実は最近いちばん聞く機会の多いアルバムなのでした。。。

お昼になっても今日は気温が上がりませんね。
今晩は鶏鍋でもしようかな~なんて考えで
頭がいっぱいになってきましたので
今日はこのへんで。。。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ゲオルグさん

    ご無沙汰しています。イブラギモヴァとティベルギアンのルクーのソナタ、今の季節の気分にぴったりですね。この二人のベストはこの録音ではないかと勝手に決めています。

    これ以外でルクーの室内楽を聴きたくなる時に引っ張り出すのが、イザーイ アンサンブルの室内楽曲集(Brilliant Classics)の1枚です。このレーベルですのでオリジナル盤が別にあるみたいですがお目にかかったことがありません。

    ご紹介の全作品集は「全作品」という言葉に気圧されて未聴です。今度トライしてみようかと思いました。

    byパグ太郎 at2020-10-17 23:07

  2. パグ太郎さん

    レスありがとうございます!
    フランクのヴァイオリン・ソナタがお好きなパグ太郎さんでしたら、もしかしてレスをくださるかな~なんて淡い期待を抱いておりましたが、実際頂けたので、うれしかったです!

    イザーイアンサンブルのピアノトリオを今聞いているところですが、これはホントに渋いセピアな音ですね。こういう古い録音を聞いていると、いくつも過去にヴァージョンのあるクラシックの場合、よい音と言われても、座標軸が同じでいいのかいな。。。と、なんとなく思ってしまいました。ただひとつ評価の軸があるとすれば、息遣いのようなものかな~と。。。この演奏はずーっと聞いていられる感じなので、なんとなく呼吸のタイミングが合っているんだと思います。そうでない演奏は、いくらハイファイでも??ってことになっちゃうのかな~。ふとそんなことをつぶやいてみたくなりました。

    byゲオルグ at2020-10-18 17:13

  3. ゲオルグさん

    ルクーのソナタが似合う季節になりましたね。
    私も、イブラギモヴァ/ティベルギアンの最良の録音はこのアルバムだと思っています。二人の最良の部分がバランスよく調和しています。だからルクーのソナタの新世代の最良の演奏にもなっているという気がします。

    触発されて、確かグリューミオとかボベスコのもあったはずだと探してみましたが埋もれてしまっているのか見つかりませんでした。

    最近、なんとなく敬遠していたピアノ連弾にはまっているので、ご紹介のブラームスのコンチェルト・ピアノ連弾版、ぜひ、聴いてみたいと思いました。ご紹介ありがとうございます。

    byベルウッド at2020-10-20 09:37

  4. ベルウッドさん

    レスありがとうございます!
    期せずして、パグ太郎さん、ベルウッドさんお二人のイブラギモヴァ/ティベルギアンのこのアルバムへの評価が高いのに、少し驚いています。空気が澄み切った晩秋のころが似合う透明感のようなものは感じます。

    私がヒルシュホルンの演奏を気に入ったわけは、何と言いますか、ほんのりとした頼りなさげな感じがいいな~と思ったからです。ただグリューミオのように切々とうたいあげる感じだと、ちょっと現代的でないかなと思っていたのは事実で、その意味では、おっしゃるように、イブラギモヴァ/ティベルギアンの演奏を「ルクーのソナタの新世代の最良の演奏」というのは理解できました。

    シルヴァー=ガルブルク・ピアノ・デュオのブラームスの連弾は、新しい試みに対するエールと元気な演奏という観点でピックアップしてみました。まだコロナ禍の収束が見えない状況ではやむを得ないのでしょうが、クラシックの新譜は、割と癒しモードのものが多いので、こういうアルバムを入れてみたいなと思いました。気に入っていただければ幸いです。

    byゲオルグ at2020-10-22 06:55

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする