Orisuke
Orisuke
バブル世代の趣味人です。 オーディオと写真、山登りは趣味の3本柱で30年くらい下手の横好きをやっています。

マイルーム

D58ESのニアフィールドリスニング?
D58ESのニアフィールドリスニング?
借家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~4ch
単身赴任をいいことに、一軒家の貸家の一室を念願のオーディオルームにしました。しかも、「ど」のつく田舎なので音は出し放題。ただ、D-58にはちょっと狭いかな・・・・。巨大なヘッドホンの中にいるような、巨…
所有製品

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入り製品

日記

最近の女流演奏家のディスクから

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月28日

アナログ時代の名録音ばかり追っかけていると、なんとなく頭が古典的になってしまうような気もして、反動で若手女流演奏家の盤をまとめ買いしてしまいました。ミーハーとはいえ、実力不足で可愛いだけのアイドル系はパス。これは実力者、と唸らせるディスクがいくつかありましたので、ご紹介を。


プロコフィエフ ヴァイオリンソナタ第1番、第2番、5つのメロディ
イブラギモヴァ(Vn)、オズボーン(Pf)
2013年 ヘンリーウッドホール Hyperion

バッハやイザイの無伴奏で凄いインパクトを覚えたイブラギモヴァ。芯の強さと音の表情の多彩さに、すでに「惚れてまうやろ」状態です。ヴァイオリン界のシャラポワと呼んでも過言ではありますまい(笑)。プロコフィエフのソナタ2曲は、作曲された年代が重なっているにも関わらず内容は対照的。イブラギモヴァは同国人としての自然体の演奏で、ことさらエキセントリックになることも無く、かといって突き放すわけでも無い程良い塩梅。グロテスクな第1番はもっと激しく行くかと思いきや、意外に地味。古典的な感じの第2番は名演。

録音はHyperionとしては、若干fレンジが狭めで解像度も程々。定位は明瞭で特にヴァイオリンの音像はピンポイントなれど、オズボーンのピアノの音が相対的に強く、バランス的にヴァイオリンが引っ張られ気味なのが気になります。スピーカーは特に選ばないタイプの録音だと思います。

このDiskの「バックロー度」★★★


メンデルスゾーン 無言歌集、厳格な変奏曲、幻想曲「スコットランドソナタ」
シャニ・ディリュカ
2008年 スイス スタジオ録音 MIRARE

ラ・フォル・ジュルネで東京だけでなく新潟や金沢にも訪れ、そのたびに印象的な演奏で着実にファンを増やしていく感じのシャニ・ディリュカ。このメンデルスゾーンは彼女の十八番。大変なテクニックの持ち主でありながら、まったく誇示すること無く、淡々と弾いていながら一音一音に配慮が行き届いていて、曲の良さがじわじわ滲みてくる名演。音の流れが自然で素晴らしい。この人は大物になりそうです。ブラームスの後期の小品集やシューベルト、モーツァルトなどに適性がありそう。最近の女流若手には珍しいタイプかも。

録音は、現代のスタジオ録音のわりには冴えません。音像は大きめで定位がはっきりせず、全体に薄いヴェールがかかった感じ。中高音は比較的はっきりしているが、エッジが丸い。倍音は少なくハイ落ち気味で低音はボンつき気味。スタジオが悪いのか、エンジニアの腕が悪いのか、はたまた、わざとムード音楽的にいじったのか。演奏内容が素晴らしいだけに、オーディオ的に悔いが残ります。日本にファンが多い人なのでEXTONにでも移籍して欲しい。

このDiskの「バックロー度」★★


SAUDADE-ブラジルギター作品集-
朴葵姫(g)
2014年 コラニー文化ホール DENON

ベルウッドさんに教えていただいたパク・キュヒ。福田進一門下なんですね。村治佳織の妹分かな。この人も音の線が太く、淡々と弾いているようで流れが良く、曲の良さが伝わる本格派だと感じました。きゃりぱみゅ風の可愛いルックスと出てくる音のミスマッチが凄い。

音質は、流石に福田進一のギター録音を出し続けているDENONだけあって良好(一緒に買ったNAXOS盤は全然駄目)。9曲目のウォーキング・イン・リオは、福田進一の盤も持っているので聴き比べてみましたが、ソリッドな福田の録音よりも中低域の厚みがあります。DENONはDSD録音になってから音の厚みが増して、エッジの鋭さは後退した感じがします。口径は問わず、フルレンジで気持ちよく聴ける録音です。

このDiskの「バックロー度」★★★★

なお、「バックロー度」は、D58などの長岡バックロードがいかに痛快に鳴るかの目安であって、演奏内容とは関係ありません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Orisukeさん

    シャニ・ディリュカのご紹介のアルバム、私も彼女の作品のなかでは最も気に入っています!

    >ブラームスの後期の小品集やシューベルト、モーツァルトなどに適性がありそう。

    ぜひ聞いてみたいな~。EXTONだったら、オーディオファイルにも訴求力大ですよね~、たしかに(笑)
    でも彼女は今ベートーヴェンのチェロソナタの全集に取り組んでいるそうです。やはりMIRAREから出るんでしょうけど。。。

    byゲオルグ at2016-04-28 19:43

  2. ゲオルグさん

    こんばんは

    MIRAREレーベル、アーティストはラフォル・ジュルネの出演者で日本になじみの人も多いですし、期待の若手もたくさんいるので、音楽的には興味の尽きないレーベルですね。まだ何枚も持っていないので即断は出来ませんが、やっぱり音のクオリティには???という感じです。ルネ・マルタン社長が一声かければ良くなるんでしょうかね?

    ベートーヴェンのチェロソナタはかなり面白そうですが、これも名演はあっても名録音の少ない曲ですね。是非、良いものになって欲しいです。チェロは誰なんでしょう?

    byOrisuke at2016-04-28 20:22

  3. Orisukeさん

    >チェロは誰なんでしょう?

    チェロはアルバン・ベルク四重奏団のチェリストだったヴァレンティン・エルベンだそうです。彼女のHPにでてました。
    私の以前の投稿でも紹介したのですが、
    「Shani Diluka et le Quatuor Ébène - Les Salons de Musique」
    ttps://www.youtube.com/watch?v=jcK5emnJetY
    で共演している様子が見られます。ご参考まで。

    byゲオルグ at2016-04-28 21:52

  4. ゲオルグさん

    ありがとうございます!
    動画、拝見しました。

    エベーヌ四重奏団のガブリエリ・ル・マガデュール(Vn)と元アルバンベルク四重奏団のヴァレンティン・エルベン(Vc)、それにディリュカのシューベルト三重奏曲ですね。歳の差は40才くらい?思いもよらぬトリオですが良い演奏ですねぇ。

    エルベンは70才という年齢は感じませんね。アルバンベルク時代の音がそのまま出ている感じです。ディリュカは画像からテンションの高さがが伝わってきます。ベートーヴェンも期待出来そうです。

    是非、良い音で録って欲しいですね!MIRAREさん、頼みます!!!

    byOrisuke at2016-04-28 23:28

  5. Orisukeさん こんにちは

    いいですね今が旬の女流演奏家たち。

    イブラギモヴァ(ヴァイオリン界のシャラポア!?)だけがご本人のお姿があしらわれたジャケじゃないのがザンネン!(笑)

    シャニ・ディリュカは知らなかったのでちょっと聴いてみたいですね。大好きなメンデルスゾーンですし…。でもOrisukeさんの録音評価があまりよくないのが気になります。

    MIRAREは、フランスのレーベルでもともとナントのラ・フォル・ジュルネのために創設されたレーベルです。私は庄司紗矢香のCDを持っています。確かに録音音質はとても素直で、ちょっと地味なところがあります。バックロードとの相性なんでしょうか。

    byベルウッド at2016-04-29 10:17

  6. うおっ!!
    1枚目はハイペリオンらしからぬ渋くてゴツいジャケット
    ですね。これはおもしろそう!

    3枚目のパク・キュヒは前々から気になっていたのだけど
    まだ聞いてない。ナクソスのはいまいちでしたか~

    by青いコゴミ at2016-04-29 13:46

  7. ベルウッドさん

    こんにちは

    イブラギモヴァの盤、ジャケ買いならイザイの無伴奏が格好いいですよ!この盤は珍しく古典的なジャケットだったので、絵の方になにか意味ありなのかも知れません。

    ディリュカ盤の音は、音楽鑑賞の障害になるようなものでは無いのですが、メジャーレーベルの90年代のギスギス録音とは逆の方向で変な感じです。スタジオの壁の吸音やピアノの下の床の強度とか、録音側のルームアコースティックの問題かも。

    私のバックロードとの相性というのもあるかも知れません。他のアーティストの盤は普通の音なのかもしれませんし。

    byOrisuke at2016-04-29 14:00

  8. 青いコゴミさん

    こんにちは

    さきほど、朝ご飯にコゴミのおひたしをたくさん食べてきました(笑)。

    ハイペリオンのジャケ、攻めてますもんね。逆にこういうオーソドックスなのがくると「何かあるかも」と思ってしまいます。

    パク・キュヒは、かなり良い線行ってると個人的には思います。ただ、彼女のNAXOS盤には音は期待されない方が・・・(安いので飛びついちゃいましたけど)。

    byOrisuke at2016-04-29 14:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする