martA
martA

マイルーム

オーディオルーム
オーディオルーム
持ち家(戸建) / その他 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~2ch
こんな感じで実演とほぼ同じ音量で鳴らせます。元仏間、ご先祖様に感謝。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

AkurateDS/KとDS/K2

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年05月06日

本日、サウンドクリエイトさんにお願いしてDS/KとDS/K2の比較試聴を
させていただきました。DS/Kには僅かに曇りを感じた音場がすっきりして滲みがなくなりました。図に乗ってKlimaxDS/Kも聴かせていただきました。さすがにリッチな芳醇な音調に一瞬やられましたが、やはりクリアさはDS/K2が上でした。KlimaxDS/K2の試聴を勧めていただきましたが、恐ろしいので丁重にご遠慮しました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. martAさん、はじめまして

    実は私もAkurate DS/Kのアップグレードをどうしようか、ちょっと悩んでいます。
    最終的には試聴なのですが、やはり結構な違いは感じられましたか?

    今の音にあまり不満が無いものの、実際に試聴に行ってしまうとその場の勢いで「じゃ、お願いします!」となるのが目に見えているので、悩ましいところです。

    バージョン2世代越えのアップグレードをやって貰えるのであれば、次のアップグレードサイクルでも良いような気がしているのですが、今後のことは誰もわからないですしね。。。

    と、自分の悩みを書くだけの文章。。失礼いたしました。

    byJoe Frazier at2015-05-06 16:09

  2. Joe Frazier様

    間の空いたレスで申し訳ありません。
    実は、先週AkurateDS/Kが2となって我が家に帰って参りました。
    サウンドクリエイトさんで聴いた通り、一聴して明るい抜けの良い音です。明らかな改善は音像がくっきりして、にじみが感じられないことです。目の前に歌手が浮かび、左右も自然に広がり、開放感があります。プリがCarySLP98の真空管であることもあり、中域は充実しており、低域は制動感が増して、ボリューム感はそもままに無用な振動がなくなり、表現が明瞭になっています。

    依然のアナログアウトは音場が平板なところがあり、デジタルアウトをE社のGー25Uにつなげて、ネットで入手したルビジウムクロックにてE社の07Xと同期させてからPurifi経由でプリにつなぐという面倒なことをして聴いていました。
    凝縮感の高い、音像ひとつひとつが綺麗に分離、定位するシステムと感じていました。

    2は音像、音場表現が立体的になり、音場は空間を開放的な印象で表現しています。デジアウトのシステムとの比較では音像は適度な輪郭を描きます。比べると、デジアウトはリアルだけど音場が窮屈かもしれません。
    専ら音楽により、JAZZみたいに陰影を求めるならカルダスゴールデンクロスを使う07Xで、POPSなどカラッとした音であればワイヤーワールドSECを使うアナログみたいな使い方になりつつあります。

    最後、デジアウトのKとk2との比較では、とにかくリアルになりました。おそらく精度が格段に向上したのだと思います。このため、以前のつなぎ方だと音像がくっきり凝縮されすぎてしまう印象です。

    結論としては、音調はある程度ケーブルでコントロールできると思われますので、オーディオ的な精度を求めるのであれば投資に見合うかな、というところです。

    因みに、居間でDSとしてSekritを使っていましたが、Renewを作ったので交換。インタネットラジオでも明らかにレンジが広がり、見通しの良い音になりました。Linnは改善や価格帯で精度を追求していることを印象づけられました。

    bymartA at2015-06-26 14:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする