tank
tank
自宅と実家にオーディオセットを所有し、平日は自宅で、休日は実家で友人を呼んで聴いています。 50~70年代のJazz中心にソースは約600枚のCDを楽しんでいます。 単身赴任の際に約300毎持って…

マイルーム

自宅と実家のJBL
自宅と実家のJBL
持ち家(戸建) / リビング兼用
2セットのJBLのうち、自宅は4367WX プリ(兼DAC+アコースティックイコライザ)DEQX HDP4 パワー P6100(低音)+P4200(高音) サブスピーカ B&W 805D…
所有製品
  • DAコンバーター
    SOULNOTE dc 1.0
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE P-6100
  • その他オーディオ関連機器
    DEQX HDP-4
  • スピーカーシステム
    JBL 4367WX
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    DENON DCD-SX11

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

アンプ更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月06日

真空管パワーアンプMC-275には当然のように同じMcINTOSH社真空管プリがベストマッチとの思いで聴いていましたが、自宅と実家の音を聴き比べているうちにプリアンプ部分はMcINTOSH C-220よりもアキュフェーズE-360の方が解像度が高く、癖がないとの個人的結論に至りました。
おそらくC-2500や最新のC-1100なら結論が異なるのでしょうが手が出ません。
そこで実家のC-220は手放し、E-360後継のE-370を導入しました。
プリメインのパワーアンプ機能を使わないのは勿体ないので、ゲイン差に少々躊躇しましたが、物はためしとバイアンプ駆動にしてみたら、シンバルなどの高音域がくっきりと明らかに良くなりました。
さらにアキュフェーズ現行パワーアンプP-4200の状態の良い出物(中古)を見つけて、現況に至りました。

実家のアンプ現況:アキュフェーズE-370(プリのみ)+Mcintosh MC275Ⅵ(高音)+アキュフェーズP-4200(低音)
この先どのように進化していくのか、又は変わらないのか、私のささやかな楽しみです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. tankさん
    こんばんは。

    アンプ更新イイですね~。
    対照的なアンプですが、双方の良いとこ取りでしょうか。。。

    パワー部を使いバイアンプとは一石二鳥ですね(^^♪

    byはやぶさ at2016-11-06 21:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする