貧乏人のオーディオ好き
貧乏人のオーディオ好き
2017年でオーディオ歴32年。 千葉に引っ越して木造一軒家から鉄骨マンションへ。。。 音が変わりました。 良い方にw 昔は資金が潤沢にありましたが、 今は事情によりなかなかオーディオにお金…

マイルーム

ブルーレイも見れますが2.1chのままで行きます。ピュアオーディオ派なので
ブルーレイも見れますが2.1chのままで行きます。ピュアオーディオ派なので
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~4ch
現在2.1ch(スーパーツィーターを入れると4.1ch) これ以上スピーカーは増やしません。 インテグレーテッドアンプCambridge Audio Azur651A ユニバーサルプレイヤー…
所有製品
  • プリメインアンプ
    CAMBRIDGE AUDIO Azur651A
  • スピーカーシステム
    KEF iQ30
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    PIONEER PD-70
  • BDプレーヤー

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

Wise Tech AMI MUSIK DS5というDACを買いました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年11月10日

プリメインアンプmarantz PM-17SA Ver.2、パワーアンプmarantz SM-17SA Ver.1、ユニバーサルプレイヤーDENON DBP-1611UD、スピーカーTEAC S-300NEO、サブウーファーYAMAHA YST-SW90で聞いた感想です。

サブウーファーとブックシェルフ型スピーカーの組み合わせが意外とうまく行ったんです。

前のTANNOY MERCURY M4というトールボーイ型スピーカーとサブウーファーYST-SW90の組合わせだと低音がぶつかってボワボワして音質が悪かったんですけどS-300NEOとは相性バッチリでした!!!

USBはパソコンが非力なので今のところ聞く予定はありません。

実際試してみたんですが、ブチブチの嵐でした。CORE2DUOでは無理(今のパソコンはTOSHIBA DYNABOOK SS RX2 TG120E/2W)。

音の感じとしては、POPS、JAZZが得意な感じですね。

そうはいってもクラシックが苦手というわけでもありません。

スピーカーとの兼ね合いもあるかもしれませんが、室内楽やピリオドオーケストラが得意ですね。

大編成のオーケストラはあまり今までの違いがわからなかったです(低音が良くなっている高音も良くなっている。でもこのスピーカーが一番苦手な感じ。DACのせいではないと思われる)。

でも悪くなってないですよ。

なかなか良い音を鳴らしてくれます。

とは言ってもまだエージングが済んでいません。

でも最初は焦りました。

こないだ書いたSAECの同軸デジタルケーブルでつないだら音が悪くなってしまったからです(SAEC DIG-6N)。

中音域がやたらと出る感じで気に入りませんでした。

それで同じ時に物置から出てきたSAEC HDI-6N-1.0にしたら音がとても良くなったのです。

数枚のCDを聞いたのでレビューします。

JAZZ、POPSまとめて

MANHATTAN TRINITY LOVE LETTERS

Michael Jackson Who Is It(The Oprah Winfrey Special Intro)

Michael Jackson Who Is It(Brothers Rhythm House Mix)

Mariah Carey HEARTBREAKER(REMIX FEATURING DA BRAT & MISSY ELLIOTT)

Mariah Carey HEARTBREAKER/”IF YOU SHOULD EVER BE LONELY”(JUNIOR'S CLUB MIX)

パーカッションはスピード感がありとても気持ちいいなり方をしてくれます。

高音部は透き通っていて中低音部はどっしりとした感じになります。

細くなりがちなマイケルの声が力強く聞こえました。

マライアの声も澄んでいてなおかつ力強さを感じました。

すいません、表現力がなくて。

クラシック:CDごとに

●MOZART Piano Concerto No.16 in D major K.451

●MOZART Concerto in D major for violin and piano K.App.56(K.315f)

・ヴァイオリン:ダニエル・ホープ
・ピアノ:セバスティアン・ナウアー
・指揮:ロジャー・ノリントン
・演奏:カメラータ・ザルツブルク

高音部のガサつき感がなくなり、解像度の高い音でした。

すいません、表現力がなくて。

●ツィゴイネルワイゼン(サラサーテ)ヴァイオリン:五嶋龍

ピアノとヴァイオリンが透き通っていてスピード感があり思わず聞き入ってしまいました。

すいません、表現力がなくて。

●MOZART Mass in C minor K.427(rev. LouisLangre)

・ソプラノ:Natalie Dessay
      Veronique Gens
・テノール:Topi Lehtipuu
・バス:Luca Pisaroni
・指揮:Louis Langree
・演奏:Le Concert d'Astree

ソプラノが澄んでいて心地よいです。

すいません、表現力がなくて。

全体的にフラットで、高解像度で空間表現が良いです。

ピアノの音が響きます!

音質は澄んでいて高解像度でかつ暖かみのある音ですね。

ダイナミックレンジ120dBを誇るCS4398を採用。MARANTZのDACと同じですね。

だから暖かみがあるのかな?

プリメインアンプとパワーアンプがmarantz製でDACがmarantzのDACと同じチップを使っているWise Tech AMI MUSIK DS5ということで、全体的に僕の好みの暖かみのある音が実現できました。

VGP 2014 SUMMER 受賞です。
香港のAV Best Buy DSD DAC部門受賞です。
フランスの雑誌オートFidélitéから「最優秀アハト」(ベストバイ)を受賞です。

次回の日記→

←前回の記事

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする