貧乏人のオーディオ好き
貧乏人のオーディオ好き
2017年でオーディオ歴32年。 千葉に引っ越して木造一軒家から鉄骨マンションへ。。。 音が変わりました。 良い方にw 昔は資金が潤沢にありましたが、 今は事情によりなかなかオーディオにお金…

マイルーム

ブルーレイも見れますが2.1chのままで行きます。ピュアオーディオ派なので
ブルーレイも見れますが2.1chのままで行きます。ピュアオーディオ派なので
借家(マンション) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーン~60型 / ~4ch
現在2.1ch(スーパーツィーターを入れると4.1ch) これ以上スピーカーは増やしません。 インテグレーテッドアンプCambridge Audio Azur651A ユニバーサルプレイヤー…
所有製品
  • プリメインアンプ
    CAMBRIDGE AUDIO Azur651A
  • スピーカーシステム
    KEF iQ30
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    PIONEER PD-70
  • BDプレーヤー

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

ドンシャリを嫌ってKEF iQ30にした結果・・・シューマンでしたね^^;別のcdと勘違い・・低音と高音の感想を最初の方に加筆しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月23日

こんばんは

低音は豊かにシャープに、コントラバスとチェロとティンパニが分離して音階を聞き取れます。

高音は変な曇がなくなり、ホール、スタジオの響きが気持ちよく響くようになりました。

全体的に楽器の音が分離しています。スッキリ!

以下、別記事の転載です。

オーディオは自己満足の世界です。

R300にしてたらどうなってたんだろう・・・

あと少しで満足できます・・・

アルゲリッチのベートーヴェンの三重協奏曲とグリーグシューマンでしたね、別のcdと勘違い^^;のピアノ協奏曲のカップリングと

ラルパ・フェスタンテ・ミュンヘンの演奏によるレヴィン版のモーツァルトのSACDをオーディオルームで試聴したのと、今日家で試聴したのと比べてみると、いい線いってますよ。

低音もサブウーファー任せではなくなったのでドンシャリじゃないし、DALIお得意のあま~い音色になってます、家のオーディオシステム!

ソナスファベールにはかないませんが・・・^^;

変な音で鳴っていたCD、全部良く鳴るようになりました。
ベートーヴェンの三重協奏曲のカップリングのアルゲリッチのシューマンのピアノ協奏曲、冒頭のピアノソロですが、S-300NEOだと変な鳴り方(刺さるような感じ)だったんですが、iQ30にしたら良くなりました。

他にも、インマゼールとビルスマのシューベルトの鱒が下手くそに聴こえる問題、

ノリントン、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズのモーツァルトの交響曲第39番の第1楽章のノンヴィブラート奏法のタタタタタターの所、

ハノーヴァー・バンドのBOXセットですが、シューベルトの全集だけは個別で持っていて、そのCDと比べると、変なエコーがかかってる感じでしたが、iQ30だといい響きに聴こえるようになりました。

あと、室内楽曲ですが、S-300NEOだととてもつまらない演奏に聴こえて、室内楽から遠ざかっていたのですが、iQ30で聴いたら、とても良い演奏に聴こえて楽しくなってきました。


ギドン・クレーメル、キム・カシュカシアン、ヨーヨー・マ、ダニエル・フィリップスという強力な布陣のモーツァルトのディヴェルティメント変ホ長調K.563、アダージョとフーガハ短調K.546もなんでこんなに下手くそなの?って思っていましたが、iQ30になった途端、素晴らしい演奏に聴こえる様になりました。全員が密度のある甘い音色を奏でています。

あと、ピリオド楽器アンサンブルのAmphion Wind Octet(Octetと言ってもプラスしてコントラバスがいますが)のモーツァルトの管楽セレナード11番と12番、グラン・パルティータの管楽八重奏版(短縮版)の演奏も、下手くそに聴こえる演奏で、ビビリ音の不快さがが下手くそさにプラスして不快だったのですが、ビビリ音も含めてお手本のようなピリオド楽器によるピリオド演奏のCDになりました。


本当に良かったです。

詳しく書くと、前記事の写しになりますが^^;

設置方法ですが、トールボーイスピーカーのTANNOY Mercury M3を木製スピーカースタンドに見立てて、audio-technicaのフェルトのインシュレーター3点支持で設置しました。

早速サブウーファーのハイカット調整に1日かけるぞと思ったら、なんと奇跡の30分で出来てしまいました。

ファーストインプレッションですが、サブウーファーYAMAHA YST-SW90があるため、クラシックに合うのはもちろん、ジャズ、トランス、ハウス、テクノ、J-POP、ソウル、R&B系、メタル系などなど何でもそつなくこなす感じです。

メリハリのあってダラダラしない品のあるしっかりとした低音が魅力的です。
これは、前のスピーカーTEAC S-300NEOよりもKEF iQ30の方が低音が低い音が出るので、古い安物のサブウーファー(初代アクティブ・サーボ・テクノロジーの普及機)に高域の低音部を任せなくて済んだからだと思います。(サブウーファーのハイカットを下げただけでなく、ボリュームも下げました。)

《必要最低限のシャープな低音(最低音は前と同じ低さはでてる)質がいいんです。高い方の耳に聞こえやすい低音が前は古いサブウーファーから出てて今はiQ30からでてる》

今まで聞こえなかった音や小さかった音がはっきりと聞こえます。

声が綺麗です!オーケストラの楽器ですが、謳い文句通り、たしかに楽器の配置位置が手に取るようにわかります。
TEAC S-300NEOよりはっきりしてます。S-300NEOは楽器や録音状態によってはスピーカーの位置から音が聞こえたり、
真ん中にあるはずのピアノの音の定位がずれたりしていました。
しかしながら、KEF iQ30は、スピーカーからは音が出てる感じがしません。不思議です。
スピーカーの存在を忘れさせてくれます!!!
スピーカーの少し前に演奏者がいる感じです!!!
これが本当の同軸スピーカーの鳴り方なんだなと思いました。
今までのスピーカーは何だったんだと言った感じですね。

あと、拍手の響きが違いますねwww

他には、特に管楽器がいいです。もちろんピアノや弦楽器も艶のある音してますよ。
スピード感あるなりかたですね。原音に忠実な感じがします。

何て言ったらいいのか、弦楽器のキュッキュッとした感じが再現されてます。
密度があります。解像度が高いと言うことですね。

KEFの解像度のあるなし論について、

私見なんですが、解像度がないという人は、視力が悪くて(1.2以下)、Windowsの画面のドットをメガネを掛けて確かめる人で普段メガネを掛けてなくて、画面の前に拡大鏡がある時に解像度があると言ってるんだと思います。解像度があるという人は、視力が良くて(1.5以上)、Windowsの画面のドットをメガネを掛けなくて裸眼で見える人で、普段メガネを掛けてない状態で、拡大鏡がある画面は当然ドットが見えて、KEFの細かい解像度でもしっかりドットが確認できるのでKEFは解像度があると言っている、そういった感じでしょうか?

やっぱりスピーカーはヨーロッパが本場ですね。

パイプオルガンの音もしっかり原音再現してました。

とても下手くそな演奏に聴こえるCDがあります。
演奏者は一流なのに・・・

インマゼールとビルスマ達によるシューベルトの鱒です。
家電量販店で聞くとなんじゃこりゃ????って感じです(笑)

S-300NEOでもでした。
RCAケーブルを、Gotham GAC-2 PURでRCAプラグはNEUTRIK PROFIにしたらマシになりましたが、まだ納得いきませんでした。

ところがです。KEF iQ30にした途端、それを難なくこなしました!やっと安心して聴けます。

これも持論ですが、例えば、弦楽器をホールで聴くのと家電量販店でスピーカーで聴くのとで決定的に違うのは、
温もりのある密度感、解像度が違うんです。

スピーカーは大別して大きく2つあります。
いかにも甘い音色してますよってかんじ(DALI)で売ってるのと、
さめた感じで密度ばかり追求してる感じ(B&W)ですね。
あと密度はそこそこでも乾いた感じ(ELAC)とか。。。
そうではない適度に温もりのある感じで適度な密度感、さらにスピード感のあるのがKEFだと思います。
TANNOYはスピード感がないかな?
すべてヨーロッパメーカーですね。
ヨーロッパ以外は比較対象外ですね(そういう自分も日本製をしばらく使っていましたが・・・^^;)

MONITOR AUDIOをやめた理由は調べてみると、ドンシャリでクラブ系はおすすめするひといますが僕は嫌いで、クラブ系も品のあるシャープな低音で高温もキラキラしすぎないのが好きだから、評判とかを元にKEFにしました。

KEFは、Q500(Version UP)は聴いたことがありました。
ショップで聴いたときは、悪くはないけど・・・と言った感じでした。
iQ30がまさかここまで我が家のオーディオと相性が良いとは思ってませんでした。

ちなみに我が家のオーディオシステムは、
スパーツィーター:TAKET BATPURE
スピーカー:KEF iQ30
サブウーファー:YAMAHA YST-SW90
スピーカーケーブル:BELDEN 8640
RCAケーブル:Gotham GAC-2 PURでRCAプラグはNEUTRIK PROFI、SAECの型番不明のRCAケーブル
同軸デジタルケーブル:SAEC HDI-6N-1.0
プリメインアンプ:MARANTZ PM-17SA Ver.2
パワーアンプ:MARANTZ SM-17SA Ver.1
SACDプレイヤー:Pioneer PD-70
ユニバーサルプレイヤー:DENON DBP-1611UD(←ブルーレイは意外と音がいいです)

こんな感じです。

音楽に満たされた生活がしたい・・・
でも家族の要望で1周間に3日だけしか聴けません・・・

追伸:大オーケストラや映画を再生した時家族がびっくりしなくなりました❗良かったです(^_^)ノ

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする