たーく
たーく
女性ボーカル大好き! クラシックからR&Bまで幅広く聴きます。 地元九州を中心とした先輩方のお力添えもあって細々と音楽を楽しんでいます。

マイルーム

6畳間でオデオ
6畳間でオデオ
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~6畳 / 防音なし / スクリーンなし / ~2ch
子供が生まれてからは2階の6畳間に移りました。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

wellfloat ringとアナログ周りの調整

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年02月12日

皆様こんばんは!

先の記事でウェルフロートリングを導入したところまで書きました。
セッティングに関しては、よさそうな場所に適当に置いただけで運よく水平が出たのですが、その辺についてまずはベルウッドさんのコメントにお返事する形で書こうかと思います。

>>左のWFRの置き方がちょっと変則で幅方向右寄りに見えます。元々のゴム足位置なのでしょうか。
“CLASSIC”にもいくつかヴァージョンがあるようですがモーター部はターンテーブル部と切り離されているのでしょうか。

 我が家の「CLASSIC」は前期型のようでモーター部が本体から切り離されています。このため、本体の左端にリングを敷こうとするとモーター部に干渉してしまいます。その為仰るように右寄りにセッティングしました。
この段階でおそらく偶然重心とのバランスがいい位置になっていたのでしょう。

>>どうもWFRは、重心から正確に均衡モーメント距離に置くだけで水平になるということのようです。しかもフロアやボードの水平出しに神経質になる必要がないのかもしれません。位置を調整するだけで水平出しができる…ということにもなります。これは大型フロア型スピーカーのベースとしても大きなメリットです。

 正直このお話を聞くまで重心には無頓着でした。
であれば、重心から均衡モーメント距離に設置するとしたら3個の方がやりやすいはず・・・・
と思い、3個にして場所をいろいろ変えてみました。するとなるほど、位置をずらすと傾斜が変化します。
そこで重心に近いと思われるスピンドル軸を中心に等距離になるように3個を配置してみると傾斜が少なくなりました!
先ほども書きましたように本体左側に切り欠きがあり、さらに右側にアームもありますので、それを考慮して少しずつ動かしていくと縦0.0°横-0.1°まで追い込むことができました。(これ以上は私の根気では無理でした)

メーカーでは4個設置を推奨しているようですが、しばらくこの状態で試してみようかと思っています。
重心が大事という事に気付かせていただきベルウッド様、Harubaru様には感謝感謝です!
ありがとうござます!!

ターンテーブルのセッティングは大体できたので、次回はフォノイコライザーのセッティングについて書かせていただこうかと思います。
が、面倒くさがりなので続けられるか・・・・・!?

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Yong Joon様

    ご無沙汰しております。
    あのたーくさんです(笑)

    すべての人にとって完璧な商品などないと思いますが、ウェルフロートシリーズは少なくとも私の好みに合っていて満足しています。

    ご存知のように(?)極端な筆不精なので色々書けるかは分かりませんが、よろしくお願いします。

    byたーく at2016-02-13 10:29

  2. たーくさん

    さっそく実践、実証されたのですね。何だか余計なお世話みたいなコメントをしてしまって恐縮していましたが、間髪入れず実践されてなお恐縮しています。まず、やってみなはれ!ですね。

    ターンテーブルの水平出しはとても重要ですが、調整はとても面倒です。インシュなどのベース脚の高さ調整でやるものと思い込んでいましたから、これは目からウロコでした。

    実はスピーカーの水平もとても大事。その意味で、ウェルフロートボードへの置き方は音への影響が大きいですね。

    byベルウッド at2016-02-14 14:36

  3. たーくさん、こんばんは。

    リングの使い方として、3個使いはありですよ。
    バランスが取れていれば問題ないですし、3本脚の機器の場合にはそのインシュレーターを外してセッティングできますしね。
    何と言っても4個より3個の方が安く上がります。(^^)

    操作する際のバランスが悪い場合はやはり、4個の方がいいですね。重量級のスピーカーの場合、6個とか8個とか使います、耐荷重もそうですが、安定性が良くなります。

    いろいろ試されくださいね。

    byHarubaru at2016-02-14 17:41

  4. ベルウッド様

    こんばんは!
    いえいえ、とても勉強になります。
    ありがとうございます!
    「classic]は3点支持のオイルバスにスピンドルが浸かっている構造上、プラッターとベースが水平とは限りません。
    それを考慮して今回の水平はスピンドル軸上で取りました。
    仰るように普通はなかなか水平をとるのは難しそうですが、ウェルフロートリングなら水平出しが楽ですね!

    byたーく at2016-02-14 20:18

  5. Harubaru様

    確かに3個の方が安上がりで助かります(笑)
    今回3個でもバランス的に問題なさそうなので、このままいってみようかと思います。
    1個余ったので2個買い足してサブウーファーに使おうかなぁ。

    byたーく at2016-02-14 20:19

  6. こんにちは。あれ、コメント間違って消してしまったようですね、すみません。

    byYongJoon at2016-02-14 20:32

  7. Young Joon様

    いえいえ、大丈夫ですよ~
    わざわざありがとうございます。

    byたーく at2016-02-14 20:38

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする