ふかひれ
ふかひれ
 AV環境にて主に大編成のオケ物をBlu-rayのLPCM 2ch(最近5.1chも)にて楽しんでいます。  高校生のころより40歳半ばまで吹奏楽団にて打楽器(鍵盤を除く)を演奏しておりました。(五…

マイルーム

☆☆☆☆☆ ふかひれ商事 ショールーム ☆☆☆☆☆
☆☆☆☆☆ ふかひれ商事 ショールーム ☆☆☆☆☆
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~12畳 / 防音なし / スクリーンなし / 8ch以上
==============================
==============================
============ ■■■■■■■■■■  ショール
ーム前景  ■■■■…
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

お気に入り製品

日記

スピーカーのセッティング(ショックアブソーバー2)2016

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年08月07日

ショックアブソーバーを棚用ダンパーからステアリングダンパーに変更しました。

本来はバイクのハンドル共振を防ぐための製品です。よって前後方向(バイクでは左右方向)にダンプ機能が発揮されます。

Kensingtonの場合低音ユニットが上部にあるため、ダンパーの取り付け位置をスピーカー上部と壁(軽量鉄骨部分)といたしました。

これまでの流れをまとめると: 
 くさび型インシュ(下部取付)では、ブーミーな音とはならず、エレキベースの音とドラムスのバスドラの音が分離して聞こえるようになりました。
 棚用ダンパー(下部取付)では、さらに単にエレキベースの音とドラムスのバスドラの音が分離して聞こえるだけでなく、音色の違いもかなり聞き分けられるようになりました。
 今回のテアリングダンパー(上部取付)では、聞き分けられるというレベルではなくバスドラはバスドラ、ベースはベースがそれぞれ演奏していることを感じとれます。

我家の場合、スピーカーに WELLFLOAT を使うとトールボーイ型であること、低音ユニットが上部に位置することが超低域の共振(20-30hz)を招いていました。ステアリングダンパーを取り付けることによりこの共振はだいぶ抑えられたと感じます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ふかひれさん、おはようございます。

    ショックアブソーバーを活用することで、見事バスドラとベースの分離を果たされましたか。バイク用の部品をオーディオに応用されるとは....その行動力が素晴らしいです!

    拙宅でもB&Wの802D+ウェルフロートで、この共振影響を感じるのですが、くさびでチマチマと対策していてスケールが違うなぁと。

    ここまで原因を掘り下げ、対策が進んだのは、オフ会での計測がきっかけでしたね。何でもやってみるものですね。

    byヒジヤン at2016-08-07 08:07

  2. ヒジヤンさん、おはようございます。

    オフ会での計測をしなければ、バスドラとベースの分離は気が付かなかったと思います。
    そしてヒジヤンさんのショックアブソーバーの一言が今回のチャレンジの成功の基だと思っています。ありがとうございます。

    棚用ダンパーが余って(同時取付出来ず)しまいましたが、ヒジヤンさんもチャレンジしてみますか。低域ユニットが下にある場合はこれもだいぶ有効だと思います。無料でお譲りします。

    byふかひれ at2016-08-07 08:26

  3. ふかひれさん、ありがとうございます。

    ですが、このような部品はいつ活用する日が来るかわかりませんので、手持ちにしておくのがよいと思います。

    現在、拙宅でも新たなる音質向上策に取り組み中ですので、完成後にまた相互確認試聴会を致しましょう!ショックアブソーバー・セッティングの成果を聴かせてもらうのを楽しみにしています!

    byヒジヤン at2016-08-07 22:53

  4. ヒジヤンさん、レスありがとうございます。

    大事にしまっておきます。涼しくなってきましたら確認試聴会を行いましょう。

    よろしくお願いいたします。

    byふかひれ at2016-08-09 06:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする