柳緑花紅
柳緑花紅
オーディオと音楽会通いを続けて四半世紀、我ながらよく続くものだと思います。大型犬と小型犬のような息子2人の邪魔をかわしながら狭い部屋で楽しんでいます。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

おくればせながら、、、マリア・ジョアン・ピリス@サントリーホール

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月30日

2Hくん さんの日記にレポしますとレスしておきながら時間があいてしまいましたが、4/12, 4/17のマリア・ジョアン・ピリスの演奏会に行ってきました。

4/12(木)
当初の予定演目は
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
シューベルト:3つのピアノ曲(即興曲集) D946
ベートーヴェン:「テンペスト」
でしたが、シューベルトのかわりにベートーヴェンのピアノ・ソナタ第32盤 Op.111という、ベートーヴェン縛り。2Hくんさんが聴かれた4/14の大阪講演と同演目です。

席は1階13列のやや左目(鍵盤側)

「悲愴」
ちょっと調子がでないのか、音が帯域ごとにバラバラにとどく印象でした。やや心配になる出だし。

「テンペスト」
好きなフレーズはテンポを少し崩してでも思い入れを込めて、そこまででもないフレーズはさらっと流す弾き方。悪くないです。このあたりから調子がでてきたのか、音の粒が揃い、輝きがでてきました。

32番
これは大好きな曲です。第1楽章のややおどろおどろしい雰囲気から、圧巻は第2楽章。プログラムにも「秘仏が収蔵されている奥の院に到達したようなある種、究極的な作品」とありますが、同時期の後期の弦楽四重奏曲と同様、晩年のベートーヴェンは何か新しい境地にたどり着いていたのだと感じます。この頃は耳も聞こえないはず、なぜこんな曲が書けるのかと溜息が出るような変幻自在なフレーズを、ピリスは思い入れたっぷりに、しかし決して重くならず、過不足なく聴かせます。至福の30分、まさにあっという間の出来事でした。


アンコールは写真の曲。初めて聴く曲でした。


4/17(火)
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第13番 変ロ長調 K.333
シューベルト:4つの即興曲 Op.142, D935

この日の席はP席の鍵盤側

モーツァルトの2曲
これまで何度となく演奏してきた曲でしょう。同行した父は「名人芸だねー」と表現していましたが、よくも悪くも、というニュアンスが含まれていたと思います。的を射た言葉だと思いました。好きなフレーズは思い入れたっぷりに、そうでもないところはさらっと行くところは12日と同じです。もちろんいいのですが、もう少し熱気みたいなものがあれば尚、とおねだりしてみたくなります。ただ、今にして思うと演目がそもそもそういう曲なのかもしれませんね。後期の曲だとまた違った演奏になったかもしれません。

シューベルト 即興曲
ベートーヴェンやモーツァルトと比べるとどうしてもやや地味な印象がありますが、それらとはまたひと味違う世界、個人的に好きな内田光子が得意としていることもあり、家でときどき聴いています。D935は前半のナイーヴな感じと後半の芯の強さのコントラストが印象的です。これも名人芸(こちらはいい意味で)といいますか、決して無理に攻めたり、勢いに任せることなく、ただし曲のもつ魅力を十全に引き出す演奏でした。父もとても気に入ったようでした。

アンコールはもともと12日に弾く予定だったD946の第2楽章。
これが聴けたのは嬉しい誤算でした。満足。

***
ピアノはヤマハ製で、よく使われるスタインウェイ製とはだいぶ印象が違いました。重厚というよりは繊細かつやや硬質に聞こえました(4/12)が、中休みの調律の効果もあってか、ひとつの完成された美しさを感じました。4/17はP席ということもあり、とくに低域は反射板との位置関係で「来る」という感じはやや乏しかった印象です。ただ、何年か前に聴いた内田のベートーヴェン ディアベッリ変奏曲(このときも2回とも聞きに行き、S席とP席だったのですが)のときは、P席でやや音の輪郭が甘くなる感はあったものの、演奏の素晴らしさも手伝い気になりませんでした。このあたりはピアノの加減もあるように思いました。

なお、サントリーホールは昨年改修を行ったそうですが、どう音が変わったのかは私にはよくわかりませんでした。笑

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする