assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

公のオーディオと私のオーディオ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月09日

オーディオは自分のための物なので、自分が気に入る音が出れば良いといいう意見が有ります。それに対してある程度の普遍性は必要だろうという意見も有ります。

私はリビングでオーディオをやっている関係上、家族に理解を得られないような音は出せません。つまり自分の好みだけではなく、家族の好みも考慮に入れた調整が必要になります。

数年前からたまにPA的なことをすることが有ります(スライド上映会のBGM)。
この場合にはオーディオに興味がない人たちに自作スピーカーの音を聴かせることになります。この時には、「来てもらった人に楽しんで聴いてもらえるか?」を第一に考えます。つまり自分が納得の行く音で、なおかつ聴いた人が楽しんでもらえるように音を調整します。

EVやYAMAHAのPA用スピーカーでも良いのですが、単に「確実に音が聞こえる」だけでなくもうちょっと「音楽を楽しめる音」を出したいと思ってますす。

とりとめのない話ですが、他人(オーディオマニアではない普通の人)が楽しめる音かどうか考えてみるのも面白いかもしれません。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. assiさん、お疲れ様です。
    自分はそういった客観視というのはとても大事な事だと思います。
    あまり他人の意見ばかりを気にし過ぎて他人に聴かせるためのオーディオになってしまっては本末転倒ではありますが。
    あくまで自分を始点とすること。 
    しかし他人の観点と直接2点で繋げて直線にしないこと。
    しっかり自分が始点から行える距離を把握し、定めること。
    そうすればきっとより素晴らしい結果が得られると思ってます。



    勿論、大口叩く割に実践なんて出来てませんがww

    by快聴亭戯休 at2017-04-10 18:26

  2. asslさん

     公とは大きく出ましたね(笑)

    ただし普通の人に心地良く聴いて貰うには「配慮」は必要ですよね。 普通の人たちを招くのですから最低限「不快」にさせては不味いですから・・・。

     ご家族間に於いても同じで不快を与える音量や配置(実際に邪魔だとダメでしょ(笑))は無理ですよね。 この辺りは家庭内の権力(立場)に依存するものでしょうが(爆)

     まぁ- 個人(自分)を最優先にしたいのが本音でしょうね。 好きな時に、好きな音量で、気兼ねなく音楽を聴いたり映画を見たりと・・・  近所への配慮や家庭内の配慮、楽しむには色々とコストが掛かる趣味ですから (^_^;) (^_^;)

    byアコスの住人 at2017-04-11 07:01

  3. 戯休さん、アコスさんこんばんは。
    与太話にレスありがとうございます。

    実はどういう音を出したら楽しんでもらえるか考えたのは最初だけです。何回かやっているうちに自分が楽しめる音が出せた時には他の人も楽しんでくれて、自分が「いまいちだな〜」と思った時には他の人の反応も悪いことがわかりました。

    したがって今は自分が楽しめる音を出せばきっと他の人も楽しんでくれると思ってます。

    ただ音量は重要ですね。防音の関係上、周りから苦情が来たことも(ヲイ)。

    あと大きな会場で鳴らすというのは面白いですよ。スピーカー再生技術研究会の発表なんかもそうですが機会があればできるだけ参加したいと思ってます。

    byassi at2017-04-11 21:25

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする