assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

アップサンプリング(整数倍)はどう補完するべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月15日

わかっている人には当たり前のことです。
ちなみに私は「わかっている人」には入れません。
(要するによく分かってない)

東京電機大学の金田豊先生が2014年に音響学会のセミナーを行った時の資料がネット上で公開されてます。(太っ腹!)
http://www.asp.c.dendai.ac.jp/ASP/DSPseminar14.pdf
これの9ページあたりから離散点をどうやってなめらかに繋ぐか解説されてます。
この資料は本当に勉強になります。

アップサンプリングするときにはゼロを内挿して、その後にローパスフィルタを
かければOKです。ややこしい計算式で中間点を計算しなくても大丈夫なのです。
ただし理想のローパスフィルタ(sinc関数)は無限長なのでどこかで妥協して短くしなければ計算できません。

CHORDなんかはコストをかけてかなり長いTap数で計算しています。
長ければ長いほど理想に近づきますが、どこまで聴き分け出来るのかは?です。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする