assi
assi
理論?派・自作ローコストオーディオをやってますが、実はハイエンドやオカルトも好きだったりします。よろしくお願いします。

マイルーム

リビングオーディオ
リビングオーディオ
持ち家(戸建) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音なし / スクリーン~120型 / ~5.1ch
メイン:自作3wayマルチアンプ サブ:LinuxによるPCオーディオ 3wayマルチアンプだったり、フルレンジの時もあり。気分で変わります。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

リファレンス・レコーディングス

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年12月09日

リファレンス・レコーディングス(以下RR)のチーフエンジニアはキース・ジョンソン博士です。
氏はSpectralの設計者であり、HDCDの開発者の一人でもあります。
そのため、RRのCDは最初期のものを除いてHDCDでエンコードされています。
HDCDは簡単にいえばCDと互換性をもたせながら20〜24bit相当に高音質化したデータフォーマットです

通常のCDプレーヤーでは16bitのCD音質で、HDCD対応機器で再生すればより高音質で再生できます。
最近はハイレゾで録音配信されていますが、過去のRRの録音を高音質に再生しようとすればHDCD再生環境が必要です。

さて、AmazonMusicHDでは過去のRRの録音は44.1KHz16bitで配信されていますが、このデーターはHDCDのデータです。
AmazonMusicHDでのRR(44.1KHz16bit)をマランツやBluesound単体で再生するとCD音質での再生となります。
しかしマランツやBluesoundのデジタル出力をHDCD対応のDAコンバーター(ちょっと古いですがBerkeley Audio Design の Alpha DAC Referenceなど)で再生すると本来のHDCDの音質で再生できます。

私は残念ながらHDCDが再生ができる環境ではないので、ショップでの試聴ですが素晴らしい音質でした。
まあ、更に言うならそのショップでRRのCDをSpectralのSDR4000SLで聴かせてもらったものが最高でした。
語彙が乏しいのでうまく言えませんが、解像度とかSN比とかではなく音楽が説得力を持って伝わってくる感じでしょうか。
きっとキース博士の意図に一番近い再生はこれなんでしょう。

念の為に言っておきますが、RRのCDは通常(非HDCD)の再生でも素晴らしいです。
下手なハイレゾ録音よりも遥かに良く聴こえます。
HDCDで再生すればより良いだけです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. assiさん、今晩は、
    RRにHDCD規格、懐かしいですねぇー。
    今でも”後生大事”に持っています。再生環境がないのに。
    一時期凝って集めていました。10数枚持っていますが。
    私の知る限り、LINNのCDプレイヤーとデノンのDVDプレイヤーが再生出来るハズ。

    BBより(=^・^

    byブルースブラザース at2020-12-09 22:19

  2. assiさん

    assiさんともあろうお方が、ファイル再生環境をお持ちでなかったのでしょうか。勘違いのコメントでしたらごめんなさい。



    以下は、余計なことかも知れませんが…

    RRのHDCD盤は、全てではありませんが、別途ハイレゾ音源で配信されています。かつてはDVDでハイレゾのwavファイルも併売していて古くからのハイレゾ音源供給者でした。

    HDCDは、dBpoeramp CDRipperなどのリッピングソフトでデコードされて容易に24ビット化できます。ただし、PCMデジタルの上限は0dBなのでビット再構成による音圧割り当てが変わるため音量は6dBほど小さくなります。

    もともとのHDCDを通常CDとして再生する場合も、RRでは音圧上限をあらかじめ想定しているのか、通常のボリュームでは音量は小さめになります。クラシックではかなり音量は小さく感じますので、ボリュームを上げてご鑑賞ください。

    byベルウッド at2020-12-10 08:13

  3. ブルースブラザースさん、こんばんは。

    ちゃんとした環境で聴くとHDCDデコードしたほうが明らかに良く聴こえますのでたまに対応DACが欲しくなります。
    まあ、通常の再生でも十分高音質だし、このハイレゾのご時世に今更感があるので諦めてます。

    byassi at2020-12-10 17:57

  4. ベルウッドさん、こんばんは。
    おっしゃるとおりファイル再生ではソフトでデコードしてしまえばHDCD本来の音質で再生できます。
    実は私、RRのCDそんなに持ってないんですよね。
    というわけでAmazonMusicHDのストリーミング再生でHDCDをデコードしたいなあという話です。
    ハイレゾのものもありますが、HDCD(44.1KHz16bit)のものも結構ありますので。
    一度ファイルに落としてデコードもできますが著作権保護を回避しなければならないのでちょっとアウトでしょう。

    byassi at2020-12-10 18:00

  5. assiさん

    ご趣旨は理解しましたが、ストリーミング再生でHDCDにデコードされているものがあるのでしょうか?

    ストリーミングされているのは、あくまでもCDフォーマット(44.1KHz/16bit)相当なのではないでしょうか。それを例えファイルに落としたとしてもデコードはされないのではないかと思います。



    ちなみにAudioDesignのブログでは、HDCDのデコードが可能なDVDプレーヤーとして東芝のSD-9500が紹介されています。

    https://audiodesign.co.jp/blog/?p=3058

    byベルウッド at2020-12-11 09:53

  6. 日記本文をしっかり読んでください。

    >>さて、AmazonMusicHDでは過去のRRの録音は44.1KHz16bitで配信されていますが、このデーターはHDCDのデータです。
    >>AmazonMusicHDでのRR(44.1KHz16bit)をマランツやBluesound単体で再生するとCD音質での再生となります。
    >>しかしマランツやBluesoundのデジタル出力をHDCD対応のDAコンバーター(ちょっと古いですがBerkeley Audio Design の Alpha DAC Referenceなど)で再生すると本来のHDCDの音質で再生できます。

    RRのAmazonMusicHDの再生をいくつか試しましたが、対応DACのHDCDのインジケータがちゃんと点灯しました。

    byassi at2020-12-11 11:57

  7. assiさん

    ちゃんと読んだつもりですが、わからなかったので質問いたしました。

    >RRのAmazonMusicHDの再生をいくつか試しましたが、対応DACのHDCDのインジケータがちゃんと点灯しました

    >私は残念ながらHDCDが再生ができる環境ではない

    つまりは、ショップでAmazonMusicHD→Bluesound(?)→Alpha DAC Reference(?)の再生を聴かれたといいうことでしょうか。

    ショップと、その具体的な再生環境が書かれていないのでよくわかりませんでした。

    ストリーミングであってもHDCD信号そのままであって、そのままデコードすれば24bit変換されるとは知りませんでした。意外に思えたのでちょっとひっかかったのです。

    失礼いたしました。

    byベルウッド at2020-12-11 13:32

  8. assiさん、こんばんは。いつぞやはアンプのプロテクターの件でお世話になりました。プロテクターは相変わらず作動しますが、付き合っていくことにしました。

    今回の日記なのですが、HDCD音質をストリーミングで取り出すという主題から外れ、また、素人くさい質問で恐縮なのですが、今更ながら質問させてください。

    プレイヤーにES9026PROが、AVプリにAK4490が搭載されています。
    前者をアナログ出力にすると後者のDACは作動しないと考えてよいのでしょうか?それともAK4490が全ての限界値になるのでしょうか?

    「マランツやBluesoundのデジタル出力をHDCD対応のDAコンバーター(ちょっと古いですがBerkeley Audio Design の Alpha DAC Referenceなど)で再生すると本来のHDCDの音質で再生できます。」と書かれてますが、この場合はAVプリのデジタル出力に接続したAlpha DAC Referenceをどこに出力するのでしょうか?パワーアンプですか?

    よろしくお願いします。

    byベルイマン at2020-12-12 22:19

  9. ベルイマンさん、おはようございます。
    HDCDはデジタル音声信号のなかにHDCDの情報がエンコードされて入っています。
    したがってデジタルプレーヤーがHDCDに対応していない場合にはデジタルで対応機器に接続する必要があります。
    この場合、デジタルプレーヤーではアップサンプリングなどをせずに、そのまま出力する必要があります。

    デジタルプレーヤー(HDCD非対応)のデジタルOUT → DAC(HDCD対応)のデジタルIN、 DACのアナログOUT → プリアンプ or プリメインアンプ

    いったんDA変換されるとただのアナログ信号になるのでHDCDの情報は残りません。

    一般的にデジタルプレーヤーのアナログ出力(MULTI CH)をAVアンプに接続した場合には、AVアンプのアナログ部分しか使われないと思われます。
    有効になるのはCH間の音量調節くらいで、それ以外のデジタル効果は無効になります。
    2chの場合にはどうなのか、詳しいことを知りません。
    デジタル効果が有効ならばAVアンプ内で一旦AD変換されて再びDA変換されていることになります。

    byassi at2020-12-13 09:39

  10. assiさん、こんばんは。

    丁寧にありがとうございます。AVプリによるデジタル効果が発揮されたままになるかどうかで確かめることができるわけですね。試みてみます。現状のAK4490以外のDACで聴いてみたいと考えており、質問させていただきました。またよろしくお願いします。

    byベルイマン at2020-12-14 01:08

  11. assiさん
     HDCDの音源は即リッピングし、foobar2000で441/24のデータに変換し、それを使っています。
     但し、本来はピークの復元が目的なのですが、現実の曲の中でそれが働くのは"極々"一瞬で、それ以外全てS/Nが6dB悪化...。
     この規格って正直どうなんでしょうね?
     まあ、S/N6dB悪化は音質改善のディザだと言う事で、良い方に考える事もできますが...。

    byナショナルキッド at2021-01-27 08:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする