胴太貫ぽんた
胴太貫ぽんた
プアオーディオやってます。 粒立ちスピード感アタック感高解像度高SN比を求める単線信者。 聴くのはロックやエレクトロJPOP、詳しくは以下 オーディオに興味を持ち始めて間もない頃 こちらの…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

電源ケーブル変更・アクセサリ追加

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年05月21日

こんにちは、時間ができましたので
最近のオーディオ周りの変更をざっくり垂れ流していきます。
短期間で色々変えてしまったので
単品での比較は曖昧だと思います。

1.DAC及びアンプの電源ケーブルの変更
ケーブルは旧TSUNAMIを使用していましたが
5D-2Vを用いたラダー型に変更しました。
段数はそれぞれ11段と7段、プラグは流用です。
ホットカッターがないと作製は非常に難しいですね。
だいぶ時間がかかりました。



比較して、SN比、立ち上がり立ち下がり、音の実在感
良くなってます。
背景に溶け込んでいた一つ一つの音が
輪郭を伴って浮き出てくる感じ。
懸念されていたFレンジの縮小ですが、特に気にならず。
音が少し痩せたかな?とも思いますが、
音の一つ一つの密度が上がっている結果かも。
一言で言えば、生々しくなりました。
変な癖もないし、いいものですね。

1.5.ヘッドホンリケーブル・サブウーハーケーブル変更
ヘッドホンは0.5mmPEW線+綿紐スリーブ+オヤイデP-240T
に変更。L+-とR+-で完全にセパレート、
撚りもせず平行のまま、それぞれ綿紐に通してます。
残念な事に、今まで作ったどのケーブルよりも自然でかつ
輪郭がはっきりしてますね。そして安価。



サブウーハーのRCAも、VVF線の被覆を全むき、綿紐通して
ってだけのケーブルに変更しました。
やっぱりタイトな音になりますね。

2.USB及びLANターミネーター制作・導入
以前アコリバブースでオススメされたものですね。
パナソニックが売りだして話題にもなっていたと。
あまり作例がなく、情報収集に苦労しました。
中身としては単純なもののようですね。

USBターミネーターは電源線にコンデンサが、
信号線には抵抗が入ったものというものらしいです。
部品のパラメーターは某所から引っ張ってきまして、
コンデンサ:200pFのマイカコンデンサ
抵抗:75Ω タクマンのオーディオ用1/2W
を使用しています。

LANターミネーターは「かないまる氏」
のHPを参考にさせていただきました。
1000baseTなので、
端子8つに対し47Ωの抵抗をそれぞれに接続し、
末端を一つにまとめています。



使用法は、
音楽系統に使っているUSBやLANポートの近くに刺す、
ということが勧められています。

私の場合は
LANルーターにUSB、LAN一つづつ、
PCにもUSB、LAN一つづつ、
アンプ、DAC/HPアンプにUSB一つづつ
使ってみました。

懐疑的でしたが、安く作れるならやってみるか、
ということで試してみましたが、効きますね。
撮影のためにLANルーター側だけ引っこ抜いてみましたが
ケーブル変更ほどではないですが違いは出ますね。

どう変わるかというと、
まんま上記ラダー型ケーブルの感想になってしまうんですが、
一つ一つの音が、背景に溶けずに輪郭を伴って浮き出てくる、
小さな音もはっきり聴き取りやすく、SN比の向上、
静かなところから、ぱっと音が立ち上がり、
真っ暗なところに余韻がスッと消えていく。
Fレンジは特に変わったように感じません。

銅箔シールド有り無しを比較してみましたが、
シールド有りは音の元気さがやや落ちますね。
少し平坦な音になってしまうというか、滑らかではありますが。
シールド無しでも上記の効果は感じます。
これは趣味が別れますね。


色々やった感はあったんですが、
まだまだ伸びしろはありましたね。
以前と比べて聴き取れる情報量が増え、
音量を上げてもうるさくは感じなくなりました。
が、他の部屋に移動した時、
以前よりはっきりと音楽自体の音が聴こえるように。
スピーカーにフロアマットを貼り付けた時のように、
余計な付帯音が減ってるんでしょうかね。

まだまだ色々なネタが有ると思います。
見かけたらまた試してみたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする