ふえやっこだい
ふえやっこだい
1960年代生まれのAVファンです。

マイルーム

漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
人物の感情が吹き出して来るような生気のある肌、漆黒の宇宙空間に煌めく 無数の星屑を表現出来るD-ILAの映像が好きです。 JVC特有の三次元映像は130インチカーブドスクリーンと相性抜群。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

日記

PJ視聴会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月12日

535はリアル4Kらしさを追求し、やや弱点だった発色にメスを入れて
完成度が高められ、精細度のリアルを追求しながら分かり安い発色で、
基本的に大多数の方が綺麗だと感じる映像だと思いました。

535はリビングシアターとして、非常に高度なバランスでまとめられており、
一般市場では総合点でトップと言っても良く、購入相談をされれば間違いない
機種として推薦出来ると思います。

以前は、JVCは4Kブームに乗って解像度を上げる事に腐心し、疑似4Kで
無理に精細度を締め上げようとしていて750Rでは映像に無理があったように
思います。

ようやく限界を悟ったのでしょうか、それとも我に帰ったのでしょうか、
770Rでは「さらに精細度を」ではなく、むしろ柔らかくなっていました。

それ故、精細度では535とは明確な差が出てしまいましたが、シネマの味を
追求する本来の姿に戻ったようです。

リビングにあるプラズマテレビには、シネマモードがありますが、発色は
減退しますが、映画らしい柔らかく自然な奥行き感が出てきます。

テレビは通常番組しか見ないのでシネマモードは使いませんが、すなわち
シネマチックな映像とは、ある意味、リアルとは異なる事を意味します。

「リアルとは違う?それが何だ。映画を美しく魅せる映像とはこうだ」と言う
哲学を感じます。

770Rのシネマモードの映像は、一見、535に比べて渋い発色で、パッと見て
鮮やかな発色ではないですが、DCI-P3を超えた色表現を持つ故に、色を
出せない訳がなく、意図的にそう言う絵作りをしているようです。

失うものの代わりに得るものがあり、高コントラストを活かした細部の
陰影表現に優れていて、特に曇りガラスの状態や服のシワ部分で立体感が
535よりも表現出来ています。

以前から思っていたのですが、記憶色ではなくやや地味と言われる忠実色の
Nikonの写真の傾向によく似ていると思います。

また、僅か1万あげた13万対1とは言え、改良されたコントラストは
535では表現出来ない驚異的な暗部表現を実現していました。

白壁の視聴会であるにもかかわらず黒が沈みその中で輝く光との対比で、
グレア液晶かと見まがうハイコントラストで浮かび上がる映像は愛機700Rを
確実に凌駕し、シネマチック映像として、もはや驚嘆の領域に入ったようです。

個人的には、ハイコントラスト映像を最大の高画質要因として優先して
いるので770Rが好みです。

環境を選ばずオールマイティで、鮮やかな発色と超高精細で大多数を
満足させうる535。

環境を整える程に驚異的なハイコントラスト能力で天の川が見える田舎の
夜空のように神々しく輝き映像を立体的に浮かび上がらせる770R。

両者は良い意味でのライバル関係になったなあと思いました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 535とはSONY VPL-VW535、770RとはDLA-X770Rのことですよね。

    先日のUDP-205の試聴会でDLA-Z1を見たくらいで
    最近あまりプロジェクタは見なくなってしまいましたが、
    ようやく4Kプロジェクタも機種が増えて
    選択肢が増えてきた印象がありますね。

    byHermitage at2017-07-13 13:00

  2. Hemitageさん、レスありがとうございます。

    真に4Kプロジェクターと言えるのはZ1と535です。
    Z1は、画質的に同じJVCの770Rよりも535の上位互換と
    言って良いと思います。

    770Rの解像度は2Kと4Kの間くらいの実効解像度なので
    3Kかスーパー2Kと言う表現の方が正しいと思います。

    その代わりに770Rのコントラストは、最大でZ1・535の
    両機種の約6倍あり、別の映像装置だと言えます。

    明るい場面や近くで見るほど高精細が有利で、暗い場面や
    迷光対策があるほど高コントラスト機が有利になります。

    暗い場面になると、低コントラストでは映像が黒潰れして
    映像自体がなくなり高精細の意味がなくなるからです。

    よって車で言えばセダンとミニバンのように、高精細機と
    高コントラスト機の同時所有・併用も良いと思います。

    Z1は買えませんが、仮に買えたとしても所有している
    700Rは高コントラスト機として残して併用すると思います。

    byふえやっこだい at2017-07-13 13:36

  3. ふえやっこだいさん、

    はじめまして。
    PJのレポート非常に興味深く拝見しました。

    私は画像は素人なのでふえやっこだいさんのご意見をうかがいたいのですが…

    前にVW535、750R(770Rの前身)とエプソンのLS10500の比較を某メジャーAV販売店チェーンの横浜のお店で見たことがあります。
    HDRでの比較でしたが、レヴエナントの冒頭のシーンはさすがにVW535の表現力が勝っている感じでした。
    でも、バットマン対スーパーマンの夜の対決シーンはVW535よりもLS10500や750Rの黒の沈み込みがまさり、絵が引き締まっていた感じです。このシーンでは画像の安定性でLS10500により好感を持ちました。

    もし、LS10500をご覧になっていらっしゃいましたらVW535、770Rと比較してどのような印象をお持ちかお教えいただけないでしょうか?

    byK&K at2017-07-13 15:20

  4. K&Kさん

    どういう環境でどういう映像を見るかで選択は変わります。

    リビングなのか、暗幕で迷光対策が出来ているのか。

    ソースは色んなソースをバランス良くテレビ代わりに見るのか
    映画専用なのか。

    前機種もそうでしたが、色のLS10500、高精細の535、暗部の770R
    と言う図式に代わりはありません。

    私はドラマもスポーツも風景もテレビで見ます。プロジェクターは
    映画しか見ません。

    映画は暗部の場面が多く、また黒が浮いたり潰れて見えないのが
    個人的に非常に苦痛に感じます。

    逆に艶ある漆黒とそこから浮き出る映像を何よりも美しい映像と
    感じます。

    よって私個人の趣向は、黒性能>色彩性能>精細度で、必然的に
    770Rがベストバイです。

    LS10500は、その色彩性能から花や服の色が綺麗で何よりアニメに
    非常に強いです。アニメに暗部はないです。

    暗部の表現性能はネイティブコントラストの数字に忠実で、
    770R>>LS10500>570R>VW535です。

    漆黒とグレア液晶のような輝きで浮き出る映像を表現出来るのは
    770Rのみですが、それを出すにはある程度の迷光対策が必要です。

    迷光対策が出来ないなら差がなくなり、水準以上のコントラストと
    色の優位性でLS10500か、超高精細の535という選択になります。

    私はハイミロンで迷光対策していますが、それができなかった
    としたら、色彩性能が次点なのでLS10500が選択対象になります。

    ただ高精細は分かり安い性能なので、見るソースや部屋の環境を
    聞かずに万人に勧めるとしたら、VW535になります。

    byふえやっこだい at2017-07-13 16:59

  5. https://www.avac.co.jp/contents/609

    LS10000ですが、このレポートが秀逸です。HDR以外は
    LS10500と差はほとんどありません。

    ムーンラージュは700R(2世代前)が、最もコントラストが
    出ています。

    オズ 始まりの戦いでは、LS10000の色彩性能が出ています。

    青のエクソシストでは、LS10000が綺麗なアニメの色になって
    います。2次元アニメなのに700Rの植物の立体感が異様です。

    マレフィセントは、700Rの中央部の空と端の木の黒さの対比が
    大きく暗部と前後間隔の表現が出来ています。

    770Rは700Rよりもさらに暗部が進化しています。

    byふえやっこだい at2017-07-13 18:12

  6. ふえやっこだいさん、

    詳細な解説、ありがとうございました。
    非常に参考になりました。

    現在はDLA-HD550という3D対応前の機種を使っていてできれば買い換えたいなぁと思っていますが、まだ資金面で逡巡しています。

    拙宅はプロジェクターを音楽専用室に設置しているのですが、真っ暗にはなるものの音の響き優先のため壁は木の仕上げで比較的明るい色なのでハイミロンのような完璧な迷光対策の部屋とは差があると思います。
    ソースはほとんどアニメ以外の映画で、TVのスポーツを少々といったところです。

    ウチの部屋ではやはり770Rの黒性能は生かし切れないかもしれませんね。そうなるとレーザー光源の長寿命も魅力的なLS10500を選ぶべきか…
    いずれにしても購入にはまだ時間がかかりそうなので良く考えてみます。

    素人の私にもわかりやすい説明に感謝しています。

    byK&K at2017-07-13 21:11

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする