ふえやっこだい
ふえやっこだい
1960年代生まれのAVファンです。

マイルーム

漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
漆黒の大海に浮かぶ色彩の世界
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / ホームシアタールーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン130型以上 / 8ch以上
人物の感情が吹き出して来るような生気のある肌、漆黒の宇宙空間に煌めく 無数の星屑を表現出来るD-ILAの映像が好きです。 JVC特有の三次元映像は130インチカーブドスクリーンと相性抜群。
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

お気に入り製品

日記

サブウーファーの位置

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月22日

アコスさんのご希望?があり、サブウーファーの位置を出しました。

視聴位置より後ろは不要なのでハイミロンを貼っていません。

チェア後方1.5mにヤマハSW800。ソニー9ESPEを追加?
サラウンドはソニー5ES、サラウンドバックはヤマハNS515(5ESに交換予定)
リアプレゼンスはソニーHW1(ヒガシの突っ張りポールに載せてます)

中央ラックは上からDLA-X700R、UBZ1、CX-A5100(CX-A5100に交換予定)、
A9000R(パワーアンプモード)、MC5501(マルチパワーアンプ)

右ラックはマランツDV9500(PD70AEに交換?)、M5000RX4台

右側の写真はM5000RのアクティブコントロールGND接続の方法
ノイズが激減して高音質になります。

映像
 UBZ1→VX-HD1200LC→DLA-X700R+ANAMORPHOT

音声
 UBZ1→DLC-9150ES→CX-A5100
  →M5000R→5ESPe(フロント)アクティブコントロールGND接続
  →M5000R→5ESPe(フロント)アクティブコントロールGND接続
  →M5000R→8ES(センター)
  →M5000R→5ESX2(サラウンド)
  →A9000R→NS515X2(サラウンドバック)
  →MC5501→HW1X4(前後プレゼンス)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. ふえやさん

     お詳しくありがとうございます。

    後方は「明るいなぁ-」と思ったら、別にご紹介頂いた フロント側を見たら完璧な黒処理でお見事ですね。  それも全てDIYと伺い「凄い!」と・・・  

     後方に集積?された機器はお見事で 上手くセッティングされていますね。 後方まで無理に展開されず 配線のし易さも感じ取れます。   4台のM5000Rは壮観ですね。 贅沢な使い方ですし・・・ 

     サラウンドバックの5ES化と サブウーファーのSA-NA9ESpeの登用は お勧めですね。 (私には説得力は無いのですが・・(笑))  特にSA-NA9ESpeは良さそうなモデルですね。 SONYサイトに見に行ったのですが詳細が無く構造が分かりませんでした。 写真の(グリル有りと無しだけの2枚)様子ではSW800との差し替えは難しいと思っていました。   ところが説明には250mm×2?・・  それで画像検索したら出て来ました。  250mmウーファーは水平設置。 すなわちTD725swみたいな構造ですよね。これで納得!  この辺りは重要な事なんだけど・・・ SONYさん 大丈夫ですか? (笑)

    2chステレオCDの充実は やはり専用機が良いでしょうね。  DV9500も当時は評判の機種でしたが いかんせんDVDプレーヤーが基礎ですから。。。 高品位とはネ (笑)  

     ヴォリュームコントロールが出来るCDプレーヤーなら パワー直結も可能ですね。 PD70AEは駄目みたいですが・・  A5100(A5200に買い替え?)のアナログ入力でダイレクトモードで先ずは楽しめると思いますよ。  いずれは2chプリアンプに入れ替えれば その違いは実感出来ると思いますよ。 


       
     お忙しいトコロ 写真とお詳しい説明ありがとうございました。  サラウンドのシームレス再生は憧れますよね~~  2chからサラウンドに入って来た者にはなかなか難しい現実ですが・・(=_=)  自分もボチボチ頑張ります。 

     ふえやさん、先ずはCXA5200でしたよね。   交換作業は骨の折れる事ですが、これも楽しい作業ですよね。  色んな意味でワクワク!ですから・・・

     

    byアコスの住人 at2018-09-23 11:12

  2. アコスさん、レスありがとうございます。

    CX-A5100(CX-A5200に交換予定)でした。試聴会はまだですが
    もう既に予約を入れて来月末には手に入ると思います。

    CX-A5100も良いのですが、やはりマランツに比べると音が軽い。
    その辺が改善されたとのレポートがあったので決定です。

    SW800から9ESに変えた人の話によると、音質の改善は著しいが
    やはり迫力系ではSW800に劣ると言う事なので、交換ではなく
    追加して、同時併用でなく用途に応じて切り替えるのが吉かなと。

    パワーアンプをオールonkyo、スピーカーをオールソニーにして
    フルシームレス化にしようと思ってます。

    DV9500はだいぶ劣化して使用しておらず飾りの状態で、交換待ち
    という状態です。新型LX800との交換も考えましたが、UBZ1からの
    ステップアップは少なそうで、M5000RのアクティブコントロールGND接続を
    生かして2chに特化したPD70AEかデノンのDCD-SX11が賢明かなと。

    カーブドスクリーンも自作したのですが、やはり製品版と同等
    と言う訳にはいかず、ピュアマットⅢを購入しました。

    ハイミロンカーテンは突っ張りカーテンポールと紙ハイミロンを
    併用しています。

    私はプロジェクターの買い換えをやめて他のシステムアップに
    つぎ込んで来ましたが正解でした。AはVのおまけと思ってたのに
    やってみたらこんなに凄いものとは想像出来ませんでした。

    声は生々しく、迫力ある効果音は体を震わし、刃が擦れ合うような
    鋭い音まで鈍らず耳に刺さるように聞こえてきます。

    アコスさんはPJを変えないなら、カーブド化を推奨しますね。
    プロジェクターよりもコストが安上がりです。ピュアマットⅢは
    高価ですが、エリートスクリーンのリュネットなら安価です。

    3Dとは言いませんが、膨らみある映像は高精細、コントラスト
    というX軸とY軸にZ軸が加わり、新しい価値観を得られますよ。

    75Rはピンクッション歪補正機能があるのでアナモレンズが不要で
    スクリーンだけあれば出来ますからね。

    byふえやっこだい at2018-09-23 12:00

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする