光陰
光陰
 中高生の頃は小遣いがなく、アンプ製作雑誌を眺めているばかりでした。  就職してから本格的に始め、以後断続的に続けて現在に至ります。  今までに、ハード関係は終わりだなと思った時が数回あり…

マイルーム

勝手気ままな城
勝手気ままな城
持ち家(戸建) / 書斎兼用 / オーディオルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
リスニング席からの全景 (カーテンは、中央部分とSP周辺部とは背後が違っていて、前者は定在波抑止のために吸音材が積み上げてあり、後者は空間となっています。SP周辺のわずかな面積でもかなり有無で変わりま…
所有製品
  • スピーカーシステム
    FOSTEX RS-N2
  • SACDプレーヤー/トランスポート
    ACCUPHASE DP-950
  • DAコンバーター
    ACCUPHASE DC-950
  • パワーアンプ
    ACCUPHASE A-47
  • セットステレオ
    DENON RCD-CX1

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

イコライザーについて1つだけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月10日

 イコライザーを語るときに言われやすいのが、一点でのみしか補正されないから無意味という意見。

 部屋中を歩き回って音を確認するという人もあるようですが、大抵はステレオ感が最大になるポイントの定点で聴取するのが普通。しかも、ほぼ一人きりで。

 蛇足ですが、「イコライザー使用は最後の手段」と言われる事がありますが、イコライザーの性格を良く表している言葉だと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 独立した日記にしようか迷いましたが、光陰さんの記事にぶら下がらせてください。

    イコライザなんて大したものじゃないので、「必要なら使う、必要なければ使わない」で良いのです。
    部屋・スピーカーのバランスが取れていて特性が整っていれば使う必要なんてありません。
    逆に部屋・スピーカーが決まっているけどバランスが悪い・スピーカーの位置にも制限がある、なんて場合にはイコライザは強い味方になります。

    あと現在では昔とちがって測定調整が簡単になったので「イコライザ使用は最初の手段」でも良いのではないかと考えてます。
    PCオーディオをやっていれば「ほぼ無料」で出来ますからね。
    お金があるならアキュフェーズ・トリノフ・DEQXなどを試してみるのも良いでしょう。
    リスニングポイントの狭い範囲でも良いので特性を整えた音を聴いてみてからルームチューニングや部屋の改造に取り組んでも遅くは無いと思います。

    あ、もちろん今から部屋を作る人は別ですよ。イコライザが必要ないような部屋が作れれば最高ですね!

    byassi at2018-06-10 10:11

  2. 光陰様
     前にも書いたかも知れませんが、人間は無意識に周囲(部屋)の影響をキャンセルし音源の音を推定してしまいます。(例えば、部屋を歩き回って会話していても、F特は大きく変わっている筈なのに、声質が変わったと気付かない...。然し、急に音質が変わるとそれを察知し(警戒したり)します)
     従って、音源自体が加工された場合、人はどの様に判断するのか? 簡単な問題ではなさそうです。
     個人的には、(大き目の)密閉型は、口径等で"音源自体の"低域F特は理論的に決まるので、ローブーストはしています。

    byナショナルキッド at2018-06-11 09:48

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする