にゃんす
にゃんす
はじめまして☆ 平日夜と休日中心に良い音楽・素敵な映像に触れる時間を作ってはオーディオ・ホームシアターを楽しんでます。 オーディオやホームシアターを本格的に始めたの10数年前からです。 友達には…

マイルーム

夢はオーデイオルーム
夢はオーデイオルーム
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音あり / スクリーン~120型 / ~7.1ch
現在築○年の自宅内でオーディオ・ホームシアター関連をまとめています。 立て替え時にオーデイオルームを作ろうと思っています。 (いつになることやら・・・。)
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お気に入り製品

日記

Roon Optimized Core Kit Rockを導入しました

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月03日

皆さんこんばんは。
RoonがLinnに対応してからRonnにはまっています。

今までRoon CoreにQnap Hs-251+(Jspcさんでクロック、双信電機SEコンデンサーに交換(SH-UPX01で使用しているもの)DC電源フィルター、Ipowor)の組み合わせで使用していました。
※一応Intel Celeronクアッドコアです)

PCMのアップサンプリングは特に問題がなくCPUにも余裕があります(確か30×前後)
DSD~PCMの変換はCPUスピードが追い付かず、CPUスピードは1×以下になってしまいます。
その為音が途切れてしまい、若干不満がありました。
(DSDはネイティブ再生すれば良いだけのことですが・・)

その為、Roon Nucleus+の日本発売を楽しみにしていたのですが、現段階では販売することは決まっているようですが、具体的な発売日、価格など詳細は未だ決まっていません。
一応予約はしておりますが専用OSを使用した音がどうしても聴いてみたく、
Roon専用 OSを積んでいる
「Roon Optimized Core Kit Rock」を導入してみました。

本来であれば、Nucleus+と同じボード「Nuc7i7BNH」を選択するべきですが、色々と情報をあさっていくと、発熱が高く、ウルサイ!との意見が圧倒的に多く
(2コア、TDP28w)
i5にするか悩みましたが、ネット、Roonコミュニティの情報で
「Nuc7i7DNHE」が使用可能とのこと。
しかも静かで快適との情報を得て、こちらに決定しました。

CPU i7-8650U(4コア8スレッド、ターボブースト時4.2Ghz、それでもTDP15wです!)
・M.2SSD 256GB(Roon OS)
・8GB×2 DDR4
(念のため推奨の2倍のSSD、メモリを積みました)

インストール手順は、You Tubeにある
「Roon ROCK-Roon Core for the Intel NUC-part1~3」にて
詳しい説明がありますので、問題なくセットアップできます。

Nuc7i7DNHEのBios設定でオンボードの不要な機能を片っ端から無効にし、
省電力、ファンスピードはサイレントで。

電源は純正のアダプター、ミッキー端子のためオーディオ用のケーブルは使用不可。
アクセサリーはipurifier DC2、Pioneer Dressing(雑誌付録)を使用。
いざ音だし!

「Qnapより音悪。。。」

Roon全ての設定の組み合わせでもサクサク動くし、
ファンもとても静かです。(試聴位置からほぼ聴こえません)

しかし肝心の音はスピーカーにベールを被せたような籠った音で良いとは言えません。
2~3日すれば良くなっていくだろうと思い、数日間は電源入れっぱなしにしました。
若干クリアになってきたので下記5点追加。

・Acoustic Revive RLI-1GB-TripleC(ファインメットシート、静電気防止シール貼り付け、フェライトコア)

・Panasonic SH-UPX01(試しにN1ZHに入れましたが逆にキンキンな音になりNuc7i7DNHE専用に1ケ)

・AET イオンシールを内部へ
・AET SH-2014HB
・電磁波吸収ゲルをSSDへ

USBコンディショナーは2本刺すことにしました。
今までの環境ですと硬質な音になり、立体感に乏しい傾向になりがちですが、良い方向へ・・
小型PCでも流石ノイズの塊ですね。
それが証拠に、電源を入れるとノイズハーベスターが点滅します。

これである程度良くなってきましたが、Qnapと聴き比べると未だクリアさが足りません。
N1ZHとは比べ物になりません(苦笑)

次に導入したものは・・・
長くなってしまったので、次回に続きます。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. にゃんすさん

    はじめまして。私はRoonを2015年から、ROCKは2016年末から使っています。
    Roonはバージョン1.4ごろから多機能化が一段と進み使い勝手と信頼性が高まりましたが、音質が以前ほどではなくなりました。今はTIDALと組み合わせてサブ音源としています。

    我が家のROCKはサーバー専用で、Outputに6台のPCがぶら下がり、月に一度程度は電源を落とすものの基本的には常時稼動です。
    仕様は、i5(NUC7i5BNH) + .M2SSD [128GB] + DDR4 [8GB] + 2TB SATA SSDをAKASAのファンレスのケースに入れてます。電源はHDPLEXのリニア200W電源から19Vを供給しています。
    音源ライブラリーは1.3TB程度なので、この仕様でもレスポンスに特に不満はありません。

    ところでその音質ですが、先述の通り最高ではありませんが普段聴きでは十分で、HS-251より劣るというのは少し信じ難いです。
    更なる対策をされたようですが、ライブラリーが巨大でないなら、RAMやOSドライブの容量を減らすというのは如何でしょうか?大きすぎるメモリーはノイズ源となるだけですから。

    byのびー at2018-08-03 20:34

  2. のびーさんレスありがとうございます。
    初めましてではないですよ(苦笑・・)

    今回導入したNuc、Roon Rockは以前のびーさんに教わり、
    いつかは!と思っていました。
    Nucleusの発売によって余計導入に拍車が掛かったのは事実ですが。。

    Roonを本格的に使い始めて疑問に思うようになったのが、
    Roon側でアップサンプリングするより、ストレートにDSMに入れた方が音が良く聴こえること。
    接続方法にもよると思いますが、私の環境での優位性は
    DELA>Roon NUC(Dsp無し)>NUC(Dsp有り)

    Linnの場合RAATではなく、カスタムされたストリーム方式の様なので、
    その点が音質に不利なのかもしれません。

    今回最後のアクセサリーはのびーさん同様の仕様で2アイテム追加です。
    少しびっくりしたのですが、行きつくところは同じですね。
    この追加により、HS-251+より上質な音になりました。
    明日にでも日記をアップします。

    ※音源ライブラリーですが、現在4Tほどあります。
     HS-251+でももっさりすることなく快適に動いてました。
     のびーさんのおっしゃる通り、推奨環境で十分のようですね。

    また色々とご教授ください。
    よろしくお願いいたします。

    byにゃんす at2018-08-03 22:31

  3. にゃんすさん

    これは失礼しました。
    私が幾つか試した中では、Roonは(多く他のシステムでも)できるだけ単機能で使用した方が好結果となります。従ってウチでもRoonのフォーマット変換やDSPを使わず、ROCKはCore機能のみを使っています。

    引き続き情報交換させて下さい。

    byのびー at2018-08-03 23:25

  4. のびーさん、こんにちはですね。

    のびーさんの環境でも同じようでしたので、安心しました。
    今後音質面でのテコ入れがあれば良いですね。
    時期アップデートが楽しみです。

    byにゃんす at2018-08-04 00:18

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする