helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー +AudioTechnica A…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

思わぬ処に落とし穴あり

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年11月21日

サブシステムが良くなり、問題点が分かり易くなって来たためか
聴いている内に思わぬ落とし穴に気がついてしまいました。

その1
まずは先日交換したPanasonic EAS-9HH42NAツィーター
どうも最初の印象と違う??
で手作りしたツィーター台・・・パイプの穴を指で塞ぐと音が変わる

なんとパイプに音が伝わり共鳴している。・・・さすが金属
更に悪い事にハイプの向きが試聴位置。
これじゃダメだわ・・・

ホームセンターで丸棒を購入して中に詰めました。
おまけで真鍮で蓋を取り付けました。

最初の音に復帰しました。

その2
なにげなく 音を出しながらスピーカーに触っていると
両サイド・天板は、さほど振動していないのに、何故か裏蓋の振動が大きい??
あれれ!・・・早速吸音材に使用しているグラスウールの吸音特性を調べると
200Hz以下は急激に性能が低下と・・・

もしかして、20mm厚の裏蓋がドロンコーンになっている?
音の出口は最大の開口部のウーハーを通過して・・・
それで100~200Hzの間に共鳴した様な音が、残るのでは

早速ホームセンターで30×20mmの檜材と木工ボンドを購入・・・井の字に補強しました。

不細工ですが予想的中です。・・・前から見れば分からないし
共鳴周波数を吸音材の性能が出ている所まで上げてやれば良い!・・・簡単な事でした

どうしても取りきれなかった低音の共鳴音が取れました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. helicatsさん 始めまして
     個人的にはツイータは低域の特性が改善され、スコーカは共振が無くなるので、ユニットは全てバッフルに取り付ける様にしています。T925は別売の取り付け金具でバッフルに固定しました。(前後移動での位相合わせは一寸大変にはなりますが.....)
     http://www.hi-ho.ne.jp/odaka/pure/foster.jpg
     但し、残念乍T925からT925Aになって取り付けは考慮されなくなった様です。

    byナショナルキッド at2016-11-22 08:17

  2. ナショナルキッドさん こんにちは

    T925ですか いいですね。
    EAS-9HH42NAの前は T925が買えなくてT90Aを使用していました。

    取り敢えず的な感覚て作ったツィーター台ですが、まさかハイプから音が出るとは予想していませんでした。

    メインシステムの方はExclusive ET-703をバッフルに取り付けていますが、サブシステムは変更が多く未だそこまで到達していません。・・・ここ1年で8割位の機器が変更に

    その前にシステムの完成度をもっと上げなくては・・・と思っています。

    byhelicats at2016-11-22 17:28

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする