helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー + DENON AU-320 +…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

次なる真空管アンプの制作

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月12日

サブシステムの調整も一段落した処でまたまた真空管アンプをと
何に使うかと云っても全く予定なし、ただ作りたいだけ・・・

取り敢えず図面を描き出しました。
今回も例に違わず電源は定電圧組み込みに拘っています。

何故に定電圧に拘るかとと云えば
 ①三極管を無帰還で使用したい。
  無帰還では、出力部分は非常に簡単で下図の様な感じかな?

  真空管で制御出来るのはrpの部分で出力にはもっと大きな電源電圧VBが掛っている。
  でほとんど電源の音を聴いている様なもので、リップルを1/百万程度にしたいのですが・・・中々ハードルが高い。
 ②固定バイアスにして、Ipを安定化するには電源電圧が非常に大事。
  (電源電圧が数V変化するとIpも数mA変化する。)

無帰還アンプを作るには、この2点だけでも定電圧が外せない。
しかしながら部品点数を数えると なんと560点以上と・・・
この部品を通常と同じシャーシーに入れるとミリ単位の調整が必要・・・それも400V以上と高電圧

いままでよく組み上げていた物です。

今回はかなり細かく図面を描きました。
シャーシーの加工図

部品取り付けステー図

実体配線図

今のExcelの機能はすごいですね。
こんな図面も描けてしまいます。

これから部品調達・・・

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. helicatsさん、こんにちは。

    なんだか凄いものができそうな。

    >でほとんど電源の音を聴いている様なもので、リップルを
    >1/百万程度にしたいのですが・・・中々ハードルが高い。

    電源からの電力を調整して音にしているので、ほんとその通
    りですね。私が使っているデジタルアンプも電源電圧から通
    電時間をコントロールして音にしているだけなので、電源の
    質に敏感と聞いたことがあります。

    それにしても、回路から考えられるなんて羨ましいです。

    自作はオーディの楽しみの幅を広げてくれますね。
    くれぐれも感電しないようにしてください(笑)

    byWPOZZZ at2017-02-12 12:08

  2. WPOZZZさん こんにちは

    電源のリップルは1/百万を目標にしていますが、実測で0.5mV/300Vで1/60万と少し届かないかな・・・アンプ側でこれ以上の分解能は厳しいかも

    300Vラインでこのレベルになるとミりボルを何処に繋ぐか(特にグランド側)で大きく変わるのでよく分からないです。
    以前測定のために電源をケーブルで引き出し端子台を付けただけで10mV以上になり断念した事が有ります。

    経験では3mV/300V以下ならほとんど音が変わらないと思います。・・・CD全盛の頃の記憶でハイレゾになるともう一桁上が必要かもですが。

    いずれにしても、帰還を少なくすると電源が非常に重要になると思います。
    帰還を減らしただけ音が生き生きして来るので、ここは引けませんね。

    完成はかなり先になりますが、使用予定もないので完成したら一度試聴会でも開きませんか??・・・家も隣の県で近いようですし

    追伸
    そう云えばWPOZZZ邸のシステムはオールデシタルのマルチアンプで接続出来なかったかな??

    byhelicats at2017-02-12 17:55

  3. helicatsさん、こんばんは。

    真空管アンプを帰還有無切替で聴かせてもらったことがありますが、帰還無の方が快活というか張りのある音だった記憶があります。

    歪率なんかのスペックは、帰還有の方が当然上なんでしょうけどこの辺りは、どういう道理なんでしょうね。

    我家はおっしゃる通り、オールデジタルで融通が利きません(笑)
    ご迷惑でなければ伺いますので、完成したらぜひ聴かせてください。

    byWPOZZZ at2017-02-13 01:37

  4. WPOZZZさん こんにちは

    >歪率なんかのスペックは、帰還有の方が当然上なんでしょうけどこの辺りは、どういう道理なんでしょうね。

    個人的見解ですが、帰還は電気的特性を向上させる代償に分解能を犠牲にしていると考えます。
    素子の分解能と速度が無限ならこんな事は起こらないのでしょうが残念ながら有限・・・
    この分解能の低下が音のリアリティさを無くしているのでは?


    拙宅のシステムも定電圧回路を組み込んだMONO真空管アンプを6台使用したマルチアンプです。(20年選手を一昨年全台オーバーホール)
    サブシステムも同じく定電圧回路を組み込んだSTEREO真空管アンプ3台構成です。(一昨年1台製作して2Wayから3Wayに)
    現状で計9台のアンプが稼働中で今回製作するアンプの接続先が無いので予備機と云った処でしょうか?

    この様な状態ですので、アンブが1台増えた所で大きな変化は無いと思います。
    4月以降は暇になるので、暇つぶしにでもと思っています。

    4月以降ならPhile Webのメールで連絡頂ければOKです。

    byhelicats at2017-02-13 18:28

  5. helicatsさん、こんばんは。

    その節は、よろしくお願いします。
    暖かくなったころに、伺います。

    byWPOZZZ at2017-02-17 22:53

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする