helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー + DENON AU-320 +…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

  

日記

3台目のアンプ製作(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月01日

近所の友人からの依頼されたアンプの製作は着々と進んでいます。

シャーシーの穴加工が終わりトランス類を取り付けました。


部品が全て揃っていないので、出来る所から配線を始めました。
ヒーターと電源周りの配線です。

ヒーター配線は電流が大きいので全てツイストしました。・・・やり方は片方をバイスでもう一方を充電ドリルで咥えて一気に巻き上げると云った安直な方法です。
特に2A3のヒーターは2.5V/5A(片チャン)なので左右同じ長さにして太い電線を使用(左右・ペアで違うと特性が微妙に変わってしまい最悪ハムバランスが取れない)

一応+B,-C電圧は確認しましたが、前回はGNDをシャーシーに繋がずリップル測定をして失敗したので測定していません。・・・0.5mV/300V(1/60万)程度で非常にデリケートなので測定は全て完成してからかな?
ここまで電源を追い込むと音に芯が通り少々の事では変化しなくなります。
電圧異常監視カードも300V±10Vで動作して気持ち的には90%以上完成

今回は部品調達を友人に一任しましたが、かなり問題が有りました。

部品調達の順番としては
①入手の難しい物を一番に・・・不可能な場合は代替案を検討して図面修正を
②特注品等納期の掛る物を先行して発注
③ ①,②が大体揃ったら本格的に部品調達
が効率的ですが

今回は順番が逆・・・特注品は後回しにして 難しい物には手を付けず

おかげでチョコットやってしばらくお休み・・・の連続です。
全く予定が立たない上に 前はどこまでやったけ?
で実態配線図が無いと作れないかも

困った物です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. helicatsさん 今日は、yhhです。

     3台目のアンプ制作(2)読ませて頂きました。写真も見せて頂きました。出力トランスの前に整然とテスター用端子が設置されいますね。さかのっぼて写真を見せて頂きました、やはり前作にも出力管の裏の方に設置されいる模様で、昔から設置されているものと推察しています。

     電源回路の説明では、2.5V ですので 10% の誤差 0.25Ⅴ
    シビアな電圧回路が必要でしょうね。

     実態配線図を起こさないでここまできれいな配線、端子類の設置は、私に言わせれば驚異的な配線技としか言えません。感心しています。

     今後、私はアンプの新作については未知数です。helicatsさんのアンプ制作日記は大変重要なお手本です。これからも制作過程の日記をよろしくお願いします。

     では今後ともよろしくお願いします。

     yhh

     

    byyhh at2017-10-02 12:35

  2. 素晴らしいですね。

    自分の自作アンプの配線方法はすべてWestern Electric流で貴殿の方法とは違うところもありますが、整然とした配線にベテラン技を感じました。

    配線はこちらのリンク先にあります。
    WE252A/WE300Aシングルアンプ
    http://photozou.jp/photo/list/2939759/7937032

    EL156プッシュプルアンプ
    http://photozou.jp/photo/list/2939759/7563427

    どうぞよろしくお願いいたします。

    by平蔵 at2017-10-02 12:50

  3. yhhさん こんにちは

    以前は、直熱管の2A3のヒーター点火は ハムを嫌ってDC点火していました。
    2.5V/5Aの定電圧となると 使用電力より電圧降下のロス電力の方が多くなり 何をしているのやら・・・でした。

    色々と作る内に、電源さえしっかりしていればAC点火でも十分性能が出せる事が分かり 最近は全てAC点火です。

    AC点火では、トランスの性能頼りの処があり鉄損より銅損の小さい物を選定する必要が有ります。・・・定格負荷のTOTAL損失が同じでもメーカーで鉄損と銅損の配分か違うみたい

    未だ部品が全て揃っていないので完成はもう少し先になります。
    完成したらまた日記に載せます。

    今後ともよろしくお願いします。

    byhelicats at2017-10-02 14:29

  4. 平蔵さん はじめまして

    最近の音楽室の記事を読ませて頂きました。
    拙宅は建売の木質プレハブをそのままオーディオルームとして使用しているのでスケールが違いますね。
    ただ木質プレハブも壁に複雑に組み上げた木組みを使用して かなり良好な音響特性を持っているので、安価ですがバカに出来ないと思います。

    配線のリンクを見させて頂きました。
    見た処 先にワイヤーハーネスを作り充てがう やり方かな?
    線のねじれもなく非常に綺麗に仕上がっていますね。
    昔々ワイヤーダクトが使われる前に単線で配線していた芸術的な作りの制御盤内部を見ているようです。

    私の場合はほとんど300Vの定電圧電源を作るような物で以前の部品調達の時に数えたら、部品点数560点と真空管アンプでは考えられない数字になってしまいました。

    なので部品を付ける順番を考えて、保安上許せる範囲で詰めて・詰めての作業になります。・・・場合によってはモジュール化等も行わないと とても組めません。

    それでこの様な作りになっています。

    今後ともよろしくお願いします。

    byhelicats at2017-10-02 14:43

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする