helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー +AudioTechnica A…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

mV計? それとも VU計?(2)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月25日

前回に計画したmV計が完成しました。

外観はこんな感じです。

文字は昔々買ったサンハヤトのインレタを使いました。
最近では売っていないみたいですね。・・・特に白は入手が難しいかも。
表にBNCコネクターを付けたので裏にRCAコネクターをつけました。

一応スイッチで切り替え出来るようにしました。・・・GND・信号共に切り替えです。
これでVU計としても使えます。

内部配線です。

電源から全て2系統用意したので予想以上に高密度になりました。
最初基板は底面に平置きを考えましたが・・・スペース的に無理で立てました。

どちらのメーターもシャーシーから浮いています。
なので入力オープンで最大感度まで上げるとメーターが振り切ります。
しかたなく後面にFG端子を付けました。

HPのmV計を使って校正しました。

校正と云っても抵抗を付けたり外したりと単純作業です。
1KHzで10dB~-40dBまで0dBの線の巾に収まるように調整しました。

周波数特性は
0dBレンジでは、1MHz以上(発信器上限)有りますが
感度上げると段々悪くなり-40dBレンジでは50KHz程度しか有りませんでした。
ここはOpAmpの発振防止のー6dB/octの減衰特性(周波数が倍になれば裸ゲインは1/2に)の縛りから逃れられないという事かな?

やはりHPのmV計は高性能ですね。
簡易のmV計としてはこんな物かな?

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする