helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー +AudioTechnica A…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

アナログプレーヤーにオート アーム リフターを取り付け

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月01日

レコードを聴いている途中で寝落ちするのは良いのだけど・・・
最後のプツ・プツ・プツで起こされるのは気分が悪い。
LPを聴かなくなった一因がこの辺りにもあるかも。

と云う事でレコード終了でアームをUPさせるオートリフターを取り付けました。


ここまでは良かったのですが 使っているカートリッジがデリケートなMCタイプ。
それもカンチレバーが極細ベリリウムのAudioTechnica AT33でリフターの感知バーの方がが何倍も太い。
これでリフターのストッパを外すには無理が有るみたいで 上手く行けばUPしますがUP出来ない時もと不安定。

そこで何とか非接触にしたいと!
まずは 先日のONKYO SL-10の修理で外したリレーを


ケースをばらして中の電磁石でストッパーを引き外すように改造

ついでにリフターのアングルもラジコンに使う1.4mmのピアノ線が有ったので現物合わせで作成しました。

次はレコードの終わりの検出をする為に反射式の光電検出器を

案外安くてAMAZONで2千円チョイで購入出来ました。
この光電検出器はとっても優秀で5~24Vで動作して小容量のリレーならオープンコレクターでそのままドライブ可能です。

アルミでアングルを作りプレーヤーに取り付けました。

アームが最後まで行くと感知して赤いLEDが点灯します。

先ほど改造したリフターと組み合わせました。

電源はハードオフで買って来た数百円の9V(無負荷で15V,リレー動作時で13V)のACアダプターを使用しました。
ほとんど小学生の工作のレベルです。

なんとか非接触でレコード終了時に自動的にアームをUP出来るようになりましたが・・・
年に数回しか使用しない様ではほとんど意味ないかも?
次に使う時に上手く動くかな~
 
 
 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. 昔の安価なプレーヤーには、標準装備でしたが、高価な物には、オートリフターは、付いていないですね。それを自作してしまうとは、いつもながら、すごいです。これで、レコードが活躍するといいですね。
    本年もよろしく。

    byスイートサウンド at2019-01-01 15:16

  2. スイートサウンドさん

    つい思い付きで 使えないオートリフターを購入してしまいました。
    一寸考えれば無理が有るのは分かりそうですが・・・

    それでも何とか使えないかと悪あがきをしてしまいました。
    泥沼状態ですね。

    本年もよろしく。

    byhelicats at2019-01-01 16:12

  3. helicatsさん

    あけましておめでとうございます。
    いやあ、これは凄いですね。私も考えはしましたが、知識も技術も無いので諦めました。

    ただ、拙宅では、このオートアームリフターは結構、重宝しており、2個が稼働中です(別ブランドの「アイコール製」ですが、多分同一製品だと思います)。使用環境は以下の通りです。

    SME Series V + Platanus 2.0S
    SME 3012R + Koetsu ONYX Platinum 他各種カートリッジ

    この製品は、一にも二にも設置条件に非常に敏感です。インサイド・フォースを利用してレバーを動かしリフトアップが起動するので、レバーへの接触位置、角度、高さを上手く調整する必要があります。特に接触位置は非常に大切です。
    ちなみにインサイド・フォースが全くないピュア・ストレート・アームでは当然ながら機能しません。Viv LaboのRigidFloatでは駄目でした。

    設置が完璧なら毎回きちんと作動し、音質への影響も殆ど無いと思います。

    byのびー at2019-01-02 08:44

  4. のびーさん

    設置条件を探せば動作したんですね。
    2~3回やってどうも不安定で 何度もやり直してレコードとか針を痛めたく無いのも有って 安直に改造の道を選択しました。

    プレーヤーのアームにインサイドフォースキャンセラーが付いていますが、これもアームリフターの不安定の原因になっているかもですね。

    byhelicats at2019-01-02 10:31

  5. helicatsさん

    あけましておめでとうございます。

    すばらしい工作能力にいつもながら脱帽です。オリジナルなところがなかなか真似できません。

    YAMAHA GT2000X のアームにはオートリフターが付いていて重宝していました。ところがけっこう調整が神経質で、しかも10年ぐらいで調子が悪くなりかえってレコードを痛めかねないのでやめてしまいました。あると便利なのですけどねぇ。

    byベルウッド at2019-01-02 12:15

  6. ベルウッドさん

    工作と云ってもOMRONの市販のセンサーを買って両面テープで取り付けただけです。

    それよりOMRONの安価な反射形光電センサーが毎回同じ位置でアームを検出する性能には驚きです。
    元々は産業用で工場等では当たり前に使われているセンサーで信頼性は高いと思います。
    これが有ればあとは何とかなると思い改造しました。

    もっと言えば既設のアームリフターのハンドルをなんとかして動かせればとも考えましたが・・・大掛りになりそうなので諦めました。

    非接触なので一度位置を決めてしまえば、カートリッジを交換しても無調整です。
    実際に試運転は壊れても良いVMカートリッジで行いましたが、AT-33に交換後も無調整で動いています。
    有るとすればリフターの高さかな?・・・検出部とリフターの動作は独立しているので調整は楽です。

    byhelicats at2019-01-02 21:27

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする