helicats
helicats

マイルーム

オーディオ機器
オーディオ機器
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~14畳 / 防音なし / スクリーン~80型 / ~2ch
我が家のオーディオルームです。 木質プレハブの一戸建です。 オーディオ機器全景です。 機器の構成図です。 入力機器:アナログプレーヤー +AudioTechnica A…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

真空管アンプの電源用電解コンデンサーが壊れました。 その3

このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月01日

部品納期2ヶ月が少し早く到着したので電解コンデンサーの交換を行っています。

その前に交換作業中はシステムが使えなくなるので先日コンデンサー交換した予備アンプに交換しました。

鳴らして見ると初期エージング数時間では不足しているのか???です。
※予備機では十年経っても使用時間が数十時間といつまでも初期エージングが終わらないかも

このアンプのケースとトランスは40年前の物で、当時の流行りかコンデンサー取り付け穴が2個しか無い為にブロックコンが少なくチューブラコンで代用していましたが、U社製チューブラも全て交換したので容量が小さくなりリップルフィルター以降は交換前の1/10に・・・
1/2~1/3なら未だしも1/10は流石にダメかもですよね。

いくら初期エージング不足とは云っても待ってもいられないのでコンデンサーを追加する事にしました。

これで交換前の1/3程度の容量になりました。
なんとか使えるのでは!




次に取り掛かったのはスコーカー用の2A3ppアンプです。


Before/afterです。

上が表側から下が裏側で 左が交換前で右が交換後です。
ブロックコンは黒がら灰色になっただけです。
裏側の内部は通常は見えないですがチューブラコンは大きくて派手になりました。
-C電源用の基板上の電解コンデンサーはニチコン製なのでそのままです。

交換部品です。

左が取り外した部品で右が交換部品です。

ツィーター用アンプのコンデンサー交換を行った後に感じたスコーカーの歪感は無くなりました。・・・ハイレゾのピアノがとっても綺麗に鳴っています。
良し悪しは別にしてパスコン用電解コンデンサーその物が歪感を助長していたみたいです。
そうした意味からもシステム全体の音合わせの為にはコンデンサーの種類もある程度統一した方が良いかもですね。


メインシステム最後の2台になりました。

ウーハー用の300Bppアンプです。

外観はスコーカー用の2A3ppアンプとあまり変わりません。

Before/afterです。

2A3ppアンプと同じで上が表から下が裏で 左が交換前で右が交換後です。
他のアンプと同じで基板上の電解コンデンサーはニチコン製なのでそのままです。

交換部品です。

左が取り外した部品で右が交換部品です。

メインシステムのウーハー・スコーカー・ツィーター用アンプの電解コンデンサーは全てフィルムコンに交換しました。
以前に感じていた歪感ですが、聴いた感じではボーカルの擦れ音に微妙な揺らぎが有りますが この揺らぎを上手く再現出来ないと歪感に繋がるみたいです。
いずれにしても非常に微小領域の話で 録音の良いハイレゾならではの醍醐味ですね。

手持ちの真空アンプ 11台の内9台が終わりました。
後はサブシステム用の2台になりました。


以前の調査のリップルの測定で判別出来なかった不良のコンデンサーです。
100μF×2なので左が【A】で右が【B】です。

2A3ppアンプの不良コンデンサー 2本です。
103と104はμFで43と7はnFです。

300Bppアンプの不良コンデンサー 2本です。
104と101はμFで7と10はnFです。
定格容量100μFに対して10nFは1/1万でパスコンとしては無いに等しいです。

今回発見出来たのは4本です。

どれもリップルフィルターの後で故障した状態でもリップルが0.1mV以下で正常と判断したコンデンサーです。
リップルフィルターが強力な為に数値上は問題無くても上記の予備機の様に音には影響が出ていると思います。

リップルフィルターの後は電源投入後の電圧上昇が非常にゆっくりで数十秒掛かります。
このため充電電流は小さく、リップルも0.1mV以下なので通常使用時の充放電もほとんど無いと思います。
壊れて機能していなくても問題なく動作する位です。

こんな使い方なので無理はしていないと思います。

オーバーホール用に購入した18本中 以前に発見した(6本)を含めて10本が不良で 不良率56%です。
5年で半分以上が壊れるとは・・・トホホ

それも容量抜けでなく内部のリード線断線(メーカー見解)による故障なのでコンデンサー無しと同じです。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1.  helicatsさん、今晩は。

     コンデンサーの換装お疲れさまでした。換装の手間もさることながらコンデンサーの金額も大変でしたでしょうね。

     現行の電解コンデンサーメーカーの信頼性はどうなのでしょうか。どこも似たりよったりなのでしょうか。?選択肢が限られますね。

     私はなんの裏付けもありませんが、電解コンデンサーは JJ を使っています。少々心配になってきました。

     yhh

     

     

    byyhh at2020-11-02 23:04

  2. yhhさん

    >コンデンサーの金額も大変でしたでしょうね。

    凝った真空管アンプを1台作るくらい掛かりました。
    電解コンデンサーは定期交換の消耗品的な感覚でしたが、ここまで高いと耐久消費材的な扱いになってしまいますね。

    >電解コンデンサーメーカーの信頼性はどうなのでしょうか。

    一昔前なら日本ケミコン・少し前ならニチコンでしょうか?
    残念ながら現在はオーディオ用高耐圧電解コンデンサーの国産品は無いみたいです。
    しかたなく海外製を使いますが・・・寿命の面で問題が有るかもですね

    国産でも10年を目途に交換していたので寿命が1/2~1/3になったと思えば・・・そんな物かも?

    byhelicats at2020-11-03 10:22

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする