Reviath
Reviath
オーディオ&アニメ&酒に溺れる日々を過ごしております。 詳しくはブログなどご覧いただければ。

マイルーム

Reviaの草庵
Reviaの草庵
持ち家(戸建) / 専用室 / ホームシアタールーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーン~100型 / ~2ch
① ほぼ地盤面下にあるRC造の専用室 ② 広さ約10畳(非整形)、天井高さ2.85~3.15m。 ③ 各仕上げ ・天井:コンクリート打ち放し ・床中央部:湧水層+モルタル+コルクタイル仕上…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

【仮想アース】樹脂ケースVS金属ケースの試聴

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年11月04日

前々からの宿題でした。
とわ言いつつも、あまり条件面を揃えられなかったので、完全な比較試聴とはいかず、参考程度と捉えていただけると幸いです。

■試聴条件
① 容量/ステンレス・カップ 300cc。樹脂ケース 550cc。
倍近い差はアタマの痛いところだが、近傍の100均にはそれしか無かったm(__)m。
② 接続機器/プリアンプにて。
アース端子があり装着が容易であると供に、これまでの経験から音の差が出やすい。
③ 導通/カップの導通は内面~外側にかけて確認済み。
④ マグカップの蓋/は付属してないので、タワシを山盛りにして重し(御影石)を載せてタワシに圧力をかけている。

■作業工程
大玉のタワシを底面に敷き込み、小ぶりのタワシはアルミホイルでお結びにしてケーブル周りに詰め込み、御影石の重しを載せて完成。






■試聴結果
まとめとして、両者の音の差は極く僅か。ようく耳を凝らして気づく程度。よって以下の文章はかなり誇張して書いています。

結果的には、ケースの材質より容量の差が大きかった印象。
やはり容量がデカい方が自然でゆとりがありスケールがデカく低域の押し出しも深い。金属ケースは、御影石の重しの所為で低域の量感は遜色ないが、深み・芯の実態感で差が出ました。
また、金属ケースはやはり金属の響きが音に乗りますが、極く僅かで、その音色が好ましいと思う方も多いのでは。SNの面では若干ですが樹脂ケース有利な気がします。

以下、要素ごとの詳細。

【金属ケース】
・音色/高域がキレイ、華やかで魅力的。
・奏で方/挙動が早い。テンポ早め。躍動的で楽しい。明るく開放的。スケール感はやや小ぶりな印象。

【樹脂ケース(これまでのシステム)】
・音色/モノトーン。中性的で中庸。天然自然な感じ。
・奏で方/1歩1歩しっかり克明に描く。ハッチャける時はハッチャけるが、暗い表現や静かな表現もできる。

【印象的だったこと】
両者の差が最も顕わになったソースは、「パニアグア/古代ギリシアの音楽」。
静寂の中から突如暴虐な破砕音(?)がする本CDでは、背景の「静謐さ」がインパクトに直結する。他のソースでは気にならなかったSNの面が、このCDでは結構気になった。

【最後に】
両者のクオリティ面の比較は、容量をはじめ条件整備が十分でないので、ここでは触れないでおきます。
(正直に言えば、「分からない」(^^;;)
この命題は、もっとサンプル数を増やして多くの耳で検証する必要があるのでは、と思いました。

今週はこの辺りで。でわまた(^^)/。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. Reviathさん、こんにちは。
    色々やられてますね。
    何が重要なのか、皆さんのお陰で少しずつ判ってきました。
    のちほど、僕の実験結果も踏まえてレポートしたいと思います。
    なかなか奥の深い世界です。

    byせんべい at2019-11-04 17:34

  2. こんにちは、せんべいさん。

    私的には、オーディオは聴いてみなければ分からない、と言う立場です。
    オーディオには様々な要素が有り、それぞれの環境でどの要素が支配的になるのかは予想不可能です(断言)。

    よって我々に出来る事は、一つでも多くの事を実証し、その情報を持ち寄り、分析する事だと思うのです。

    モチロン、それぞれの実証結果はそれぞれの環境下に限定された事として。

    アースは、システムのSNを劇的かつ素人でも実現可能な範囲で改善してくれるアイテムなので、積極的に実験を行なって行きたいと思っています。

    分析や提言は、せんべいさん達専門の方にお任せします(^_^)。

    byReviath at2019-11-04 17:50

  3. Reviathさん、ご確認いただきましてありがとうございます。

    樹脂ケースVS金属ケースの比較は、大差がないが樹脂ケースの方がやや有利という感じでしょうか。それにしても、金属ケースの金属の響きが音に乗るのを聞き分けるとは凄耳なんですね。

    金属ケース提唱者としては、アース線を金属たわしの中に入れた比較ですと金属ケースの意味が殆どなくなってしまうと思いますので、アース線を金属ケースに接触させるようにセットして比べてもらう方がいいかなと思いました。

    アースフィルターの方はよくわからないのでノーコメントとさせてもらいますね。いろいろな実験をすると楽しいですよね。

    byヒジヤン at2019-11-04 21:44

  4. こんばんは、ヒジヤンさん。レスありがとうございます。

    >金属ケースの金属の響きが音に乗るのを聞き分けるとは凄耳なんですね。

    凄耳なんてとんでもないf^_^;)。
    既に書いてますが、誇張して書いてますから。
    また、直接比較したから分かるのであって、単独で聴いたらほとんど分からないと思います。

    >アース線を金属ケースに接触させるようにセットして比べてもらう方がいいかなと思いました。

    ああ!なるほど。その方がシャーシの容量が効果的になりますね。
    ただ、その分シャーシの響きの影響が大きくなる気がします。

    >アースフィルターの方はよくわからないのでノーコメントとさせてもらいますね。

    仮想アース=サテライトアースより材料費は安いですよ。なんと言っても抵抗とコンデンサだけですから(^-^)。

    byReviath at2019-11-04 23:00

  5. Reviathさん

    こんにちは。
    レポートありがとうございます。

    やはり量が大切なようですね。
    私もステンレスたわしとアルミホイルで実験してみたのですが、量が少な過ぎたのか変化を聴き取れず思案しておりました。

    私は手元にあった木箱を使ったのですが、次は見栄えが良い陶器の花瓶を試そうと思っています。

    byのびー at2019-11-05 07:10

  6. のびーさん、こんにちは。レスありがとうございます。

    >やはり量が大切なようですね。

    そうですね。
    自分的には、ステンレスカップの300ccではちょっと少ない印象で、やはり400〜500ccくらい欲しい感じです。

    >次は見栄えが良い陶器の花瓶を試そうと思っています。

    雰囲気良さそうですね(^-^)。色々と試してみて、良い結果が出たらレポートしていただけると幸いです。

    byReviath at2019-11-05 07:42

  7. 横から失礼します。
    のびーさん、金属たわしアースの効果を是非効果を感じてください。

    これまでの自分の実験で抑えるべきポイントは下記と感じています。(あくまで拙宅の環境下での結果からの類推です)

    1、たわしの材質は、外皮と同じ、又は電気抵抗が低いものを使う方がよい
    ⇒外皮(アルミホイルなど)やケースに電気抵抗が低い材料を使うとたわしへの電気の回りが少なく、エネルギー変換の効果が出難くなるようです。

    2、たわしは圧縮して使用することが好ましい
    ⇒単品実験でテスターで電気抵抗を測ると、たわしの線材が揺れて摩擦を起こすと電気抵抗が高く出ます。抵抗が高くなると1、と同様にたわしへの電気の回りが少なくなり、エネルギー変換の効果が出難くなるようです。

    3、質より量!は1個の量より、数を増やすことが有効
    ⇒たわしの量を一つのケースで2倍にするよりも、同じ量のケースを2個にする方が効果が高かったです。拙宅でも最終的には大地アースに流しているので、サテライトは小さいものが沢山ある方が効果が高かったです。

    >見栄えが良い陶器の花瓶を試そうと思っています。

    いいですね。美観も大事かと思います。
    花瓶に入れるなら、Reviathさんがやられているように、金属たわしの中にアース線をぐるぐる巻きに入れ込むやり方や、せんべいさんがやられているように、小分けにしてアルミホイルで固めて、たくさん入れるのが効果的かと思いました。

    byヒジヤン at2019-11-05 09:20

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする