cocoa
cocoa
趣味でスピーカーや家具を作っています。 今回はウッドホーンを製作してバーチカルツインにシステムアップしたいと頑張っています。

マイルーム

自作の部屋です。
自作の部屋です。
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオルーム / ~12畳 / 防音あり / スクリーンなし / ~2ch
狭い部屋なので出来るだけ簡素にして楽しんでいます。
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新のレス

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

日記

ハイレゾの更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月25日

現在はRMEのfirefaceUCXを使用してハイレゾとアナログを楽しんでいます。
firefaceUCXは8chの入出力を持っているので再生ソフトのSSC-Xを使用するとプリアンプ
もチャンネルデバイダーも使用しないでマルチ再生が可能です。
また、アナログでは入力にマイクアンプも装備していますので、アナログプレーヤーの出
力をバランスで受けて、ソフト上のデジタルフォノイコライザを使って入り口からSPまで
バランス接続にしています。
このおかげで私のところでは、プリアンプを使うことがなくなりました。
私の知る限り市販されているDACの中でこんな離れ業が出来るのはたぶんfirefaceUCXだ
だと思います。
firefaceUCXはPCM192までの対応ですが、最近ではPCM768やDSD11.2が再生可能なDACが出
て来て、気になっていました。
そんな折悪魔の囁きが(笑)
先日PCM384マスターから製作されたLPを聴いてショックを受けたところです。
そのうえ、RMEからはPCM768までとDSD11.2までが再生可能なADI-2ProというDACが発表さ
れました。すぐに購入を検討しましたが、Adi-2は残念ながら出力が2chのために、拙宅
使用するためにはチャンネルデバイダーかSPをネットワークによる2Wayにする必要があり
ます。
ADI-2ProはPCM768、DSD11.2の再生が可能ですが、チャンネルデバイダーが96K程度のも
しかないので、これではせっかくの性能をスポイルすることになると思い躊躇しておりま
した。
フェーズメーションの方といろいろ話をしたところ、SP側で-6dBネットワークで2Wayにす
れば位相も含め素直ですよとの助言をいただき、早速自宅でテストをしてみました。
確かに簡単で素直な音でしたが、TADの4インチドライバとダブルウーハーの組み合わせで
カットオフを考えると家庭用といえども-6dBではかなり厳しいと思いますし、ウーハーと
ドライバーの重なりが多いためかスッキリとした音場になりません。
さらに、パワーアンプとSPの間にCやL、Rなどを入れない直結の音を聴くとネットワーク
はもちろんスピカー端子すら入った音に戻ることは出来ません。さてどうしたものかと。
されど神は見捨てず、です。
フィデリックスの中川さんに相談したところ、ADI-2Proからのバランス出力を400Hzカ
トのバランス型フィルターでパワーアンプのA-47の2台に振り分けが可能だと返事をいた
だいたので、迷わず早速に製作を依頼してしまいました。(汗)
これで我が家のハイレゾ環境も一歩前進すると思います。
現在計画は進行中ですので、また追って報告をさせていただきたいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする