hima
hima
吉田宛のファンです。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

待ち焦がれた音

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月23日

Asoyaji DACを聴いてからというもの、さみず音響のファインメットコアトランスに首ったけになってしまいました。Asoyajiさんのお勧めで、TVCを聴いたのは8月のこと、その後、さらにトランスの数の多いさみず音響のTさん賄用のTVCをお借りして、その底知れぬ音の魅力に取りつかれました。

そして待つこと3か月、待望のトランス8個使用のTVCが到着しました。バランス接続が素晴らしいのだそうですが、現在の環境はアンバランスなので、こちらでの使用です。しばらく音を聴いたので感想を記します。使用はAsoyaji DACとプリアンプの間に挟んでいます。プリのボリュームは上げて、TVCでコントロールします。入力はアンバランス3系統、バランス1系統、出力はアンバランス1系統、バランス1系統です。



内部の様子は写真の通り壮観です。美しい配線、時間がかかったのもうなずけます。トランスに有名な和紙職人の方が丹精込めて作られた特製の和紙が漆を含ませて巻かれています。これも麗しく奥ゆかしい音の秘訣のようです。トランスの固定部には、ウッドを使用していただきました。本当は、Asoyajiさんから借用したTVC(現在はせんべいさん所有です)のようにウッドケースをつけたかったのですが、予算的に今回はあきらめました。

音ですが、8-9月に聴いた時よりさらに美しくなっています。以前借用したものは、数日間は自宅の音になじむのにかかりましたが、今回はエージングが不十分にもかかわらず、音出し直後からファインメットコアトランスらしい美音が聴けました。そして、時を重ねるごとにますます深みを増していく音、芸術的な香りを感じます。Asoyaji DACのI/V部に使用されているTLT1010ssWJからの信号が、このトランスを通ってどうなっているのでしょう?電気に弱い私には皆目わかりませんが、これほどまでに安らぎを与えてくれる音はなかなかないと思います。だけどジャズやロックの激しさも表現してくれるスピード感も兼ね備えています。

生涯手から離すことのない名器を手に入れました。丹念に作成していただいたさみず音響のTさんには本当に感謝です。同時に、ファインメットを使用した新型パワーラインフィルターもカスタマイズしていただきました。現在6Aと1Aの2系統をお借りしていますが、これも素晴らしい製品です。いずれ紹介したいと思います。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. himaさん、こんにちは。
    素晴らしい品を手に入れられた様ですね。
    となるとAsoyajiDACもバランス出力が必要になってきますね。
    改造は可能だと言うことなので、その時はまたレポートお願いします。

    byせんべい at2016-12-23 13:27

  2. himaさん ご無沙汰しています。

    これは美しい内部配線ですね。

    私は昔の機械を使っておりますが こういうシンプルながら丁寧な作りが結構多かったのです。それでいて素敵な音楽を奏でてくれる。

    物量を伴う現代機器では中々見られませんね。(逆に手を抜きすぎてスカスカのものもありますが…)

    トランスを通す音を嫌う方もいますが 熟練の職人さんが試行錯誤して作った手巻きトランス内蔵フォノイコライザーを使っています。とても味わい深いものがあります。

    byキタサン at2016-12-23 13:52

  3. himaさん、こんばんは。

    待望のTVC、遂に完成ですか。おめでとうございます。
    それにしても、ファインメットコアトランス8個使用ですか?
    見た目もとても美しいですね。

    ファインメットコアトランス1個のお値段はお聞きしていますので、このTVCはさぞかしお高い物なのでしょうね。hima邸の音はかなり凄いものになったことと想像します。

    いつか私も聴いてみたいですが、一度聴いたら後に引けなくなるのが恐ろしくもありますね。(^^;)

    byHarubaru at2016-12-23 21:13

  4. himaさん

    こんばんは。
    JPLAY完成形に続き、TVCですか!

    ファインメットコアトランスどんな音になるんだろ(妄想中・・・

    響と艶が乗る感じなのかな(妄想中・・・・

    byMF at2016-12-23 21:34

  5. せんべいさん、こんばんは。

    ファインメットトランス8個の音から逃れることは不可能でした。4個でも十分魅力的なのですがね。

    Asoyaji DACのバランス出力は、システムがフルバランスにならないと意味ないのかな?スペクトラルのプリとパワーがアンバランスなのです。どうなんですかね?

    byhima at2016-12-23 21:41

  6. キタサンさん、こんばんは。

    ファインメットとの出会いは、アマゾンで購入した小さなコアからでした。これを電源ラインに入れるだけで、音が美しくなって、ファインメットトランスはどんな音なんだろうと妄想が膨らんできました。Asoyajiさんのブログで、もう我慢ができなくなって、Asoyajiさんにお願いしたら、出来上がったDACから想像を絶する音が出てきて、そうしたらTVCまで紹介されて。ひょんなことからさみず音響のTさんが、私の家まで来て、もうこうなってしまいました。これは運命であったのでしょう。

    今回のTVCも自作品ですね。心を込めていただいた作品には魂を感じます。トランスは一生使えるんです。しかもどんどん良くなっていく、一緒に年をとっていけるのも楽しみになりました。

    byhima at2016-12-23 21:53

  7. Hrubaruさん、こんばんは

    お値段ですか?音を聴けば、あり得ないほど安いと思います。私自身は値段のつけれない音だと感じています。

    >いつか私も聴いてみたいですが、一度聴いたら後に引けなくなるのが恐ろしくもありますね。(^^;)

    聴いたら確実に終わりでしょうね。ウェルフロートボードと同じですよ。私も後に引けなくなりました・・・そのうち報告します。

    byhima at2016-12-23 21:57

  8. MFさん

    まずはAsoyaji DACを聴かせていただいてください。比喩するとすれば、上質のアナログでえられる快感を感じることだできる音かな。

    byhima at2016-12-23 22:01

  9. himaさん こんにちは

    最近は極め連発で快進撃すね。^^
    自分はDACの呪縛にのがれられません。

    byGrandi at2016-12-24 12:46

  10. himaさん

    奇麗な配線ですね!

    このようにアナログ部分の配線に拘られているのは気持がいいです。
    バズケロのハーベス部屋のアンプも配線は神経質でして、球を交換する毎に、作り手に最終調整をお願いしています。
    自分でやると、ちょっと配線の位置がずれるだけで音が変わってしまうので。
    まあ、こうした手作りのプロト機は良い音なのですが、神経質すぎて個体差があるのが、量産機になれなかった理由かもです(笑)

    それでも許されるのがオーディオ趣味の怖い所ですね〜

    聴きたい様な、聴きたくない様な...
    怖いなあ(爆!

    では、では

    byバズケロ at2016-12-24 15:43

  11. Grandiさん

    >自分はDACの呪縛にのがれられません。

    来年はAsoyaji DACはどうですか?これも一生ものですよ。バージョンアップもできるし。

    byhima at2016-12-24 16:14

  12. バズケロさん、こんにちは

    レスありがとうございます。確か、山田野案山子さんから訪問されたお話を聞いたような・・・私もいつか最上級の音をお聴かせいただきたいです。

    私なぞは、オーディオ歴1年足らずの初心者で、聴くものすべてが驚きの連続です。しかし、その中ではasoyaji DACとこのTVCは普通ではないということがよ~くわかります。

    ぜひ一度お聴きください。Tさんがきっとすぐに車で持ってきてくれますよ(笑)

    byhima at2016-12-24 16:23

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする