MF
MF
4年ほど前からオーディオが趣味になり、アナログからネットワーク・PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。 現在はwindows10proをベースにミニPCを使いfoo…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

AO導入後audioPCcoreモード移行

このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年12月31日

年内最後の試みとして、AOによるcoreモードへの移行を行いました。

AOにはServiceToolと言うもう一つのソフトがインストールされています。

【ServiceTool】
GUIをCore Editionに変換する(Windows 2012 / R2)
システムをGUIモードで実行する場合は、直接次の手順に進みます。 削除する場合
可能な限り最高の音質を得るためのデスクトップ環境(GUI)、ServiceToolと
「オプティマイザのリセット/モード間の切り替え」でAを選択します。
次に、「コアモードに切り替える」を選択してコアまたはCに切り替えると、最小限のサーバーモードに切り替わります。
注意:もしあなたのシステムがAUDIOPHILEOPTIMIZERと既に最適化されていて、切り替えたいなら
モード(コア、ミニマム、GUI)の間に、2回目のサービスを実行する必要があります。 「リセット」を選択した場合
オプティマイザ/モード間の切り替え は、最初の実行はドライバとサービスの状態をリセットし、特定の変更を元に戻します
AudiophileOptimizerで作成し、マシンを再起動します。 ServiceToolの2回目の実行により、
モード(コア/ GUI /最小限のサーバ)を切り替えることができます。
(以上AOマニュアル抜粋)

AOによって削除されたタスクやドライバー類ををServiceToolの(A)を選択し、デフォルトへ復元します。再起動後に再度ServiceToolの(A)を選択するとcoreモードの選択画面が表示されます。



coreモードを選択すると、移行が開始されます。



これがマニュアルに記載されている、2回の再起動の意味です。
2回目の再起動は、手動で再起動します。
再起動後、coreモードで起動します。
起動後のタスクマネージャーです。



coreモード移行後、AOを起動し各パラメーターを再設定します。
設定を書き出す事ができるので、書き出したファイルを印刷して設定を確認して復元できるようですが私はまだ試していません。

コマンドでのAOの起動は[ao]、ServiceToolの起動は[st]を入力後Enterで起動できます。

もし何かトラブルが出たら、ServiceToolによりデフォルトへ復元できますので安心です。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. himaさん

    明けましておめでとうございます。

    AOをhimaさんに教えて頂き、調べれば調べるほど使ってみたい欲求が止まる事がありませんでした。
    導入に成功して音を聞いた時まず思ったのが、himaさんの感想を聞きたいと思っておりました。
    同じ感想をお聞きして、大変嬉しく思っております。
    今後とも情報交換をし、PCオーディオの可能性を探っていきましょう。

    今年も宜しくお願い致します。

    byMF at2017-01-01 23:09

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする