MF
MF
4年ほど前からオーディオが趣味になり、アナログからネットワーク・PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。 現在はwindows10proをベースにミニPCを使いfoo…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

気が付けばiFi製品だらけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月27日

オールバッテリーで普段聴いていますが、miniPCが省電力なので20000mAhのバッテリーで20時間くらい再生出来るのですがそれが返ってバッテリー切れに気が付かず強制シャットダウンもしばし・・・(笑)

使用しているminiPCの再生中CPU消費電力は、下記の通り。
ノーマルプロセス  1.8W
プロセスカット(LV6) 0.8W *LV7では確認不可
*ソフトウェアでの表記なので参考程度

何とかバッテリーを超えれないかと検証しました。
超えなくとも同程度になればと思いました。

そこで以前から存在は知っていて見て見ぬふりでした。

micro iUSB3.0
http://ifi-audio.jp/microiusb30.html

同社のiGalvanic3.0も使用していますが、
以下HP抜粋
1) REclock2/ REgenerate2/ REbalance2 + オーディオファイル・グレードのUSB3.0/2.0ガルバニック・アイソレーション +
2) 超低ノイズのUSB電源*
*ノイズの測定値は、500mAの負荷で0.5μV(0.0000005V)です。iFi製以外のUSB機器をはるかに超えています。これに勝るのは、micro iUSB3.0だけです。


それでmicroiUSBを、miniPCとiGalvanicとHugo2の電源ハブとして使ってみようと考えました。


考えたと同時に即行動。



アダプターにipower9Vが付属してありました。

早速iFiオンパレードで接続しました。

ACコンセント
  ↓
iPurifier AC http://ifi-audio.jp/ipurifierac.html
  ↓
電源タップ
  ↓
iPower9V ノイズフロア1μV(microiUSB付属品)
  ↓
iPurifier DC ノイズフロア0.5μV http://ifi-audio.jp/ipurifierdc.html
  ↓
microiUSB ノイズフロア0.1μV
 ↓ ↓        ↓
 ↓ ↓   iDefender3.0(iGalvanicに給電)http://ifi-audio.jp/idefender.html 
 ↓ ↓        ↓
 ↓ ↓       Hugo2 
 ↓ Hugo2給電(5V)
 ↓
miniPC




iGalvanicのHP説明では、PCからiGalvanic→microiUSB→DACの順でしたが、データ信号をmicroiUSBを通す事で聴覚上でのデメリットを感じたのでmicroiUSBを通した後にiGalvanicを通す事にしました(ただしiGalvanicの電源はmicroiUSBの0.1μV電源を給電)

バッテリーとの比較は、

バッテリー → 自然な感じ・すっきり
iFi武装AC → 自然でありながら濃厚、テンポがゆったりと聴こえる

それにしてもバッテリーは手間が掛かりますが、コスパはずば抜けていますね。
あとminiPCの省電力は本当に驚愕かと思いました。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. うちもiFiだらけになりつつあります(笑)。
    バッテリーの手間を考えるとiFiは結構健闘しているようですね。

    貧乏人の味方iFi(笑)。

    byうつみくん at2018-05-27 14:14

  2. MFさんこんにちは。レポートありがとうございます。ベルウッドさんのミニPCレポートは凄かったです。

    レパードさんも実施されていましたが、iPowerとiPurifier DC
    の組み合わせ 効果あるのですね。

    うちでもiPurifier AC にiPurifier DC組み合わせ効果ありました。

    byYongJoon at2018-05-27 15:49

  3. うつみさん

    iFi製品は、モバイル用途(省電力)なほど効き目があるように思います。
    iFiの技術は大電力ですと効果が出ないのかも知れませんね。

    オーディオはそもそも増幅の繰り返しですから、最上流の省電力化は、ノイズも減少する「だろう」と認識しています。

    >貧乏人の味方iFi(笑)。

    microiUSBは私には高いです(笑)

    byMF at2018-05-27 20:41

  4. YongJoonさん

    ベルウッドさんの文才は本当に素晴らしいですね。
    理解力にも驚かされます。
    この1年の取り組みに対しての総括的なレポートに大変に感謝をしております。

    >レパードさんも実施されていましたが、iPowerとiPurifier DCの組み合わせ 効果あるのですね。

    効果はシステム全体での総ノイズ量によるかと思います。

    差が感じれないシステムもあるかと思います。

    byMF at2018-05-27 20:52

  5. MFさんこんばんは。
    私もifiを使って重宝してます。
    以前は大きなディープサイクルバッテリーを使っていたのですが、充電の手間がなかなか大変でifiにしました。
    DACのDC電源にはDCiPurifierを入れています。ほとんどのアダプターはスイッチング電源なので助かりますよね。
    またその他には、PC-DAC間とPC-SSDにはそれぞれにiUSB3.0を使っています。
    比較的安価で十分な効果があると思います。
    また、情報が有りましたら教えてください。

    bycocoa at2018-05-28 20:33

  6. cocoaさん、こんばんは。

    月曜日の今日、帰宅して19時~20時はiFiでもひどかったです(汗
    集合住宅のACはやはり凶かと思いました・・・。
    microiUSBに付属されていたiPower9Vをリニア電源に変えたら、そんな最悪な時間帯でもかなりまともになりました。
    ACの電源環境が酷く悪い時は、iFiフル武装でもバッテリーには追い付かない結果となりました。

    条件が揃えば、ぶっちぎりでiFiが優位な感じはしますが・・・。

    拙宅の電源環境が悪い時の症状として、

    中域が痩せる
    松田聖子が刺さる
    スピーカーの音離れ悪化

    バッテリーは安定しているので、検証には必須と思いました。

    byMF at2018-05-29 00:07

  7. MFさん

    私も、iFiを初めてのお買い物しました。ただいま、じっくり検聴中です。

    byベルウッド at2018-05-31 10:24

  8. MFさん こんにちは。

    AC~iPower9vのところをバッテリに置き換え、ACからの影響を断つ、というのはいかがでしょうか?
    ふる~いiUSB Power(これも0.1μVです)を引っ張り出して、思案中です^^

    それにしても、win10とfoobar2000とボードの機能が動いていて0.8wって、これはもう極小といえるのでしょうね~^^

    byそねさん at2018-05-31 13:02

  9. ベルウッドさん

    んん!?
    iFiの何を購入されたのでしょう・・・?

    すごく気になります(笑)

    byMF at2018-06-01 01:20

  10. そねさん

    >AC~iPower9vのところをバッテリに置き換え、ACからの影響を断つ、

    これは、microiUSBをバッテリーで動かすと言う意味でしょうか?
    それは検証してみましたが、電圧不足になりました(汗

    byMF at2018-06-01 01:24

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする