MF
MF
4年ほど前からオーディオが趣味になり、アナログからネットワーク・PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。 現在はwindows10proをベースにミニPCを使いfoo…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

オーディオ観の転機(GRF邸訪問記)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年11月09日

11月3日土曜日、GRFさんからご招待を頂きHarubaruさんとご訪問の機会を頂きました。
GRFさんと初めてお会いしたのは、去年の2月に訪問させて頂いたakazu邸です。
思い返せば、現在MFPCをお使いいただいている皆様と初めてお会いしたのもこの時でした。
もう1年と9か月も前になります。
皆様との出会いは、今ではとても縁を感じます(笑)

私は皆様ほどのオーディオの経験はありません。
音源についてもずぶの素人と言ってもおかしくない程の知識しかございません。
今はトランスポートが音に及ぼす影響について探求する事が趣味となっておりますので、音質中心の訪問記となりますのでご了承をお願い致します。

お馴染みの和室に案内して頂きました。

GRFさんと言えば、無指向性スピーカーのユニコーンです。
さてどんな音なのか期待が膨らみます。
今回はMFPCとの比較がメインなので、分析モード全開です。
一曲目は比較的小さい音でオルガン協奏曲です。
すでに六畳間である事を忘れる音場が展開されました。
それからGRFさんの定番ロメオとジュリエットと進みます。
耳が慣れてきたらどうしても左チャンネル側に音像の偏りが気になりました。
途中でしたがHarubaruさんに左側の席と交代して頂きました。
するとどうでしょう!
さらに音場が広がり中低域も豊かになり躍動感も素晴らしい!
GRFさんが、真ん中が良いとは限らないと言われていた意味が分かりました。
ご説明では左右の差は、通常はSPの位置で調整するのですが、ユニコーンはバックロードと無指向性との組み合わせなので、
狭い部屋ですとピントの合わせかたが難しく、敢えて左右の音量を変えて調整しているとの事でした。
右が当初弱かったのは、GRFさんの何時も聴かれているポジションが右側だったからです。
それからGRFさんが右チャンネルの調整を微調整し、センターポジションでも自然なバランスになりました。
誰でもこのスピーカーを鳴らしきれるのではなく、GRFさんのノウハウがあってこそだと思いました。

演奏で使われる楽器はすべて違う響き方をしていると思います。
残響音の長さ短さ、響きの速さ遅さ、これらが手に取るように明確に聞き取れました。
解像度が高い、音が団子にならずに数多く聴き取れると言ったレベルではありません。
演奏者の動きが見えるようなリアルさがあります。
これは驚愕の域かと思います。
極めて自然であり、分析的に聴いているに自然と音楽に吸い込まれる魔力の様な力を感じました。

お昼はGRFさんにお蕎麦をご馳走になりました。
経験豊富なGRFさんのお話はとても楽しかったです。

午後はいよいよMFPCでの再生です。
まずGRFさんが普段お聴きになっているMacbookで聴かせて頂きました。
音源は5.6MHzと96/24のソフトです。
十分に良い再生でしたが、午前中のCD再生に比べると見通しにやや曇りがありわずかですが音に角を感じます。
それにしてもノーマルのMacbookで、これほどのレベルは正直驚きました。
GRFさんがMeitner のドライバーを準備している間に、持参したHugo2+MFPCで聴かせて頂きました。
音源は収録が良いとされる、ReferenceRecordingsのMalcolmArnoldです。
トランスポートが音に及ぼす影響を探求する身としては、DACなのかPCなのか、ここは物凄く大切な判断材料となります。
再生された音を聴いて、正直ショックを受けました(汗
あれだけ自然で有機的なGRFさんのサウンドが、平面的で低域も遅れを感じるようになり予想をはるかに超えた音質の劣化を確認致しました。
DACとPCを変えてここまでの変化の大きさは、正直経験がありません。
動揺を抑えて、MFPCとMeitner を認識させ音出しです。
GRFさんの有機的で躍動感ある再生に戻り、内心ほっとしました(汗
もう一度Macでの再生を聴いた後、
「一聴で違いは分かりました。この差を知ったら後戻りはできませんね」
と、お言葉を頂きました。
Hugo2に合わせたセッティングがされていない事はありますが、DACの差は相当なものでした。

次に帰宅の時間迫って来ましたが、大きな部屋を聴かせて頂きました。

こちらのDACはEMMのDAC2XV2とMolaMolaのMakuaプリアンプになります。
MolaMola は幸運にも今日バージョンアップから戻ってきての音出しとの事でした。
EMMと MolaMola を切り替えながら違いを聴かせて頂きましたが、大きな部屋初日の私にはどちらも素晴らし過ぎて優劣は分かりませんでした(汗
ティンパニがなんたってすごいです!
ドドン!
もうそこで叩いてる感が半端ないです!
和室に比べて、特に低域の実在感が桁外れに素晴らしいと思いました。
もっと聴きたかったですが時間切れで今回は終了となりました。

題名に書きましたオーディオ観の転機についてですが、それはGRFさんのオーディオを聴く事でリアリティを追求したオーディオを知る事が出来た事です。
それからMFPCはハイエンドオーディオにはあまり効果が出ないのではと思っておりましたが、この上ない貴重な経験となりました。

GRFさん、この度は貴重な体験をありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. MFさん、こんにちは。

    先日はお疲れ様でした。
    9月にK&KさんとGRF邸を訪問させていただいた時にMFさんのお話が出まして、GRFさんはいろんなことにご興味がおありなのだなと思いました。

    >GRFさんと初めてお会いしたのは、去年の2月に訪問させて頂いたakazu邸です。

    何の気なしに皆様を同じ日にAkazu(McGM)邸にお連れしましたが、こういう展開になるとは当時は思ってもみませんでした。(^^;)ご縁とは不思議な物です。

    ユニコーン部屋でHugo2があれしか鳴らなかったのは不思議でしたね。ローマは1日にして成らず、ではないですがあの部屋でうまく鳴らし込むには相当な時間を費やす必要があるのかなと思いました。
    でもMeitnerではMFPCは上手く鳴って良かったですね。(^^)

    GRFのある部屋では、ヴァージョンアップされたDAC(EMMとMolaMola)を聴かせていただきましたが、2か月に訪問させていただいた時より遥かに優れたSN、静けさ、音場で鳴っていたので驚きました。

    時間がなくてこの部屋でMFPCを繋げられなかったのは心残りでしたが、次回のご訪問がまた楽しみですね。

    byHarubaru at2018-11-09 11:32

  2. MFさん、こんにちは。

    ご訪問の前に「何はともかく大きな部屋の音を虚心坦懐に聴いて下さい」とお伝えしましたが、確かにGRF邸の音はオーディオ観が変わりますよね。

    ChordのDACは私のDAVEも含めて解像度は凄いけど音場が多少狭くレイテンシー性能が良くない印象ですが、その辺りの問題が出たみたいですね。
    この辺りは余裕のある筐体で低レイテンシーのXMOSドライバーで駆動されるEMMやMolaMolaには敵わないのでしょう。

    Chordの良さが出る機器構成もあるはずなので、挫けずに頑張りましょう。という私も自室でEMMを聴くのが待ちきれません...

    byのびー at2018-11-09 20:10

  3. Harubaruさん、こんばんは。

    全てはHarubaruさんから始まったご縁ですね(笑)
    神業的なバランスなのは間違いないと思います。
    常識では理解できない領域かと思います(汗)
    >MeitnerではMFPCは上手く鳴って良かったですね。(^^)
    はい、Hugo2での出音に絶句でしたので、本当に良かったです・・・(笑)
    大きな部屋で試したい気持ちもありますが、どっぷりと音楽を聴きたい気持ちも強いです(汗)

    byMF at2018-11-10 01:23

  4. のびーさん、こんばんは。

    はいアドバイスを頂いておりましたが、時間に余裕が無かったのと和室で集中力が切れてしまいました(汗)
    それでもインパクトは大きかったです!
    オーディオ観が変わって、自宅がよりオーディオ的に聴こえるようになってしまいました・・・。
    EMMやMolaMolaはたしかにXMOSですよね。
    Chordはどうなんですかね。
    EMMやMolaMolaに比べて、オーディオ的ハイファイなのは間違いないですね。
    私はMolaMolaよりEMMが、のびーさんのお好みかと思いました(笑)

    byMF at2018-11-10 01:34

  5. MF さん
    レポート興味深く拝見しました。GRF 邸の繊細なバランスの中で MF audio の視聴、健闘されたと思います。ただHugo 2の不調については 原因が 必ずしも解明されていないように思います。
    DAC のUSB 入力のフロントエンドの問題かもしれませんが、ノイズとアース電位の問題がクリア出来ていたとするとあとはクロックジッターの乱れでしょうか。XMOS を積んだDACを選択すれば良い問題ではないかもしれません。AsojyajiDAC や IFi のDAC とHugo2 は 他所では 対抗できたように思っています。
    うちでもMFAudio 良い音で鳴っていますが バッテリーもう一つ入れたいのですが、苦労しています。

    byKE2 at2018-11-12 07:42

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする