MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

MSB Network Renderer Module

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月05日

かっこいいタイトルですがオーナーである、そねさんを出し抜いて日記を・・・(爆
http://community.phileweb.com/mypage/747/

Network Renderer Module
http://www.axiss.co.jp/cms/wp-content/uploads/2016/02/MSB_AnalogDAC_Renderer_newsdetail.pdf

https://kotonohanoana.com/archives/20305

http://www.msbtechnology.com/renderer-rev2/


そねさん宅のMFPCのバージョンアップを兼ねてNetwork Renderer Moduleを聴かせて頂き、のびーさんの日記を読んでタイムリーだなと思った訳です。

Network Renderer ModuleはDLNAネットワークに対応がLINN DSと同じようにroon readyになったとの事です。



今までの構成は、

roonコア+HQplayer
    ↓
  ipv6LAN接続
    ↓
NAA USB接続matrixDDC同軸出力
    ↓
MSB DAC 同軸入力



これがNetwork Renderer Moduleに変わると、

    roonコア
     ↓
    ipv4LAN接続
     ↓
Network Renderer Module MSB DAC


これはシンプルで良いですね!
この場合、DLNAプロトコルではなくroonのRAATなのか・・ちょっと不明ですがipv4ベースなのは間違いないと思います。


【Network Renderer Moduleの感想】
・SNが非常に高い
・素晴らしく簡単で、安定性も文句なし
・さすがMSBと思わせる完成度

【HQplayer+NAAの感想】
・ちょーめんどくさい(笑)
・NAAが先に起動していないとHQplayerがNAAを見つけてくれない

とまぁ・・率直な感想でした。
もう何回HDMIとマウス・キーボードの抜き差しを繰り返したか分かりません(笑)
そして思うのは、やっぱりipv6だな~と思いました。

Network Renderer ModuleがDirettaに対応になったら最高ですね!
この二つのネットワークを聴き比べ出来る、そねさんシステムはホットです!

ご興味がある方は、そねさんにお願いしましょう(笑)

そねさん

この度はお付合い頂き、ありがとうございました!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. MFさん

    Network Renderer ModuleとRoonの接続はRAATですね。

    Roon Advanced Audio Transport = RAAT
    添付された写真に載ってます(笑)。

    こちらの完成度は高そうで音もかなりのようですけど、NAA経由と比較してどうだったのでしょうか?そねさんの判定を待ちましょう。

    byのびー at2019-08-05 23:50

  2. こんばんは。
    MSBのDACを現役でお使いになっている方は当コミュにはいらっしゃらないような。ましてrenderer moduleを取り付けた方となると…。
    MSBが入力をモジュール方式としたのはDACⅣからのようですが、設計の古いDACⅣへのrenderer moduleインストゥールはmoduleの皮を剥いで裸基板の取付けとなったようです。それでも新moduleのインストールをDACⅣから実現し(特注対応)、DACを買い替えることなくroon ready、MQAのハードウェアデコードなどを可能にしてくれたのは嬉しい限りです。
    音質の評価は、今しばらくお時間をください。

    byそねさん at2019-08-06 01:04

  3. MFさん

    そねさんのMSB DACがいよいよ本格稼働ですね。あのMSBはそねさんのお宝ですね。そねサウンドの核心だと常々思っています。その実力が最大限発揮できるようにするのがよいですね。MSBもボードの増設や変更で柔軟に接続機器に対応できるところがすごい(お高いのでしょうが…汗)。

    NAAを経由させずに直結したらどうか?という発想も素晴らしい。MSBの素の実力を引き出すという発想でしょう。一方で、これは、Ipv4とIpv6との比較にもなります。スフォルツァートVelaでのDirettaへの切り替えの鮮烈さを聴いた体験からすれば、興味深い比較です。

    互いのメリットのどちらが勝るかという勝負には興味津々です。いずれにせよ待望のMSB改の音を聴いてみたいです。そねさん宅に急がねば…。

    byベルウッド at2019-08-06 12:41

  4. のびーさん

    あ、ほんとですね(笑)
    RAATとは思えない鮮度でした!
    好みの差とでも言いましょうか・・・
    でもきっと、そねさんはお好みはNAA経由かなと思います!
    と言ってみたり(笑)
    それにしてもあの安定感と簡単さは魅力です!

    byMF at2019-08-07 00:59

  5. そねさん、こんばんは。

    先日は長い時間お疲れさまでした!
    それにしてもUSBが認識しなくて、とても残念と言いますか心残りです・・・(汗
    MSBはユーザーに良心的なメーカーですね。
    MQAハードウェアデコードも対応ってすごいですよね!
    音楽を楽しまれて下さい(笑)

    byMF at2019-08-07 01:14

  6. ベルウッドさん、こんばんは。

    一足先に曽根さん宅は最新バージョンになりました・・(笑)
    私が言うのもあれですが、是非お聴きください!(笑)
    なかなか聴けない比較かと思います!

    byMF at2019-08-07 01:17

  7. 今、両方とも音が出ません(汗
    自分の力では起こりえることでもうなれっこです(笑
    今日あせらずやってみます

    byそねさん at2019-08-07 10:22

  8. こんばんは。シークエンスに留意し再起動することで起動させることができました。今日は、roonのゾーン切替で選択視聴することに取り組んでみました。
    試聴の感想を少しだけ。

    ■視聴方法
    子機ルーターからのLANケーブルにHUBを挟み、HUBからNAAとMSB renderer moduleにLANケーブルで繋ぎ、roonのゾーン切替で選択視聴を行いました。(endpointだけをNAAまたはMSB rendererに変更。HUBまでは共通のMF_PC)
    ■視聴対称
    新MF_PCのNAAモデルとrennderer moduleへの変更モデルの2通りについて、buffer_PC有り無しの2通りで計4通り
    ■簡単な感想です
    □renderer moduleモデル with MF_buffer PCの感想
    ・S/Nが非常に高く鮮度感のある音。空間表現が拙宅経験では最高と素晴らしい。
    ・ハーモニーを美しく表現するより音楽の構造を分析的に立体的に聴かせる
    ・どちらかといえば出音の柔らかなMF_PCに慣れた耳にはシッカリした出音でオーディオ的完成度を高く感じさせる。
    ・プラシーボであろうが、シッカリした音にありがちな粗を出さない、聴かせ所、主役をわきまえた鳴り方をする。
    ・MF_PCのend pointにMSB moduleを入れるのは良い組み合わせかもしれない。ノイズ極小/超安定伝送のMF_PCにMSBを合わせる、素のroonとMSB moduleではとてもかような音にはならないと思われます。

    □MF_PC NAAモデル with buffer PCの感想
    ・何かを超え別次元へと入った音です、こんなの聴いたことがない!
    ・tripleからquadに変えるとピアノの音が未だかつて聴いたことのないものに。アルゲリッチのピアノがあたかもそこで鳴っているかのような実在感が素晴らしい!弦楽器は深く豊麗に響き、ギターのピッキングは鮮やか
    ・音の品位が上等、密度濃く深々とした質感を湛えた出音、
    ・フォーカスが合い口の小さいvocal

    ■一押しは MF_PC with buffer PC
    MSB renderer moduleは事前予想より健闘した。
    ・事前予想:renderer moduleで鳴らすとき、プレイヤー役割のroonの音質がHQplayerに見劣り、また、伝送方式のRAAT(RAAT;roonのオーディオに特化した伝送方式)はipv6に劣るとの予想の中で、MF_PCの圧勝と思われました。
    ・蓋を開けてみると:renderer moduleにデータを受け渡すだけ、と、接点、データの変換等が超シンプルなことが貢献したと思われます。
    *ただし、MF_PCのDAC入力がUSBでなかったことは割り引いてみる必要ありです。

    (続く)

    byそねさん at2019-08-08 22:35

  9. (続き)
    ★MF_PC新モデル    ★MSB renderer module

    roonCORE+HQplayer     roonCORE
      ↓              ↓
    buffer_PC          buffer_PC
      ↓              ↓
    LAN接続(ipv6)       LAN接続(roonのRAAT)
      ↓              ↓
    ::::: HUB《比較視聴のため挿入》::::::::::::      
      ↓              ↓
    NAA              MSB renderer module
    拙宅では②(通常は①)   ↓
    ①USBでDACへ入力     ↓
    ②USBでDDCへ接続     ↓
    SpdifでDACへ入力      ↓
      ↓               ↓
    DAC へ入力       DACへ直結

    byそねさん at2019-08-08 22:55

  10. そねさん

    詳細な評価ありがとうございます!
    USB入力がNAAで認識しなかった事が本当に悔やまれますね・・・(汗
    それが聴けないと、そねさん的に心残りかと思いますが、DDC経由・networkRenderer共にかなりのLVなのは間違いないです!

    音楽を楽しまれて下さいね(笑)

    byMF at2019-08-08 23:55

  11. MFさん  こんばんは。

    はい、USB接続を聴けなかったのは重ね重ね残念です。
    今の接続方法ではDDCがボトルネックとなりますね。

    今日はMSB rendererが全く認識されませんでした。ナビゲーション>設定>オーディオの「ネットワーク上のデバイス」に出てきません。

    byそねさん at2019-08-09 23:32

  12. そねさん、こんにちは。

    USB接続が聴けなかったのは残念ですが、DDCがそれほどボトルネックになっているとは思えません!ので、あまり気にされなくても良いかと思います。

    ネットワーク上に見えなくなったら再起動ですね。
    DHCP自動取得の宿命ですね(汗

    byMF at2019-08-11 16:47

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする