MF
MF
PCオーディオまであらゆる再生方法を実践して音の違いを楽しんでおります。

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

日記

X1おやじ邸訪問記(砂箱とCDPの底力)

このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月21日

K&Kさんが先にX1おやじさんのシステムについて書かれたので、私は違った切り口でご感想を・・・。

と、その前に!
正直に申し上げますが、
実際にお聴かせ頂くまで完全にナメてました!
X1おやじさん、すみません(笑)

P1X、D1Xが発売されダイナで試聴をさせて頂きCHはさすがだなと思ってたり・・。

しかし、CDもここまでかと思っていたのも事実です。(あくまで個人的にです)


X1おやじさんは私を驚かせようと、私はMFPCに驚いてもらおうと・・・(笑)
Harubaruさんには今まで色々な方を紹介して頂き、驚く事は無いだろうとここでも相当にナメていました(笑)



到着しましたら巨大なスクリーンで映像と音楽が流れていました。
スクリーンは比較対象として映画館がありますし、そもそも興味があまりなく・・・おぉって位でしたが、天井の高さは目が点になりました!
あ!お化けプロジェクターもあんな巨大なのは見た事がありません!
すみません低レベルな感想で・・(汗


そして800D3のシステムで再生した鬼太鼓座の大太鼓・・・
X1おやじさんがニヤニヤしてます・・

はじめは尺八だけが流れ‥これはまぁ・・と思って聴いていたら、

ドバンッ!!!

ぶはっ!!

X1おやじさんがケラケラ笑ってます・・
「すごいでしょ(笑)」

いきなりこの音量は、お化け屋敷級にビビりますよ!(爆)

ドバンッ!!!

はい、2発目は身構えてるので驚かずこれが何なのか聴き入ります・・・。

ドバンッ!!!



んん?!
正面のカリン材で作られている壁から聴こえます!
こりゃぶったまげました。
写真より実際は相当壁まで距離がありますが、完全に遠くでトバンッって聴こえます!
細かな振動と音圧を体で感じますが、耳に聴こえる音圧は壁からなんです。
これはびっくりしました!
普通あれだけの音量だったら耳に直接音圧を感じてうるさく聴こえそうなものですが、遠くで大きな音で太鼓が鳴っていました。
カリン材の壁が太鼓の革で、そこから聴こえるって感じでした!


そしてMFPCをセットアップし、X1おやじさんの比較音源をroonに読み込ませ準備完了です。
比較音源は、シベリウス : 交響曲全集(多分・・・

何枚目のCDか分かりませんが1曲目序盤で比較となりました。

MFPCから再生・・。
うーん・・?
それからUSBケーブルを変えたり、仮置き設置を少しまともにしても・・(汗
X1おやじさんから「これも砂箱だね!」と声が(笑)

P1XでCD再生です。

お~~、一聴して自然で深みのある再生です。

こりゃだめだ(汗)と思いました(笑)

X1おやじさんが、MFPCのケースに防振対策をするも音は確かに変わりましたが、根本のPC特有の高域にある歪が見え隠れします。

X1おやじさんがこれを聴いてみてと、CDを再生します。

The Tokyo Gala Concert (Live)

K&Kさんが、あまりの良さにのけぞってます(笑)

そしてMFPCでは、TIDALで同じ音源があったので再生しましたが、まぁTIDALとは言えその差は歴然と言わんばかりでした。
簡単に言えば、MFPCはPC臭さを感じP1Xはアナログのような深みがあり自然な再生。

MFPCは完全敗北でした(笑)

ダイナで聴いたP1X、D1Xとは比較になりません!

こりゃ参った!
率直に思いました。

それにしても、MFPCの美点であるPCらしくない深みや厚みのある良さは何処へやらって感じでしたね~

X1おやじさんのP1Xは、けっして高解像度でSNがずば抜けて高い訳でもないです。定位も息をのむほどフォーカスがずば抜けている感じでもありません。
しかしそういった事を忘れさせる説得力と求心力がありました。
これだけ大掛かりなシステムで、こう聴かせるのは凄い事だと思いました。

エアコンや扇風機の音がしても、気にならなくさせる再生でした。

これは、ほとんどの機器に砂箱を使用して相当にセッティングをされた苦労の結果なんだと痛感させられました。

ポン置きMFPCが勝る相手じゃなかったです(笑)
まぁ・・現状のMFPCを砂箱に設置してもこの歪みは消えそうな感じではないなと。
P1Xの潜在能力はこんなにも高かったのか!と思い知りました。

実は最近MFPCを色々な方に絶賛して頂きありがたい事なんですが、とてもモチベーションが下がっていたんですよね。
あくまで自分の中での目標があったのですが、達成してしまった感とでもいいましょうか・・。
そうなると次なる発想や意欲が全く湧かないんですよ!

そんな事もあって、今回のX1おやじさんがセットアップしたP1Xに完全敗北をした事はとても刺激的でテンション上がりました(笑)

最後まで話が盛り上がって止まらなかったです(笑)

と言う事でX1おやじさん、この度は貴重な体験と気付きを与えて頂き本当にありがとうございました!

素晴らしいシステムの完成度だと思います(笑)




おまけ


その後色々考えました。
X1おやじさんのシステムで出るPCオーディオのネガティブさを消し去る事が、果たして一般的なオーディオシステムで意味があるのか・・。
自宅でMFPCを聴く。

うーん‥素晴らしい(爆)

これじゃぁ気が付かん!(笑)

と悶々としながら、翌日Tさん宅へ。

Tさん「MFPC専用リニア電源3ヶ月掛かりましたよ!(笑)」

許可を頂きましたので・・・


Tさん「全て独立電源で、パーツも全て特性を調べて組み上げています。MSB
のセレクトDACは内部写真を見ると私の理想と考える高調波ノイズ対策がなされているように感じられる」と聞き、やはりMSBはすごいんだなと思いました!

バッテリー+microiUSBのNAAと比較しましたが、Tさんのリニア電源が圧勝!!
これは連日のインパクトでした!

MFPCは仮設置で宙ぶらりんなのにこれは・・・!

Tさん「トランスってノイズを伝えちゃうんですよね~独立させるだけじゃ駄目なんですよ。バッテリーも良いですけど入力側の対策は出来ないですからね」

もうモチベMAXです(笑)

そして出力だけでも独立させてみました。

もうバッテリーいくつ使ってるんだよ!と自分で突っ込み入れてしまいます(笑)
これは効きますね!
ちなみにバッテリーのUSBは2.1Aと1Aがありますが、1Aの方のみ使っています。
とりあえず私はバッテリーでもう少し探求してみます!

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. MFさん こんばんは

    MFPCユーザーとしては??な記事ですね(苦笑)。


    MFPCは、“実は”まだまだPC臭いということでしょうか?それとも環境(例えば大音量再生による振動)やシステム、ソフトとの相性では本領を発揮できないということでしょうか?

    (「相性」については薄々そういう疑いを持っています…)

    電源は共通にするとどうしても相互に影響するので独立化の徹底というのは理解できます。リニア電源を良質なものにするには、大容量化とノイズ対策が必要なのでどうしても大型化してしまいます。

    そうなると、私のような「お茶の間オーディオ」には非現実的ですし、そこまでの必要性を感じません。私も、もう少しバッテリーで頑張ってみるつもりです。

    byベルウッド at2019-08-21 23:51

  2. ベルウッドさん、こんばんは。

    早速のレスありがとうございます!

    >MFPCユーザーとしては??な記事ですね(苦笑)。

    私はベルウッドさんが?になる意味が分かりません(笑)

    日記中の、
    「その後色々考えました。
    X1おやじさんのシステムで出るPCオーディオのネガティブさを消し去る事が、果たして一般的なオーディオシステムで意味があるのか・・。
    自宅でMFPCを聴く。

    うーん‥素晴らしい(爆)
    これじゃぁ気が付かん!(笑)
    とりあえず私はバッテリーでもう少し探求してみます!」


    と書いている意味が分かりませんか??
    なんでもオールマイティー、完全、完璧は無いですよ(笑)

    しかし規模によって対策レベルに差は出て当然な事だと思いますし、規模が大きい小さいに関わらず、楽しいものは楽しいですから。

    振動対策は明らかに何もしてませんでしたから、影響はあったかなと思いますがそれだけじゃなさそうと書かせて頂いております。

    あとは~
    PCやルーター・ハブ・ケーブル全て新品で通電は2時間程度でしたけど、何とも言えません(笑)

    byMF at2019-08-22 00:37

  3. MFさん

    『??』というのは、心穏やかならず…というような意味です(笑)。


    PCオーディオに限ったことではありませんが、時々、ラジカセとかiPodの音の方がよっぽどよい音に感じてガックリすることはあります(笑)。実際、我がお茶の間でも、同居人用のBOSEのSoundTouchの方が気持ちよく鳴っていると感じることがあってガッカリしてしまいます。

    逆に大きなシステムは、スケール感とか体感から来る迫力は楽しめますが、やはり、大ざっぱになるところとか誇張感とかを感じることが多いです。それも生演奏にはない楽しさとも言えるのですけどね。

    昔、ある日本の指揮者が、一度でいいから拡声器を盛大に使って超大音響でベートーヴェンの「運命」を演奏してみたいと言っていました。それを聞いて、その時はバッカじゃなかろーかと思いましたが、今となっては、多少はその心境がわかるようになりましたネ。

    まあ、地道にコツコツと気になるところ、やれることから追究することにしています。オーディオも小さいことの積み上げかなあ。

    byベルウッド at2019-08-22 01:29

  4. MFさんこんにちは。

     デジタルも制振や電源の基本も押さえるとまた違った面が見えますね。まあこの辺もきりが無いというか、いくらでもやるところが残っているようです。

     Tさんの所も今度聞かせてもらってきます。

    byケン at2019-08-22 11:08

  5. MFさん、

    オフ会の日記を書いて下さりありがとうございました。MFPCのことですからMFさんが書かれたらご自身の日記かもしれませんけど。(^^;)

    MFPCをいろんなお宅でデモさせていただきましたが、オーナーのお持ちの音の方が良いなと感じたのは初めてでしたね。

    最近MFさんのモチベーションが少し下がっているとお聞きし、少し心配しておりましたが、前向きに考えるMFさんのことですから、ここで発奮剤が入ってかえって良かったかもしれませんね。(^^;)

    拙宅でも更に良くなるようにいろいろ試して検証してみます。今後の展開が益々楽しみになって来ました。

    byHarubaru at2019-08-22 12:53

  6. MFさん

    >正面のカリン材で作られている壁から聴こえます!
    >こりゃぶったまげました。
    >写真より実際は相当壁まで距離がありますが、完全に遠くでトバンッって聴こえます!
    >細かな振動と音圧を体で感じますが、耳に聴こえる音圧は壁からなんです。
    >普通あれだけの音量だったら耳に直接音圧を感じてうるさく聴こえそうなものですが、遠くで大きな音で太鼓が鳴っていました。
    >カリン材の壁が太鼓の革で、そこから聴こえるって感じでした!

    凄くリアルな試聴記です。色々な試聴記を目にするものの、これほど「凄っ!」ていうのを感じる試聴記はめったにありません。
    あまり音楽理論や文学的表現に長けているとは思いませんが(失礼)、本質を捉えてるんですね。

    やはり凄耳だけじゃなかった訳ですね。
    モチベMax、期待しています。

    byのびー at2019-08-22 13:48

  7. MFさん こんばんは 
    先日は 大変な荷物(MFPC)を 持ち込んで 視聴させていただき,とても良い経験をさせていただきました。 正直 CDは 元々 デジタルのファイルですから ファイルを直接,再生したほうが 素敵に決まっていると思います。
    いろいろな再生方法があるにしろ,これだ!!と言う決定打が無いのかな?とも 思います。 
    CDの再生は P1X,D1Xで やっと ここまで 来れた!!と言う感じです。
    高域の再生に関しては 拘りが有り,リボンツィーターが 2段重ねになっています。 高域は再生が 細く,弱くなりがちなんですが この辺を 補強しております(音色も含めて)。 ですから 通常のシステムより その辺の粗が 出やすくなったのかもしれません。
    リボンツィーターをSIT-3でドライブするようにしてから 尚の事,その辺りの出音がシビアに 鳴っていたと思います。 
    MFさんのおっしゃるように 通常,気づかないで 楽しめれば,それで OKだと思います。拙宅が尋常じゃないのかもしれません。
    そして MFさんのモチベーションの向上に役立てたのは嬉しいですね。
    進化する MFPC 楽しみにしております。

    byX1おやじ at2019-08-22 17:39

  8. MFさん、

    お疲れ様でした。

    複雑な機材を持ち込んで短時間で組上げて落ち着く間もなく、じっくりと時間をかけて調整された機器と即比較するというのは、そんなに簡単ではないのだと思います。
    しかもそのハンディが大きいうえに今回は比較したのが10倍以上高価な機器なのですから…

    私自身はX1おやじさんの環境で音楽を楽しむモードに入ってしまっていたので、なかなか音質比較モードに切り替えることが難しかったです。
    比較音源のシベリウスは私の好みの曲でなかったせいもあるかもしれませんが、私にはそれほど大きな差とは感じられませんでした。
    私の駄耳のせいもあるでしょうが…

    私はすでに大太鼓でX1おやじさんの術中にはまっていましたし、ムターに至ってはあの演奏の好き嫌いは別としてムターの世界に引きずり込まれて音の判断ができる状態には戻れませんでした。(笑)

    MFさんの今後の展開を楽しみにしています。
    でも、時にはPCトランスポートのことはちょっと忘れて好きな音楽に浸ることも長い目で見ると無駄ではないような気がします。
    どうぞ、あせらずに…今でも十分にレベルは高いのですから。

    byK&K at2019-08-22 21:43

  9. MFさん、こんばんは。

    興奮が伝わって来ます。

    さて、次のMFPCの展開は如何に?
    ユーザーでは無いですが、常に参考にさせて頂いている身としてはとても気になります。

    >とりあえず私はバッテリーでもう少し探求してみます!

    まさかそれじゃ済まないでしょう(笑

    でも、あくまでもroon+HQpleyerの範囲でお願いしますね!

    byいたちょう at2019-08-22 22:41

  10. MFさん こんばんは。日帰りデモ 誠にお疲れ様です。

    尋常ではないシステムと思い入れとの邂逅でしたね。
    ただ、完全敗北とはMFPCを愛用させていただいている者としてチョット悲しい。
    拝読しますと、
    ・CDPでの再生は自然だがMFPCでは「?」から始まった
    ・「?」はX1おやじさんのシステムの水準が高くMFPCの粗があぶりだされたものであった
    ・一般的システムでは「う~ん…素晴らしい」音で鳴り粗は表面化しない
    ということですね。
    そしてMFさんは、一般システムを前提に粗をなくすことに意味があるのか自問されています。
    我々持たざる者は、お金や環境の制約から一般システムしか持ち得ぬ者は技術で持てる者に先んじようとする努力が良い音を実現することができる。一番を目指すことが大切です。

    今は持たざる者が努力して下流のグレードアップをしたらMFPCの粗が出たなんて、泣くに泣けないじゃないですか~

    ところで、SELECT DACって、あのDACのことですか?それがTさん宅にあるんですかーっ(ハアハア;過呼吸になりそ~

    byそねさん at2019-08-22 23:24

  11. ケンさん、こんばんは!

    ご無沙汰してます(笑)
    そうですね~~
    どこまでやるかは、バランスもありますからね!

    >Tさんの所も今度聞かせてもらってきます。
    ひとまずトリプルですがお聴きになって下さい(笑)

    byMF at2019-08-23 00:17

  12. Harubaruさん、こんばんは。

    今日は銀座までお疲れさまでした!
    ちょっと?でしたが、現実を受け止めます(笑)
    X1おやじさんの完成度は素晴らしかったですね!
    色々ご心配をお掛けしましたが、良い気分転換になりました。
    インパクトあり過ぎです(笑)
    Harubaruさん宅もお伺いさせて下さい!
    楽しみにしています(笑)

    byMF at2019-08-23 00:23

  13. のびーさん、こんばんは。

    今日はご馳走様でした!
    凄さが伝わって良かったです(笑)
    ほんとすごかったんですよ!
    のびーさんは同じ800D3をお使いですから、尚更聴かせて頂くべきです(笑)
    X1おやじさんにはお伝えしておきましたよ!

    >あまり音楽理論や文学的表現に長けているとは思いませんが(失礼)

    あはははは(笑)
    オーディオは感性ですよ(笑)

    byMF at2019-08-23 00:28

  14. X1おやじさん、こんばんは!

    この度は、大変貴重な体験をさせて頂きありがとうございました!
    ちょー楽しかったです(笑)

    >高域の再生に関しては 拘りが有り,リボンツィーターが 2段重ねになっています。

    あー!なるほど。
    歪みに聴こえたのはP1Xで合わせたツイーターもあるかも知れませんね!
    今まで低域過多になられた経験はありましたが、ここまでの高域の歪みはちょっと初めてでしたので正直焦りました(笑)

    誰が聴いてもP1XのCD再生を好まれると思います!
    素晴らしいバランスと完成度でした。

    めちゃ遠いですが、是非拙宅にもお越し下さい(笑)
    「良くできた盆栽」もそれはそれで良いもんですよ!
       ↑のびーさんに言われました(笑)

    byMF at2019-08-23 00:38

  15. K&Kさん、こんばんは!

    フォローありがとうございます(笑)
    いや~~、それにしてもX1おやじさんのセットアップは素晴らしかったと思います!

    >私にはそれほど大きな差とは感じられませんでした。
    私の駄耳のせいもあるでしょうが…

    いやいや(笑)
    バイオリンの色気は完全にP1Xでしたからね。
    MFPCに色気は無かったですね!
    少なくともX1おやじさんのシステムでは・・と負け惜しみを言ってみる(笑)

    お気遣いありがとうございます!
    歳を忘れて真っ只中なんでその点は大丈夫です(笑)
    オーディオがあるのでそっちが暴走しないで済んでますね汗

    byMF at2019-08-23 00:49

  16. いたちょうさん、こんばんは!

    大興奮でしたよ!

    次ですか(笑)
    Di〇〇〇〇aは面白そうですね・・・(ニヤニヤ

    >でも、あくまでもroon+HQpleyerの範囲でお願いしますね!

    それの伝道師みたいになるのはなぁ(笑)

    byMF at2019-08-23 00:54

  17. そねさん、こんばんは!

    ところでリッピングMFPCはどーですか?(笑)
    ご感想まってます(笑)

    >今は持たざる者が努力して下流のグレードアップをしたらMFPCの粗が出たなんて、泣くに泣けないじゃないですか~

    ちょっとオーバー過ぎですよ(笑)
    車で言う速度レンジが違い過ぎたってイメージですよ!
    筑波サーキットのセッティングで鈴鹿サーキットは無理があります(笑)

    >SELECT DACって、あのDACのことですか?それがTさん宅にあるんですかーっ(ハアハア;過呼吸になりそ~

    そねさん・・それちょっと危ない人にナッテマスヨ!
    それは無いですよ!
    紛らわしい書き方になって申し訳ないです(笑)

    byMF at2019-08-23 00:59

  18. MFさん

    ちょっと狭い路地に入ってしまうようですが、高域の歪みという点は気になるところです。

    今の瞬間はMFPCが不在なので直接の比較はできていませんが、高域に関しては拙宅でもCDPの方が綺麗で、MFPCはややうるさいというのか、きついというのか、混変調気味で耳に障るところがあるかもしれません。

    もちろんCD再生でも完全に調整するのは難しいのですが、もしかしたらMFPCの方が敏感で目立ちやすいところがあるかもしれません。

    その原因がノイズだけではなく、振動の要因もありそうだということで、アナログ部分でコチョコチョやっています。

    byベルウッド at2019-08-23 01:20

  19. MFさん  こんにちは。

    DACと子機ルータの間にHUBを噛ませて、MFPCとMSB rendererをroonのゾーン切替で比較を容易にできるようにして聴き比べていますが、アルバムによってはどうもあまり良い再生と思えずどうしたものかな~と。
    また、本日記に触発され、セッテrィングや下流環境の強化策に想いを馳せたり、思い切って手を出し失敗したりしてました。
    そんなこんあで、リッピングMFPCにはようやく昨夜触って構成などを確認したところです。超遅でスイマセン。もう少し預からせてください。

    byそねさん at2019-08-23 14:15

  20. ベルウッドさん、こんばんは。

    しばらくMFPCが無くて忘れちゃいましたか?(笑)
    人の意見にあまり左右されずに、ご自身の耳を信頼しましょう!

    byMF at2019-08-23 22:57

  21. そねさん、こんばんは。

    急ぎませんので、確実にフィードバックをお願い致します(笑)

    byMF at2019-08-23 22:58

  22. MFさん

    >しばらくMFPCが無くて忘れちゃいましたか?

    そうかもしれません(笑)。

    CDを聴いていると、「お?いい音じゃん。これで十分だよなぁ」と思えてしまいます。PCオーディオにある、ある種の焦燥感というのか、音の細部へのこだわりを感じることなく、音楽をありのままに楽しめるのです。

    この日記に触発されて、昨日、やってみた対策が思いがけないほどの効果で、ますますCDで十分という気分でいっぱいです。もっともハイレゾ音源が聴けないので無いと困りますけど(汗)。

    byベルウッド at2019-08-24 00:45

  23. MFさん、こんにちは。
    今のレスの流れからは外れますが。

    X1おやじさん宅のリスニングルーム訪問記は今までにも何人もの方が日記にされていますが、その完成度の高さは幾ら美辞麗句を並べてもなかなか伝えられないものです。
    ところがこれほど疑似体験出来るような感覚的表現だと、あたかもその場に居たかのように感じることができました。

    また、ひさびさに道場破り的な訪問記も面白かったです。
    ありがとうございました。

    by椀方 at2019-08-24 09:13

  24. 椀方さん、こんばんは。

    文才に乏しいのでこんな書き方しか出来ません(笑)
    楽しんで頂けて良かったです!

    道場破り的な悪意?は、全く無かったですけどね!
    時間に余裕があれば、もっと色々聴かせて頂きたかったです。

    大型システムの方は特に参考になるノウハウが満載かと思います!

    byMF at2019-08-25 03:06

  25. ベルウッドさん、こんばんは。

    本日はドタバタでしたが、じっくり聴き込みをお願い致します!

    byMF at2019-08-25 03:07

  26. MFさん

    昨日はお忙しいところをありがとうございました。

    ただいま、絶賛、「解析」中です(笑)。

    せいぜい700タイトル足らずのアルバム数ですが、すでに24時間程度経ってもまだ終わっていません。リセットするとこの「解析」が大変ですね(汗)。

    セット直後の出音は、さすがの安定性でしたね。特に定位の安定が素晴らしい。直接音の楽器の所在と反射音の解像が素晴らしい。響きが回って全体的に融和する様子がよく際限され、同時に楽器の位置そのものは微動だにしません。

    ただし、音色や音の手触りは気になられたと思います。あれは、そもそもバッテリーが充電ままで商用電源に繋がったままだったのをうっかりしていました。充電を切ると、びっくりするほど変わりました。

    それからセッティングをチェックしていくと、またまた、roonRadioがいたずらしていました。OSのプロセスカットのみならず、roonのデフォルト設定も細かくチェックしていくことも、初期の慣らし期間の大事な作業です。最新MFPCはこういうことにさらに敏感になりましたね。

    そういうチューニングが落ち着いたら、あらためて検品にお出でください。じっくり聴いていただきます。

    byベルウッド at2019-08-25 12:38

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする