t.ken 第二種電気工事士
t.ken 第二種電気工事士
t.ken【第二種電気工事士】 15歳からオーディオマニア。 16歳で雑誌執筆。 某医療系大学卒。基礎医学研究で修士号取得。教授に某有名国立大学医学部と某医大の医学博士過程進学を強く薦められ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

寺下真理子さんの「ROMANCE」 重要なチェックポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月13日

アップしたつもりでいたら、実は、「下書き」のままでした。(*´~`*)




さて、順番的に
株式会社CSR特別試聴会の「(Bryston)/PMC/SOUL NOTE」
KRYNA&YSTの「LS3/5a 10機種試聴会」
よりも、寺下真理子さん「ROMANCE」の試聴ポイントを先に書く方がイイわけだが・・・

まず、ポイント1
1)CDを洗う
オススメの洗剤は、普通の手洗い洗剤だ。(w
この会社(サラヤ)は、ハンドソープに添加する「ウイルスベクター」の特許を取っているので、
将来的にはウイルスベクターが添加されるかもしれない。
現時点では記載が無いので、たぶん大丈夫だろう。
ウイルスベクターとは、最近やウイルスに感染して不活化させるウイルスのことなんだが、
おいらが知ってる情報に基づけば、危険です。(爆


そして、試聴のポイントと言うべきか、
実は、この「ROMANCE」というCDは、
機器の電源のクオリティーを明確に「分類する」タイプの音源なんだよな。

これまで、敢えて、ピアノの須関裕子さんについて触れてこなかった理由は、今日書くことにする。

「機器の全体のクオリティーに難がある」と、寺下さんのヴァイオリンの音色がズレてくる。
音階とか余韻やタイミング、これら、つまり音色全体に問題が生じてくるわけだ。

「ん?あんた誰?」みたいな。w
「似てるけど、違うよ。」とか「贋作」とか、そんな感じ。w


そして、機器の電源のクオリティーに直接反映されるのが、「須関裕子さんのピアノ」だ。
もっとも酷い状態では、「ピアノの音色」と「ホールトーン」が部分的に干渉し、混ざり合う。
混濁する、一体化する、と表現しても間違いではない。

電源のクオリティーが上がるにつれて、ピアノの一音一音が存在感を持ち、独立してくる。
直接音と間接音が、明確に分離してくる。
どこかの段階で、「ピアノ:ヴァイオリン」の比率は、「1:1」になる。

まあ、高度な調和だな。
絶対的な音量では、ピアノのffにはかなわないからな。

ちなみに、ここで言う「電源のクオリティー」とは、
マイ電柱とか、ノイズカットトランスとか、そういう話じゃなくて、
「オーディオ機器の内部」の意味だ。
トランスの容量、平滑コンデンサーの容量/銘柄、ノイズ、抵抗のクオリティーなど、
総合的な「電源部分の出来」を指している。


そのように聴くと非常に分かりやすいんだが、
逆説的に考えると、「演奏者が深刻な聴覚異常だったらどうなるのだろう?」と疑問に思う。

4kHz難聴のヒョーロンカとかなら、
きっと、Audienceに魅力的な音を届けようと、
ある鍵盤を3dB増しのタッチで打鍵したりするのかな?と、色々妄想する。

と言うのも、とある「超高音質録音」には、
”そんな感じ”を匂わせるクセが収録されていて・・・
まあ、いっか、このネタはヤバすぎるから。www

というわけで、寺下さんのヴァイオリンの中高域が刺さったら、
ちょっとシステムの音がおかしいと思います。w
要修正必須です。

家電のコンセントにELECOMのKT-180を刺していき、
突き刺さりが減弱したら、電源ノイズが原因です。


高周波スイッチング機器、コンプレッサー(冷蔵庫、エアコン)、モーター(洗濯機)、
通信機器(電話、ルーター、ONU)などなど、KT-180を刺しておきましょう。
なんと、落雷サージからの家電保護効果も期待できます。w

オーディオの音を良くしたいから・・・と言うから問題なんであって、
「これから夏に向けて雷増えるよね。雷で家電が壊れないようにしよっか。」と言えば、聞こえも違う。w


元記事
http://audioweb2.blog.fc2.com/blog-entry-554.html

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません