t.ken 第二種電気工事士
t.ken 第二種電気工事士
t.ken【第二種電気工事士】 15歳からオーディオマニア。 16歳で雑誌執筆。 某医療系大学卒。基礎医学研究で修士号取得。教授に某有名国立大学医学部と某医大の医学博士過程進学を強く薦められ…

マイルーム

マイルームは公開されていません

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

お気に入り製品はありません

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

お気にいられユーザー

お気に入られユーザーはありません

日記

オーディオ業界が「オカルト詐欺」に傾いた「経緯と歴史」を知れ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年05月17日

オーディオ業界は、ここ15年以内に「物理的作用」でなく「オカルト詐欺効果」を重視するようになった。
おいら、最近片付けすることが多く、ちょっとそういうのにも疲れてきたんで、
エンジンオイルとフィルター交換に行ってきた。

しばらく前までは、純正のディーラーオイルが調子良かったんだが、
10万kmあたりから社外品の方が合うようになってきた。
最近は専ら、某カー用品店で売ってるBPのvervis blueです。
ちなみに、ディーラーの方が交換費用は安いです。(爆

上抜きすれば丁度4リットル抜ける車で、普段は自分で換えてるんだが、
フィルター交換時だけディーラーか、カー用品店に丸投げしてる。
で、STPオイルトリートメントを投入。
オイルレベル上限ギリギリになるが、走ってればちょっと減るから問題無い。w


実は、オイル添加剤なんて、本当は入れない方が良いです。
おいらのは使用が過酷すぎるんで、フィーリング面も考慮して入れてるんだが、
主流のモリブデン系も本当は研磨剤として作用するし、
カーボン系、銅系、ダイヤモンド系の微粒子配合添加剤や、硫黄系、塩素系など
基本的にエンジンを削るか or 溶かしてます。w
PTFE(フッ素)系添加剤は、そもそもオイルに溶けないらしい。つーか、金属面に定着しないから。w
STPのは、研磨剤系じゃない”っぽい”んで、愛用してるだけ。色がモリブデン系じゃないからね。

それにしても、最近はフィーリングの悪化が著しく、
おいらの車は7万kmくらいでピストンを換えてるんだが(不具合)、
9万kmくらいでもエンジンヘッドを交換してる(不具合)。

「点火時期ちょっと遅れてない?」という些細な相談から始まったんだが、
原因不明で確かに「遅角」してて、本部の研究所にエンジンヘッドを送ったら、
確かに遅れてるなぁ・・・ってことで、交換になった。(爆

その時にも、エンジンの中を見てたんだが、
5000kmでオイル交換してても、ピストンの周囲など、至る所にスラッジがこびりついてた。
しかし、これでも非常に綺麗な部類だと言う。


というわけで、「オイルシールに影響が無い」らしいので、
カストロールの「エンジンシャンプー」という製品を投入してみた。

オイル交換までの待ち時間が50分近くあったんで、ずっとアイドリング。
本来、安全マージンを取っての使用法が「10分間アイドリング」なんで、汚れも落ちやすかっただろう。
ちなみに、オイルの汚れ具合は不明。
10分毎にレベルゲージの汚れをチェックしたが、さほど変化はない。

肝心の効果なんだが、速度の乗りが早くなってるんで、フリクションは減っているようだ。
(いつものオイル交換後に比べて)
エンジンのザラザラ感も、ほとんど消えた。
新車時こんな音だったかな?
違う気がするんだが・・・高音系のエンジン音に移行したのは間違い無い。

この変化、頻繁に高速に乗るおいらにとっては有り難く、
6500回転まで常用する人間にとっては気持ちが良いと思う。

まあ、スラッジがこびりつくのは、カムシャフトの接触面では無いから、
ピストン周りの汚れが集中的に落ちたのかもしれない。
ピストンリング周りも、吹き抜けようとするブローバイガスで固着してたからな。
ちなみに、エンジンの腰下(クランク)は、自分の車両の内部を見たことがないので、何とも言えません。

-----------------------------------

と、こういう話で、本来、傷んだ部品は交換する/物理的に対処するのが当たり前なところ、
この15年弱で、オーディオ業界は「オカルト詐欺に依存する」方向に変わった。

出版社の人間が、最凶最悪なオカルト詐欺師の名前を知ってる時点で、
「業界おわったな」という話だが、
いつから、どのような経緯で、こんな流れになったのか?

全て説明できるように資料を揃えてきたんで、楽しみに待っていて下さい。(w

ちなみに、キッカケは、故・江川氏で、
江川氏のイベントレポーターだったM井君は、
ある時、読者投稿として紙面の「読者欄」に現れた。
次の号で、江川氏の記事中に、M井君が現れた。
その次の号では、オーディオ評論家 故 高島氏の追悼記事を長々と書き続けたM井君。

まさに「飛び級制度」みたいなもので、不自然さの塊です。w
この時、M井君は東京都の高校で国語教師をしていた。

ちなみに、詐欺師 萩原編集長と、高島氏も10年来の付き合いで
高島イメージが自分の中で崩壊した。
オーディオ業界って、こんな奴らばかりかよ。
潰れてしまえ。と、被害者の心に浮かんだ本音です。

そんな「出来すぎたタイミング」が連続で続き、
次第にM井君の息のかかった者どもが、紙面を占拠してきた。
これは、萩原の意向だろう。

M井君からの信頼が厚く、オーディオ業界に長くいた萩原がどんな人物かも、あとで確認音源として聞いてもらおう。

オーディオ広告媒体が公平公正だと思う大人は居ないだろうが、
実態はそれよりも酷い。
3人いたら3人の言ってることが全員違うので、「話にならない」というレベルです。
M井君は、反省したフリして逆ギレ反撃するし、萩原との話も矛盾まみれだ。
萩原の発言内容や言葉遣いも、おいらの感覚で言えば、マトモじゃない。チンピラだ。
初めから交通費すら踏み倒す計画も見え見えだし、未成年時代に、こんなヤクザまがいの相手ができるとも思えない(共犯のM井を含む)。

ええ、もちろん、被害者として調査研究をしている過程で得られた「個人的感想」ですが何か。

2000年以前からインターネットの世界に存在していた人は知っているだろうけど(俺もその1人)、
誰と誰が繋がってて、絶賛してる人間のどれがサクラ/友人/利益を共有する業界仲間か?
ブログやイベントにもそーいう繋がりが潜んでるから、煽られて買わないことだね。

評論家が絶賛してんのも、企業/事業者の「広告宣伝費」だろ?
公開されてるから確認すればいいよ、トップの見開き2ページで300万くらいだっけ?

そーやって、褒めようのない製品でも「外見を褒めるんです by M」というカラクリがあってだな、
消費者は、ただのカモです。


ps
現実に起こっている現象を否定し、
「上の言う答え」が現実だと主張するオカルト詐欺師と、その信者たちは
専門家に診てもらうべきだと思う。

心療内科?いや、精神科に行ってこい。
ちなみに、このオカルト詐欺師、音元の野間ちゃんが知ってるヤツで、
善人ぶってるが昔から素行の悪さが有名です。

このオカルト詐欺師は、M井君の親友であり、M井君が絶賛しなければ
オーディオマニアに「被害者」は、存在しなかった。
オカルト詐欺師は、「上からのアドヴァイス(当てすっぽw)」と、
「高次元のルール」とやらの押し付けで恐怖による精神支配を行い、
「円満な家庭をも次々と崩壊させる」と有名だ。
「自殺未遂や不慮の死」が多過ぎるという、本当の意味でのDeath(死)ノートです。
責任問題に関しては、「自分で選んだことやん、自己責任」と、一蹴する事も常識です。w

無責任な破壊王です。w
金だけもらうくせに。www

音元や音楽之友社は、これらの背景も調査した上で、製品PRした方がいいんじゃね?
やってることは「カルト宗教」そのものです。

「Webでは話せないこと」という常用句が、詐欺の常套句そのものです。


おいらは、見えない世界を全否定してるわけじゃない。
精神世界やスピリチュアル系も、99%の下流人類を支配するための「手段の一つ」だと分かっている。
つまり、本の寄せ集めの知識と、詐欺師教祖のご都合(利益)を吹聴してるだけ。

だから、オカルトオーディオという世界も、しょせん間違いです。
で、参考図書の一部なんだが、"Fundamental Immunology"じゃない方です。
内容の全てが事実じゃないから、60%の真実と40%の嘘が一冊の本に混在していると分かって読めばok

ある時期が来れば、陰の組織が表舞台に堂々と現れることになっていたが、
そのときはすでに、完全に家畜化されているんで気付きもしない。
というストーリーになっていた。w

時すでに「オープンな時期」だが、古い情報を有難がって聞いてるけど、うれしい???ww



読む順番としては、「シオンの議定書」が1番目だろうな。





え?
こっちじゃなかった?
じゃー、こっちだな。

船井総研と関わりがある 古村氏と、
古村よりも先駆者の 在藤泰秀氏、この2名の本が参考図書だ。
元大阪大学にいた佐々木氏の「佐々木フーチ」もあるけどな。




あ?違った?
じゃーこっちだな。
オーリングの大村博士、これの原本(ボカシ入ってないB4印刷物)は、
どーいう経緯か俺の手元にあるが。w



あれ???
知りたいことは違ったか、じゃー「良い道具」について知りたいわけか。

入手先はな、なかなか難しいルートだが
古村の方から「前モデル」を取り寄せるか、
九州の野■総合研究所に直々にオーダーするかだな。w

たぶん、門前払いされると思うけど。w
まあ、自己責任でどーぞ。
何が起こっても自己責任でな。ww

くれぐれも、その辺で売ってる石を買って振っちゃいけないぞ。
良い道具は大切だからな。w


え???これじゃないの?
あーなるほど、M井君が絶賛していたオカルトケーブルの製造レシピは、
野■総研の千年未来という水に浸しておく件の話が知りたいのかな。
オヤイデ電気で買った激安のライカル線という電線を、水に浸すだけ。w
M井君、消費者に向けてちゃんと正直に話さなきゃダメだぞ。www

宇宙エネルギーを2回照射した銀河水じゃダメで、
1回照射の千年未来を使わなきゃいけないそうだな。w

ちなみに、今は知らないが、巨人軍の選手が飲んでるのは、銀河水な。
一時期のテレビ番組で、カレーを作る時に銀河水のボトルから水を注いでる映像もあった。


あ、ちがったか、気功のことが知りたかったのか。
中国にいる李先生がいいぞ。
「いつでも来い」と、おいらに言ってくれてる人なんだがな。


まあ、色々知ってるけど、おいらはやらねえから。w
ところで、第3の道具「フーチン」というモノがあってだな、
男はそれでも振っとけ。www


元記事
http://audioweb2.blog.fc2.com/blog-entry-562.html

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

この記事はレスが許可されていません