X1おやじ
X1おやじ
オーディオ ホームシアター 大好き人間です。 部屋は 40畳 高さ 5.5M 音響を考えた つくりになっています。 システムは それなりですが いろいろ 工夫することが大好きなので 電源 …

マイルーム

自己紹介
自己紹介
持ち家(戸建) / 専用室 / オーディオ・シアター兼用ルーム / 16畳~ / 防音あり / スクリーン130型以上 / ~7.1ch
部屋は 木造 40畳 天井高さ 5.5m 下記のsystemで 音楽は クラシック ジャズをメインに 映画も楽しんでます。 映像系 BD プレーヤー   OPPO  BDP105 …
所有製品

レビュー/コメント

レビュー/コメントはありません

カレンダー

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

お気に入り製品

お気にいられユーザー

日記

素敵なアイディアの集合 ヒジヤン邸

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月04日

7月2日 曇り 。 写真では 何度も見ていましたが 経験しなければ,わからない,納得できない。驚きの空間が 存在していました。 
基本は 普通のカーペット敷きのデッドなお部屋。まずは 色々な工夫をする前に,参考にするために 数々のコンサートホールの音を 確認,研究するために

たくさんのコンサートに通う。国内だけで無く,海外までも あの ムジークフェラインザールまでも。ホールの響きを自室で再現すべく,数々の工夫。この行動力と アイディアの実行力には頭を下げざるを得ない。しかも 使用の機材はいたってシンプル。 DenonのSX1 cdプレーヤー。プリメイン。サンスイ。江川電源仕様。 このシンプルなシステムが 信じられない素敵な力強い,音楽を聞かせてくれるのです。軟な床を補強し, 響き,吸音,音を
コンサートホールのように廻す工夫。
半端ではない、8畳で少し大きめの音量で 鳴らすことは 難易度がかなり高いと思える。

そして 先日 ベルウッドさんの日記にあるように 802Dのツィーターるスコーカー,底面のアーシング。すばらしい効果でした。
音の質感だけでなく, バランス, ステージまでも コントロールされていました。
805ユーザーには ぜひ 試してみてしてほしい。

私の 800d3も かなりの成果を得ています。アイディアの宝庫。 セッティングの工夫で こんなにも素敵な音楽が聴けるんだぞ。

という,お手本にしたいと思います、とても 糧になる経験をさせていただきました。 

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. おかしいな 文字が 間違っています。

    勘弁 してください。

    byX1おやじ at2017-07-04 07:52

  2. こんにちは

    ログインしていれば、右上に "記事編集" って有ります。
    クリックしてちょちょいと手直し出来ますよ、お試しください。

    byFuji3 at2017-07-04 09:09

  3. ありがとうございます。学習します。

    byX1おやじ at2017-07-04 09:37

  4. X1おやじさん、遠方よりお越しいただきありがとうございました。

    「拙宅ではX1おやじ邸のようなスバ抜けたスケール感は出せませんが、数々の工夫をしておりますので、それをお楽しみいただければと思います。」と事前にメールをお送りした視点で楽しんでいただけようで、ほっと一安心しました。

    それにしても、コンサート通いの話は色々な方に話し、書き込みも多くしていますがまた書き込みしたくなりました。
    .......最初にオーケストラのDiscを鳴らしたときは、本当に酷い音で落ち込みました。それがK&Kさんが日記にされていたテミルカノフのマーラー交響曲第5番でした。ステレオサウンド誌で「かぎられた人の宝物」と称されたDiscに興味を持って、さっそく購入し鳴らしてみました。ですが出てきた音は酷い音だったのです。。。まあ初めて鳴らすオーケストラ曲がマラ5と言うのも、今となってみればアレですが。

    そこから生演奏通いが始まりました。最初はマーラーの5番の演奏会ばかりを探して、10回以上通いました。10年ほど前のことです。そして日夜、このDiscと戦っていたのですが、そうするうちにクラシックがオーケストラ曲が交響曲が好きになり、今に至ります。ウィーンの楽友協会大ホールで聴いたマーラーの5番は本当に感動しました。あの時のことは一生忘れられない想い出になっています。

    話し出すと長くなりますので止めますが、自分のオーディオにおけるサウンド調整の礎は間違えなく生演奏を聴いたときの感動体験です。素晴らしい演奏の音源は山ほどありますので、後は音さえ磨けば感動的な音楽を自宅でも再生出来るはずであると。ならば、活きた再生をするためのお手本は生演奏にあり!という発想で取り組んでいます。

    この日もオーディオ・オフ会の後に、ご一緒にミューザ川崎のコンサートに向いましたね。これで互いのサウンドも聴き合っていますし、同じ生演奏体験もして感想なども話し合いましたから、ネット上でも今まで以上に会話が成立すると思います。X1さんが書かれている通り、音は聴いてみなければわからないし、経験しなければ,わからない,納得できないことも多いと思います。でも、百聞は一聴にしかず!聴き合うことで、相手の言うことの意味や意図も理解できるものですね。

    今後ともよろしくお願いいたします。

    byヒジヤン at2017-07-04 22:20

  5. X1おやじさんこんばんは

    ヒジヤン邸訪問記有難うございます。

    ヒジヤンさんのオーディオシステム完成度はかなり高そうですね。でも現在は”見直し中”とのことですが。。。

    氏はムジークフェラインザールの音を再現したいと仰っていました。是非その願いを達成してほしいですね!!

    byどんぐり at2017-07-04 22:58

  6. X1おやじさん

    そういえばヒジヤンさんがコメントしているテルミカノフのマラ5はX1邸やヒジヤン邸では掛かったのでしょうか。

    K&Kさんが話題にされた時に、実はそのソフトはずいぶん前から持っているというような話しを聞きましたが、ヒジヤンさんのオーディオにとってそれほどの因縁があるとは初めて知りました。

    このソフトは、バズケロ邸など他の方のところでもお聴かせいただきました。特に、AKAZU邸で聴いた時はちょっと耳を疑うほどに違う音場空間や音像定位だったので驚きました。そのイメージはそこで同じソフトを聴いたK&Kさんのお話しとも大違いであったのです。それはシステムが変更されていたせいだったようですが。

    いずれにせよこのソフトはサラウンドで聴くのと2chとでは大違いだとか、いろいろ議論があります。

    その議論の中に絶対位相が逆だとの説もあるようです。先日、fukuさんのところをお訪ねした時、チェロのプリに絶対位相切り換えスイッチがあるのを見て、このソフトを聴いてみたい衝動が突き上げてきました。時間も押していたので、つい、そのことは言い出さずに終わりました。

    罪作りなソフトですが、オーディオ好きにはたまらない刺激ということでしょうか。

    byベルウッド at2017-07-05 13:15

  7. ヒジヤンさん こんにちは あの テミルカノフのマーラー交響曲第5番が 最初の曲 だったのですね。

    しかし その後の実行力が 凄いですね。 やはり クラシック音楽の生演奏が オーディオ再生の 礎になっていると 聞かせていただいて 安心できますね。  

    そして 相互交流することで 互いの スタンス 主張も 理解できますね。  

    コンサートの感動 の本の一部を 拙宅のシステムで 感じられたら いいなぁ!! と言う 思いで これからも 努力したいと思いますので  よろしくお願いします。

    byX1おやじ at2017-07-05 15:20

  8. どんぐりさん こんにちは

    ヒジヤンさんの システムは 見直し中なんですか??

    8畳の お部屋で オーケストラの 太鼓,ディンパーニーの ドスン,ダン!! コントラバスの低弦も みごとに 再生されているのですから, 凄腕ですよ。 ぜひ 聴かれてください。

    最近は ミューザ川崎 が 多いようですから とりあえず 目標は そこでしょうか??

    byX1おやじ at2017-07-05 15:26

  9. ベルウッドさん こんにちは コメントありがとうございます。

    残念ながら ヒジヤン邸では テルミカノフの マラ5は かかりませんでした。 私は 聴いたことがないので 聞かせてもらえば

    良かったなぁ!と 反省! 現在 入手不可なようなので 残念です。


    ぜひ 機会があれば 拙宅で 鳴らしてみたいです。 

    よろしくお願いします。

    クラシックのデスクは 知りませんが POPSなんかだと 奇数トラックと 偶数トラックでは 位相が 違うと 言われていた方も 居られました。  私は ほとんど 気にしていません。

    調整するときは 耳をダンボにして 聴きますが 楽しむときは 

    ずぼらに リラックスして 聴いています。

    byX1おやじ at2017-07-05 17:39

  10. すいません。言葉足らずの書き込みでしたので補足させて下さい。

    書き込んだことは全て事実ですし、今時点のオーディオでのサウンド作りの考え方とそれに至った経過です。ですが、Stereo Sound誌で紹介されていたマーラー交響曲第5番のテルミカーノフ盤についてはオチがあるのです。

    悩みながらこのDiscを再生していたのですが、NHKの音楽ディレクターがお越しになったときに聴いてもらったところ、「マイク間隔は広すぎるし、変な録音だ。このDiscをリファレンスにするのは止めた方がいい!」と言われました。その時以来、このDiscで調整するのは止めました。考えてみると、様々なショップや数々のお宅で聴かせてもらったのですが、「宝もの」と思えるような再生に出会ったことはなかったのです。雑誌の情報に踊らされていたということになりましょうか。穴があったら入りたい気分になりました。

    ただその記事を少しだけ弁明しておくと、マルチサラウンドで聴くサウンドはまともだと思います。雑誌で紹介されていたように、ノンリミッター・ノンイコライジングで録音レベルは極端に低くのだけれど、空間を広く捉えたスケールの大きなサウンドが入っていますね。

    そんな理由から、以前は自宅でのオフ会でよくかけていましたが、それ以降はほとんどかけたことはないです。同じマラ5なら、ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響盤が好みです。

    ⇒文字列が長すぎとの事ですので、次に続けます。

    byヒジヤン at2017-07-05 20:37

  11. ⇒続けます。

    >どんぐりさん
    「見直し中」とは、こちらのマイルームに記載していることですよね。これはマイルームでの記載のことでして、機器に殆ど興味がなくなった今は書き直すつもりもないのです。だから、永遠に見直し中となるかもです。わかりにくい記載で失礼いたしました。

    ですが、ムジークフェラインザールで聴くようなサウンドを再現したいと思っているのは、今も変わりません。


    >ベルウッドさん
    あのDiscには本当に振り回されました。でも、そのおかげでクラシック音楽が好きになれたのですから、ひょうたんからこまが出たとでも言えばよいでしょうか。

    自分から書き込んでおいてなんですが、この盤の話は話題にはしないで下さいね。ベルさんは話題の創出力があるので、また赤恥をかくことになってしまいそうです(笑)


    X1おやじさん
    と言うことで、この盤に興味を持たれるのは止めた方がよいかと思います。こんな特殊盤よりも、前述のティルソン・トーマス&サンフランシスコ響盤だったらX1おやじ邸でスケールの大きな素晴らしい再生が可能かと思います。

    ちなみに、ミューザ川崎は自分の好みからすると音が綺麗で実音と響きが分離するので気持ちいいとは思いますが、力感が足りないのです。だからステージの近くに座ってしまいます。

    その点、ムジークフェラインザールは力感がすごいです。小さめのホール容積で、音が鳴った瞬間に身体に響くようなサウンドだと感じています。実音と響きが分離するので気持ちいい点はミューザと同じですが、音の綺麗さはミューザの方が上かなとも感じています。

    このあたり、オーディオでのサウンドの好みと同じですよね。力感を求めるヒジヤンと、ステージ感を大事にするX1おやじさん。だから好みの音量が違う。そして、このステージ感を大事にする点はベルウッドさんも同じなんですよ。サウンドの好みは似ているのかも?なんて想像していました。

    byヒジヤン at2017-07-05 20:39

  12. ヒジヤンさん こんばんは  なるほど テミル.カノフのマラ5には 大分 振り回されたんですね。 ご苦労様でした。

    ティルソン・トーマス&サンフランシスコ響盤 了解です。 ステージ感を大切にして 出来るだけ 大きな音量で 聴いてみます。

    音も含め 聴き方が 違うというのは 何とも おもしろいですね。

    byX1おやじ at2017-07-06 19:05

  13. X1オヤジさん
    今晩は!

    やっとレスする時間がとれました〜(汗

    ヒジヤンさん邸は面白いでしょ!
    あの8畳間がホールになるのですから。
    バズケロもビックリして心底楽しかったです。

    クラシックの聴き方が少し分かって来ました。
    ホールトーンが様々あるなかで、演奏を聴き込んで行く。
    しかし、実体験無くしてその真偽は計り知れません。

    そんな音源が流れるときは、マイ・ホールの音として自分が楽しめることを大切にしています。

    B&Wのメカニカルアースはアイデアの結晶ですね。
    なんとなくですが、新潟のおじさまも何かやりそう(笑)

    こちらも明日から少しずつ、砂箱がバージョンアップしてゆきます。
    ホント、楽しいですね!

    では、では

    byバズケロ at2017-07-07 21:21

  14. クラシック音楽の聴き方は、色々、有りそうなので?音色。音質、バランス。が、大切かな⁉️
    今は、一つ目システムの砂箱を、バージョンアップする度にうそー‼️、まだ、こんな音楽の美味しさが有るんだ

    byX1おやじ at2017-07-09 21:08

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする