GEA01171
GEA01171
音楽を少しかじっていた関係で、音にはちょっとうるさいと自負しているものの、映像系はいつまで経っても初心者の域を出られず、色調整などもロクにせずに、ほとんど初期設定のまま。。。 そろそろレベルアップしな…

マイルーム

GEA01171の部屋
GEA01171の部屋
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオ・シアター兼用ルーム / ~10畳 / 防音なし / スクリーン~100型 / ~7.1ch
ホームシアターファイルvol.63の36〜37ページで現在の、またvol.26の54〜55ページで旧宅のホームシアターの写真が見られます(7年経過する間のカミさんの劣化ぶりも写真でご確認いただけます^…
所有製品

レビュー/コメント

カレンダー

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新のレス

日記
製品レビュー/コメント

製品レビュー/コメントへのレスはありません

お気に入り製品

日記

アトモス始めました、の巻

このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年10月25日

つい出来心でDolby Atmosなるものを導入してしまいました(^^ゞ。

AVプリアンプとしてマランツのAV8003を何年か使っていたのですが、段々と物欲の虫が湧いてきて、去年の末ぐらいにAV8801に入替をしたのです。型落ちになったこともあってお値打ち感も有ったからなんですが、自分でも何だかよく分からない謎の経緯のうちに、それがAV8802Aに化けてしまったという(・・;)。

それはともかく、AV8003と比べるとAV8801は遙かに優れているというか、マランツ伝統の美音を維持したまま、音の充実感が相当に増したという印象だったのですが、AV8802Aはその方向で純度が高くなった感じでしょうかね。一言で言うと、それだけでだいぶ幸せになりました^^;。

しかし人間の欲望というのは止まらないもので、音質そのものの向上に慣れてくると最新のAVアンプが備えている新機能の方が気になって仕方が無い。どうも、これはDolby Atmosというのに対応しているらしいと。

ちなみに、これまでの拙宅の構成は7.0chというものでした。前世紀の終わりぐらいに購入した、かつてメインのスピーカーとしてB&WのCDM7SEがサラウンドバックに、確か2003年にCDM7SEの替わりにフロント用に購入した703がサラウンドに、そして今の家に引っ越した時に中古で手に入れたMatrix 802 s3をフロントに据えて、センターにHTM2という布陣で、基本的にはメインで使っていたスピーカーには、余生を後ろの方でのんびりと過ごしてもらうというコンセプトでした。という訳なので、7.0chから更に拡張しようとはあまり思っていませんでした。Matrix 802がフロントハイトスピーカーとして浮かんでたら、おっかないですしね(苦笑)。

でもまあ、Atmosというのは天井に配置するんだから、これはもうそれ用のスピーカーを新規導入しても罰は当たらないんじゃないかと考えた訳です(←意味不明の言い訳^^;)。

オーディオ機器が並んでいる一角の背後は半分が床から立ち上がっている窓だし、その部分も含めてまるまるカーテンレールが走っていることも有って、最初は突っ張りポールとかを使って、ポール伝いにケーブルを天井まで上げて、それに上手いことスピーカーを付けたり出来ないかとか、いろいろ考えていたんです。でも、知り合いの職人さんに見てもらったところ、何とか壁を使って行けるでしょうということで、そういう話になったので、後には退けなくなったような感じでw

それで慌てて注文したのがECLIPSEのTD307MK2A(白)です。これは単純にデザインがいい感じだったからというだけですかね(^^ゞ。

ということでやってきた工事日。こちらの日記を見ていると自分で天井にスピーカーを付けた方が何人もいらっしゃいましたが、ワタシの場合はとても自分では出来ないので、職人さんにお願いしたのですが、まずはこのマンションの内装をしたときの写真を見てもらって、壁や天井の中のどの辺にどういう線が通っているのか、見当を付けてもらいます^^;。



知らなかったのですが、天井にダウンライトを付けておくと、後から追加で何かをするのに、ちょっと外したり出来て非常に便利なんだそうですね。ということで、壁にいちばん近いところを外して、そこからスピーカーケーブルを入れるところから。



こうなると、あれやこれやして天井の中にケーブルを通していきます。それにもまたダウンライトの孔が大活躍であります(´∀`)。



で、オーディオ機器の裏側の壁に孔を一つ追加で開けて、そこからケーブルを引っ張り出すという手順なんですね。確かに下から上に上げるより、逆の方が簡単だわ(^^ゞ。ちなみに真ん中の孔はノイズがうるさいので玄関に置いてあるステップダウントランスからの電力供給のための配線用で、右側の孔は天吊りしたプロジェクターと接続するためのHDMIケーブルを通すためのものです。ここから出したスピーカーケーブルはパワーアンプに接続する訳ですが、今までLinnのMajik 2100D + Majik 2100 + C5100の合計9chのうち2ch分が空いていたので、そこに接続することになります。もしも空きが4ch分有ったのなら、7.0.2chじゃなくて7.0.4chにしたんですけど^^;。



さて、天井に丸い孔が開きました。どうするのかと思ったら、ここに木片のようなものを置いて、それをスピーカーをビス留めするための土台にするのでした。へー。この写真はまだ木片挿入前ですけど、こんなに沢山吸音材が詰まっているのに、よくスピーカーケーブルを後から通したり出来るものだと、感心してしまいますな。



スピーカーが設置された状態は、下の写真のようになりました(^^)。当初考えていたものからすると、遙かにキレイな仕上がりで\(^感動^)/



Dolby Atmos音声が収録されている今のところ数少ないブルレイソフトの一つ、「ゼロ・グラビティ」を予め購入してあったので、早速かけてみたところ...



燦然と輝くDolby Atmosの文字。有り難や有り難や(´∀`)。これからAtmos生活を満喫したいところですが、何しろ対応ブルーレイが幾らも出ていない状況なので、取り敢えず日本シリーズをDolby Surroundで楽しんでおります(^。^)

次回の日記→

←前回の日記

レス一覧

  1. こんにちヮ!  アコスです !(^^)!

     ご無沙汰ですね・・・ 2013年末の珍事はその後・・・気にしていながらFOしましたね。  そして、ご自身でも分からない(笑)AV8802Aへと化けた経緯がトテモ気に成ります。

     しかしプロの仕事は見事ですね (^^)/  コレを見せられると素人丸出しの私の工事は恥ずかしい限りです(笑) 

     トップスピーカーの設置は難易度が高いですが、今までの【擬似】とは何かが違うと思います。 (擬似とはドルビーで言うトコロのプロロジックⅡ系や、dtsで言うneoなんとかかんとか)  Blu-rayのAtmosソフトは既に尻すぼみの傾向にありますが(爆) 今回のDolbyAtmosに必須としてる「ドルビーサラウンド」(この呼称はイマイチだが(笑))は従来の技術を全て踏襲してるとの事で、トップスピーカーの存在と相まって最高の出来ですね。  ソフトのサラウンドフォーマット+ドルビーサラウンドでの再生が私には必須となっています。 

    また、未だベールに包まれてるDTS:X。 曖昧な部分が多く、ソフト情報も皆無に等しい (*_*; そろそろダウンロードされる筈だが、一体どうなののやら? (笑)


     ECLIPSEのTDシリーズが「真下向け設置」が可能な事が俄(にわ)かに知れ渡って来ていますネ。 今後は人気が出そうですよね。  まぁ- GEA01171さん邸の様にキレイに処理するのはハードルが高そうですがね (◎_◎;) 

     楽しんで行きましょう  \(^o^)/

    アコス・・・。

    byアコスの住人 at2015-10-25 21:57

  2. GEA01171さん、こんばんわ。
    アトモス化、おめでとうございます。

    AVアンプこそ違いますが、ECLIPSEのTD307の取り付けや、
    LINNのパワーを使ってるところなんかも全く一緒です。
    僕の場合、まだAVアンプはパイオニアのLX85のままでアトモス未対応。せっかくの多チャンネルアンプなのであいてるところは使おう、っていうのが天井スピーカー設置のそもそもの動機でした。
    ソフトが増えてきたら、AVアンプも換えようかなって感じではいますが、
    いまんとこは映画よりSACDマルチなんかを聴くことの方が圧倒的に多いです。

    majik5100を入れてだいぶ変わった感じがします。音場補正も、いままで、front alignは音がすかすかって感じでしたが、all ch adjとそんなに変わらなくなりました。それだけmajikのおかげでフロントスピーカーの音がよくでてる、ってことなのかな、と・・。

    bytakapon at2015-10-25 23:27

  3. takhag と申します。
    アトモスの誘惑に負けた一人です。(笑)
    トップスピーカーも同じ TD307MK2A ですね。
    私は、リンク先のごとく、真下を向けています。
    http://takhag.blog.fc2.com/blog-entry-228.html

    Atmos ソフトは、徐々に増えてきていて、レンタルBDでも出てきていますよ。

    最近ツタヤで借りた作品では、以下のレンタル版が Dolby Atmos 収録でした。
    ・アメリカン・スナイパー
    ・ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス
    ・ジュピター
    ・トランスフォーマー/ロストエイジ
    ディスク本体には表記はありませんが、ジャケットの「音声仕様」のところに「Dolby Atmos」と書いてあることが多いです。

    私も Atmos 導入したばかりですので、トップスピーカーからどんな音が出るのか興味津々。
    色々試すには、レンタルもおすすめです。

    bytakhag at2015-10-26 21:59

  4. アコスの住人さん、お久しぶりです(^^)。2013年末の話って、
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/447/20131231/40700/
    http://community.phileweb.com/mypage/entry/447/20131231/40702/
    のことですね。よく覚えてらっしゃる(@_@)。その節は有り難うございました。音声・映像の分離は、未だ実現できていません。すいません(^^ゞ。

    仰るとおり、「ドルビーサラウンド」の出来の良さには少し驚いています。今までSACDの5.0chマルチを7.0chに拡張して聴いたりすることは無かったのですが、試しにバッハコレギウムジャパンの教会カンタータを天井スピーカー付きで聴いてみたら、これがなかなか極楽で(゚д゚)ウマーでした。

    ところで、DTS:Xの試聴に日曜日に行ってきたのですが、これも良かったですよ(^^)。同じソフト(スカイクロラ)をアップミックスして比較してみたのですが、包囲感はドルビーサラウンド、鮮烈さはDTS:neural Xという感想を持ちました。何やらファームウェアがリリースされるのは、年内は無理で年明けになるようでしたが(・・;)。

    byGEA01171 at2015-10-27 07:47

  5. takaponさん、はじめまして。ウチでは2chの方のプリアンプにもKolektorとか使ってますが、Akurate DSも有ったりして、結構Linn好きな方かも知れません(^^ゞ。以前はAVアンプにパイオニアのAX10とか使っていた時期もあるのですが、リプレースする度にパワーアンプが無駄になるような気がして、AVアンプの方もプリ部のみにしたのです。
    今回、パワーアンプとしてAkurate 2200辺りを買い増ししてフロントスピーカー用をそっちにして、それで天井スピーカーを4つにすることも考えたのですが、さすがに自粛しました(苦笑)。
    ワタシも普段クラシック音楽を聴いていることが多いので、SACDマルチをせっせと買い集めてますよ^^;。今後ともよろしくお願いするです(^^)。

    byGEA01171 at2015-10-27 08:22

  6. takhagさん、はじめまして(^^)。そうですね、手っ取り早くツタヤとかで借りてきていろいろ鑑賞するのは有りですよね。
    http://www.amazon.co.jp/s/ref=s9_acsd_hps_bw_rw_atmosran_p0_h?__mk_ja_JP=%83%4A%83%5E%83%4A%83%69&node=3538572051&search-alias=dvd&pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=merchandised-search-5&pf_rd_r=070G91ATP74WTJSDEA70&pf_rd_t=101&pf_rd_p=212930389&pf_rd_i=3333044051
    なんてところを眺めて、アトモス対応のブルレイに当たりを付けて、お店でチェックしてみたいと思います(^^)。
    ところで、 TD307MK2Aの向きですが、真下ではありませんが、最初に載せた写真とはだいぶ角度を変えて、下向きに変更してみました。このスピーカー、自由度が高くてなかなか良いですね。

    byGEA01171 at2015-10-29 05:01

  7. GEA01171さんへ

     dtsは気には成らないとは言えませんね(笑)

    古くはLDにdtsは採用された時から dolbyに比べて優れている印象です。  昨日見た「007」のDVDも、dolby-ESと、dts-EXが収録されていて、切り替えちゃうとdolbyには戻れませんでした(笑)

    dolbyはatmosで起死回生を狙ったのでしょうが、dtsは大人しくはしていませんでしたね(笑) DTS:Xが一体どんなモノか? まだまだ分かりませんが・・ 期待はしちゃいます。


     それに、先日は不意に掛けたSACDがマルチで、ごく自然に聴こえたのには感心しました(笑)  スピーカーの配置も見直したので、その辺りの影響も大きいと思うけど !(^^)!

    アコス・・・

    byアコスの住人 at2015-10-29 21:38

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする