StereoHall
StereoHall
生演奏感触への挑戦者  クラシック音楽を愛好する後期高齢者です。オーディオ業界とは関係のないアマチュアの技術者です。ここ四半世紀はオーケストラの生演奏感触をマイルームで得ようと独自の研究を重ね、…

マイルーム

HSSシステム
HSSシステム
持ち家(マンション) / リビング兼用 / オーディオルーム / ~10畳 / 防音あり / スクリーンなし / 8ch以上
 StereoHallはHSSにより3D音場を再生するシステムです。音源は2ch音源であれば何でも構いません。キーデバイスとなるのはサブスピーカー用の効果音作成装置です。これには穴澤健明氏が開発した残…
所有製品
所有製品は登録されていません

レビュー/コメント

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

お気に入り製品

お気に入りユーザー

お気に入りユーザーはありません

日記

日経電子版が紹介する伝説のピアニスト ルース・スレンチェンスカ演奏会

このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月15日

先月27日に紹介した伝説のピアニスト ルース・スレンチェンスカのサントリーホール演奏会(4月21日)のことが、日経電子版「NIKKEI STYLE」で紹介されています。東京では無名と言っていい存在ですが、希有な人生をたどった名ピアニストの演奏を聴くまたとない機会です。ピアノ音楽に関心がある方は、是非足を運ばれることをお勧めします。

日経電子版では、彼女の経歴と現在の様子、演奏会に対する姿勢が詳しく紹介されていますので、ご一読ください。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO28994740U8A400C1000000?channel=DF130120166018

なお、ルース女史はこの演奏会の翌々日から岩手、仙台、福島を訪れ、チャリティコンサートを開くという元氣の良さです。93歳とは思えない体力の持ち主です。近県の方々には女史の演奏を耳にすることが出来る絶好のチャンスです。

女史のこれまでの岡山での活動の様子は、テレビ放送で伝えられました。その映像をご覧になりたい方は、私のホームページからのリンクで、見ることができるようになっていますのでご紹介します。
http://stereohall.music.coocan.jp/Ruth.htm

次回の日記→

←前回の日記

レスを書く

レスを書くにはログインする必要があります
ログインする